渡辺広 (内務官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 広(わたなべ ひろし、1896年 - 1967年)は、日本の内務官僚。最後の官選神奈川県知事

経歴[編集]

熊本県出身。第五高等学校を経て、1921年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。同年11月、高等試験行政科試験に合格。台湾総督府に入り総督官房参事官室属となる。1932年拓務省事務官に転じ、以後、奈良県高知県埼玉県の地方官を歴任。

1939年4月、神奈川県経済部長に就任。太平洋戦争を迎え、1942年7月、ジャワ方面陸軍司政官として赴任。バンテン州長官、スラカルタ侯地事務局長官を歴任し、終戦を迎えた。

1946年に帰国し、内務省に復帰。1947年3月、前神奈川県知事・内山岩太郎が公選知事選に出馬のため辞任したのを受け、最後の官選知事に就任。同年4月12日に辞任し退官した。その後、地方行政調査委員会専門委員、会社役員などを務めた。

参考文献[編集]

  • 『日本の歴代知事 第1巻』歴代知事編纂会、1980年。
  • 神奈川県県民部県史編集室編『神奈川県史 別編1』人物 : 神奈川県歴史人名事典、神奈川県、1983年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。