山川二葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山川 二葉
Yamakawa Futaba.jpg
生誕 1844年9月30日
死没 (1909-11-14) 1909年11月14日(65歳没)
職業 女子教育者
配偶者 梶原平馬
子供 梶原景清

山川 二葉(やまかわ ふたば、弘化元年8月19日1844年9月30日) - 明治42年(1909年11月14日)は、日本教育者

人物[編集]

会津藩国家老・山川重固と会津藩士・西郷近登之の娘・えんの間に7人兄弟の長女として出生。、三輪、健次郎、常磐、咲子の弟妹がいる[1][* 1]

明治元年(1868年)から同2年(1869年)に行われた戊辰戦争において会津若松城の防衛戦に参加した。会津藩家老梶原平馬と結婚したが、短期間で別れ、一子・景清は二葉が養育した。景清は海軍軍医として、呉海軍工廠軍医長などを務めて軍医大佐となり、また創設以来の稚松会会員である[2]

明治10年(1877年)よりお茶の水女子大学の前身である女子高等師範学校に寄宿舎長として勤務した。同郷の校長・高嶺秀夫の紹介であり、勤続28年であった。教育に果たした功績から高等官となり、従五位に叙せられた[3]

明治42年(1909年)11月14日、喘息気管支カタルを併発し、東京市赤坂区檜町の自宅で死去[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ ほかに夭折した兄弟が5人。次女三輪は会津藩士桜井政衛の妻。三女操子は会津藩士小出光照に嫁ぎ、夫を佐賀の乱で亡くした後宮内庁に入り御用掛兼昭憲皇太后附女官、フランス語通訳として仕えた。
出典
  1. ^ 遠藤2008、27頁脚注。
  2. ^ 『稚松会会員名簿』(明治45年3月調)、『財団法人 稚松会名簿』(昭和12年12月)
  3. ^ 女子高等師範学校生徒監山川二葉特旨叙位ノ件
  4. ^ 新聞集成明治編年史. 第十四卷』p.170

関連作品[編集]

参考文献[編集]

  • 阿井景子 『明治を彩った妻たち』 新人物往来社、1990年ISBN 4-404-01742-1
  • 遠藤由紀子「会津藩家老梶原平馬をめぐる女性 -山川二葉と水野貞-」、『昭和女子大学女性文化研究所紀要』第35号、昭和女子大学、2008年3月、 pp.25-41。
  • 小島一男『会津人物事典 (武人編)』歴史春秋社、1995年。
  • 山川健次郎『会津戊辰戦史』
  • アジア歴史資料センター『観桜会 (2)』レファレンスコード C08051343300

外部リンク[編集]