数藤鉄臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

数藤 鉄臣(すどう かねおみ、1896年明治29年)9月8日 - 1994年平成6年)3月26日[1])は、日本の内務警察官僚。官選県知事海軍司政長官。旧姓・村上。

経歴[編集]

本籍島根県。旧松江藩士・地方行政官、村上寿夫の二男として岡山県に生まれる[2]。松江市北堀尋常小学校、松江中学校を卒業。海軍兵学校を志願したが、試験前の水泳で外耳炎となり身体検査で不合格となる[2]1915年2月、第一高等学校数学教授・数藤斧三郎の養子となる[2]。第一高等学校第一部甲類を卒業。1920年10月、高等試験行政科試験に合格。1921年4月、東京帝国大学法学部法律学科(英法)を卒業。同年7月、内務省に入省し内務属となり警保局図書課に配属された[1][3]

以後、和歌山県理事官・内務部社会課長兼商工課長、福岡県警視警察部特別高等警察課長、警視庁警視・総監官房特別高等警察課長、同兼外事課長などを歴任[1]

1926年11月、欧米各国に出張を命ぜられ、1927年3月に離日し1928年3月に帰国。さらに、同年9月にロンドン駐在を命ぜられ、駐在制度が廃止となり1930年3月に帰国した。この間、思想問題担当準備のため、第三インターナショナル、イギリス議会制度の研究を行った[4]

1931年12月、徳島県書記官・警察部長に就任。1932年6月、福岡県書記官・警察部長へ転任[1]二日市町(現筑紫野市)の正行寺(真宗大谷派)竹原嶺音住職の法話を聞き入信した[5]

1936年4月、山梨県書記官・総務部長へ転任。以後、内務書記官・地方局監査課長、警保局警務課長、兼警察講習所教授、内務事務官兼内務書記官・大臣官房文書課長、企画院事務官・内閣情報部情報官、内務書記官兼内務大臣秘書官・大臣官房人事課長、傷兵保護院計画局長、軍事保護院援護局長などを歴任[1]

1941年1月7日、岐阜県知事に就任。戦時体制の整備に尽力[6]。郷里の先輩である海軍民政部総監・岡田文秀の要請を受け、1942年5月23日、海軍司政長官に任じられセレベス民政部長官に就任した[7]1943年7月1日、埼玉県知事に転任。戦時体制の強化に尽力[8]1944年8月1日、軍事保護院副総裁に転じ終戦を迎えた。1946年1月25日、依願免本官となり退官した。同年8月、公職追放となり、1951年8月、追放解除となる[1]

1951年9月、危篤の竹原嶺音を見舞った際に、竹原から「戦争を敗北に導いた責任者の一員として懺悔し、国家を精神的に救うために仏門に入り、一生を捧げよ」との命に直ちに従い、正行寺責任役員として生涯を終えた[9]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 小山「第三十七代知事 數藤鐵臣」407-409頁。
  2. ^ a b c d 小山「第三十七代知事 數藤鐵臣」378頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』227頁。
  4. ^ 小山「第三十七代知事 數藤鐵臣」379頁。
  5. ^ 小山「第三十七代知事 數藤鐵臣」380頁。
  6. ^ 『新編日本の歴代知事』549頁。
  7. ^ 小山「第三十七代知事 數藤鐵臣」380-381頁。
  8. ^ 『新編日本の歴代知事』323頁。
  9. ^ 小山「第三十七代知事 數藤鐵臣」403-404頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 小山博也「第三十七代知事 數藤鐵臣―戦時政策の慎重な運営」『埼玉県政と知事の歴史的研究』新興出版社、1996年。