神田孝平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神田 孝平
人物情報
別名 淡崖()、孟恪
生誕 (1830-10-31) 1830年10月31日天保元年9月15日
美濃国不破郡岩手村(現・岐阜県不破郡垂井町岩手)
死没 (1898-07-05) 1898年7月5日(67歳没)
東京府神田区淡路町(現・東京都千代田区神田淡路町
国籍 日本の旗 日本
子供 乃武(養子)
学問
研究分野 洋学蘭学)、数学経済学
研究機関 蕃書調所→洋書調所→開成所
主要な作品 『経済小学』(1867年)
『評点 経世余論』(1879年)
学会 東京学士会院
東京人類学会
東京数学会社
明六社
テンプレートを表示
神田 孝平

選挙区 勅選議員
在任期間 1890年9月29日 - 1891年2月10日[1]

在任期間 1876年9月3日 - 1877年2月6日
1880年2月28日 - 1890年10月20日

兵庫県の旗 初代 兵庫県令
在任期間 1871年12月31日(明治4年11月20日) - 1876年9月3日
テンプレートを表示

神田 孝平(かんだ たかひら、1830年10月31日文政13年9月15日) - 1898年明治31年)7月5日)は江戸時代末期から明治時代にかけての日本洋学者政治家男爵。旧名・孟恪、淡崖

兵庫県令文部少輔、元老院議官貴族院議員を歴任した。

経歴[編集]

岩手旗本竹中家家臣神田孟明の側室の子として、美濃国不破郡岩手村(現・岐阜県不破郡垂井町岩手)に生まれた。牧善輔松崎慊堂らに漢学を、杉田成卿伊東玄朴蘭学を学ぶ。文久2年(1862年)、幕府蕃書調所教授となり慶応4年(1868年)3月4日には同頭取に昇進[2]

江戸開城後の明治元年(1868年)に明治政府に1等訳官として招聘される。明治4年(1871年11月20日に兵庫県令(現在の兵庫県知事)に就任し、明治9年(1876年9月3日まで務める。その間、明治3年(1870年)頃より地租改正を建議するとともに農民の土地売買の自由を唱えるなど当時としては画期的な提案を行い、同8年(1875年)の地方官会議では幹事役を務めて、後の公選民会の実現に貢献する。明治7年(1876年)に元老院議官、明治23年(1890年)に貴族院議員に選出。同年10月20日、錦鶏間祗候となる[3]。明治31年(1898年)、死に際して男爵に叙任される。脊髄病のため死去[4]

人物[編集]

栄典[編集]

著作[編集]

著書・編書
訳書
  • 経済小学』 神田孝平、1867年(上下2冊)
    • 前掲 『明治文化全集 第九巻 経済篇』 ほか
    • 前掲 『先学遺文』
    • 井上琢智編集・解説 『幕末・明治初期邦訳経済学書 1』 ユーリカ・プレス、2006年
  • 和蘭政典 千八百四十八年校定』 1869年(上下2冊)
  • 泰西 商会法則』 1869年
    • 前掲 『明治文化全集 第九巻 経済篇』 ほか
  • 性法略』 求故堂、1871年
    • 吉野作造編輯代表 『明治文化全集 第八巻 法律篇』 日本評論社、1929年5月 / 明治文化研究会編 『明治文化全集 第十三巻 法律篇』 日本評論新社、1957年3月 / 明治文化研究会編 『明治文化全集 第九巻 法律篇』 日本評論社、1992年7月、ISBN 4535042497
  • 『星学図説』 中外堂、1871年(上下2冊)
  • 和蘭 邑法』 文部省、明治5年(上下2冊)
  • 和蘭 司法職制法』 文部省、1872年
  • 和蘭 州法』 文部省、1872年
  • 楊牙児奇談成島柳北共編、広文堂、1886年12月
    • 『和蘭美政録 楊牙児奇談』 成島柳北共編、薫志堂、1887年10月
    • 吉野作造編輯代表 『明治文化全集 第十四巻 翻訳文芸篇』 日本評論社、1927年10月 / 明治文化研究会編 『明治文化全集 第二十二巻 翻訳文芸篇』 日本評論社、1967年11月 / 明治文化研究会編 『明治文化全集 第十五巻 翻訳文芸篇』 日本評論社、1992年10月、ISBN 4535042551
    • 西田耕三編 『日本最初の翻訳ミステリー小説 : 吉野作造と神田孝平』 耕風社〈みやぎ文学館ライブラリー〉、1997年10月
    • 川戸道昭榊原貴教編 『復刻版 明治の翻訳ミステリー 翻訳編第一巻 ミステリー小説の曙』 五月書房〈明治文学復刻叢書〉、2001年5月、ISBN 4772703519
    • 岡照雄ほか校注 『新日本古典文学大系 明治編15 翻訳小説集2』 岩波書店、2002年1月、ISBN 4002402150

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2283号、1891年2月12日、99頁
  2. ^ 『増補 幕末明治 重職補任』 日本史籍協会編、マツノ書店、2014年1月、79頁。
  3. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  4. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)9頁
  5. ^ 履入第140式部寮より神田孝平叙位宣下云々通知』 アジア歴史資料センター Ref.C09090862400 
  6. ^ 『官報』第678号「賞勲叙任」1885年10月2日。
  7. ^ 『官報』第3266号、1894年5月22日、277頁
  8. ^ 『官報』第4504号、1898年7月6日、65頁

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 神田乃武編輯 『神田孝平略伝』 神田乃武、1910年7月
  • 前掲 『神田孝平 : 研究と史料』
  • 角田芳昭 「明治文化の貢献者神田孝平翁」(関西大学博物館学課程編著 『阡陵 関西大学博物館学課程創設二十周年記念特集』 関西大学考古学等資料室、1982年5月)
    • 「神田孝平書簡について」(『関西大学考古学等資料室紀要』第2号、1985年3月)
    • 「東京学士会院会員神田孝平」(『関西大学考古学等資料室紀要』第3号、1986年3月)
    • 「神田孝平の翻訳文献について」(『関西大学考古学等資料室紀要』第4号、1987年3月)
    • 「兵庫県令神田孝平」(横田健一先生古稀記念会編 『横田健一先生古稀記念 文化史論叢』 創元社、1987年3月)
    • 「学史上に見る神田孝平蒐集考古学資料論考」(網干善教先生華甲記念会編 『網干善教先生華甲記念考古学論集』 網干善教先生華甲記念会、1988年9月)
    • 「『日本大古石器考』資料論考」(斎藤忠先生頌寿記念論文集刊行会編 『考古学叢考 上巻』 吉川弘文館、1988年10月、ISBN 4642076565
    • 「神田孝平の官歴について」(『関西大学考古学等資料室紀要』第6号、1989年3月)
    • 「神田孝平の『地租改正』建議」(『関西大学考古学等資料室紀要』第7号、1990年3月)
  • 中野目徹 「神田孝平」 伊藤隆季武嘉也編 『近現代日本人物史料情報辞典』 吉川弘文館、2004年7月、ISBN 4642013415
  • 山室信一、中野目徹校注 『明六雑誌』 岩波書店岩波文庫〉、1995年5月-2009年8月(全3巻)
  • 丸山健夫著 『筆算をひろめた男 : 幕末明治の算数物語』 臨川書店、2015年3月、ISBN 9784653042259

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
田中不二麿
(→欠員)
日本の旗 文部少輔
1877年 - 1880年
次代:
九鬼隆一
学職
先代:
(新設)
東京人類学会会長
1887年 - 1895年
次代:
坪井正五郎
先代:
(新設)
東京数学会社社長
1877年 - 1880年
(1878年まで柳楢悦と、
1878年から岡本則録と共同)
次代:
柳楢悦