有吉忠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
有吉 忠一
ありよし ちゅういち
Ariyoshi Chuichi.jpg
有吉忠一
生年月日 1873年6月2日
出生地 日本の旗 日本 京都府宮津市
没年月日 1947年2月10日(満73歳没)
出身校 帝国大学
親族 山崎巖(娘婿)
テンプレートを表示

有吉 忠一(ありよし ちゅういち、1873年6月2日 - 1947年2月10日)は、日本内務官僚。元千葉県知事宮崎県知事神奈川県知事兵庫県知事京都府宮津市出身。クリスチャン

略歴[編集]

帝国大学卒業。内務省に入省。1902年内務省警保局書記官、参事官。

有吉が1921年に制定した兵庫県章

人物[編集]

日本基督教団神戸教会の教会員であり、神奈川県知事時代には関東学院の開設に助力する。

有吉が朝鮮総督府、政務総監だった頃にイギリス人の植民地研究の権威だったアレン・アイルランドが朝鮮を訪れている。「有吉氏は日本で最も専門的知識があり評判の高い文官の一人で、私個人の見解では、仕事熱心で朝鮮の人々に対して思いやりのある人物である」[1]

親族[編集]

初代中国大使の有吉明尼崎市市長有吉實は弟、長男は日本郵船社長の有吉義弥[2]。孫(義弥の次男)に三菱重工横浜造船所所長、同社常務の有吉煕がいる[3]。長女は政治家山崎巌[3]、三女は元建設事務次官の柴田達夫に[2]、四女は元日本電信電話公社総裁の米澤滋に[2]、五女は川上嘉市の次男で東宝アドセンター社長を務めた川上流二にそれぞれ嫁いでいる[4]。川上嘉市の妻すなわち川上流二の母は天文学者寺尾寿の後妻の姪[5]

参考文献[編集]

  • 佐藤朝泰 著 『閨閥 日本のニュー・エスタブリッシュメント立風書房、1981年10月30第1刷発行

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アレン・アイルランド『THE NEW KOREA』(1926) 日英対訳 桜の花出版
  2. ^ a b c 『閨閥』、341-344頁。
  3. ^ a b 『閨閥』、342-343頁。
  4. ^ 『閨閥』、342-344頁。
  5. ^ 東京天文台初代台長寺尾寿の家系図を入手 - 国立天文台・天文情報センター・アーカイブ室新聞 第65号(PDFファイル

関連項目[編集]


公職
先代:
水野錬太郎
日本の旗 朝鮮総督府政務総監
第3代:1922 - 1924
次代:
下岡忠治