山室信一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山室 信一
(やまむろ しんいち)
人物情報
生誕 (1951-08-23) 1951年8月23日(68歳)[1]
熊本県熊本市
学問
学派 東京大学法学部第一類卒業
研究分野 政治学[1]、近代法政思想史[2]
研究機関 衆議院法制局
東京大学社会科学研究所
東北大学
京都大学人文科学研究所
主要な作品法制官僚の時代』(毎日出版文化賞)
キメラ』(吉野作造賞)
思想課題としてのアジア』(アジア・太平洋賞特別賞)
憲法9条の思想水脈』(司馬遼太郎賞)
学会 日本政治学会[1]
主な受賞歴 毎日出版文化賞(1985年)
長谷川如是閑賞(1985年)
吉野作造賞(1993年)
アジア・太平洋賞特別賞(2002年)
司馬遼太郎賞(2008年)[1]
テンプレートを表示

山室 信一(やまむろ しんいち、1951年(昭和26年)8月23日 - )は、日本歴史学者政治学者。専門は近代日本政治史、近代法政思想連鎖史。京都大学人文科学研究所名誉教授。

概要[編集]

熊本県熊本市生まれ。1975年(昭和50年)東京大学法学部卒業。衆議院法制局参事、東京大学社会科学研究所助手、東北大学助教授京都大学人文科学研究所助教授を経て、同教授2013年から2015年まで同所長。 2017年定年退任、名誉教授。また、日本国内では各種研究助成金の審査委員を、海外では、東アジア歴史研究フォーラム委員、台湾大学日本研究中心評議員、中華民国日本学叢書海外編輯委員、中国・南開大学日本研究所客座教授などを務めている。

 

受賞/受章歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『法制官僚の時代 国家の設計と知の歴程』木鐸社、1984年12月。
  • 『近代日本の知と政治 井上毅から大衆演芸まで』木鐸社、1985年5月。
  • 『キメラ 満洲国の肖像』中央公論社〈中公新書〉、1993年7月。ISBN 4-12-101138-4
  • 思想課題としてのアジア 基軸・連鎖・投企岩波書店、2001年12月14日。ISBN 4-00-023349-1
  • ユーラシアの岸辺から 同時代としてのアジアへ』岩波書店、2003年3月28日。ISBN 4-00-002352-7
  • 日露戦争の世紀 連鎖視点から見る日本と世界』岩波書店〈岩波新書 新赤版958〉、2005年7月20日。ISBN 4-00-430958-1
  • Yamamuro, Shin'ichi (2005). Manchuria under Japanese Dominion: Encounters with Asia. trans. by Fogel, Joshua A.. Pennsylvania University Press. ISBN 0-8122-3912-1. 
  • 憲法9条の思想水脈』朝日新聞社〈朝日選書 823〉、2007年6月20日。ISBN 978-4-02-259923-0
  • 複合戦争と総力戦の断層 日本にとっての第一次世界大戦人文書院〈レクチャー第一次世界大戦を考える〉、2011年1月15日。ISBN 978-4-409-51113-8
  • 『アジアの思想史脈 空間思想学の試み』(人文書院、2017年4月)
  • 『アジアびとの風姿 環地方学の試み』(人文書院、2017年4月)

編著[編集]

共編・校注[編集]

  • 『東アジア近現代通史』岩波書店(和田春樹, 後藤乾一, 木畑洋一, 山室信一, 趙景達, 中野聡, 川島真=編集委員)
    • 第1巻 東アジア世界の近代 19世紀
    • 第2巻 日露戦争と韓国併合 19世紀末–1900年代
    • 第3巻 世界戦争と改造 1910年代
    • 第4巻 社会主義とナショナリズム 1920年代
    • 第5巻 新秩序の模索 1930年代
    • 第6巻 アジア太平洋戦争と「大東亜共栄圏」 1935–1945年
    • 第7巻 アジア諸戦争の時代 1945–1960年
    • 第8巻 ベトナム戦争の時代 1960–1975年
    • 第9巻 経済発展と民主革命 1975–1990年
    • 第10巻 和解と協力の未来へ 1990年以降
    • 別巻 アジア研究の来歴と展望
  • 『東アジア近現代通史』岩波書店(上)・(下) 2014年

論文 [編集]

  • 未完の『東洋平和論』 (李泰鎮ほか編『安重根と東洋平和論』日本評論社、2016年) → ハングル版は刊行済み。
  • 「国民帝国とナショナル・アイデンティティの逆説」川田順造編『ナショナル・アイデンティティを問い直す』山川出版社、2017
  • 「歴史戦争と歴史和解の間で-戦士と調停者の二重性をめぐって」橋本伸也編『紛争化させられる過去』岩波書店、2018
  • 「唱歌と空間心性そして植民地」『唱歌の社会史』メディアイランド、2018
  • 「民生」「がーる」「サラリーマン・職業婦人・専業主婦」「地方学」鷲田清一編『大正=歴史の踊り場とは何か』講談社、2018

海外での出版物[編集]

英文
  • Manchuria Under Japanese Dominion ;Encounters with Asia, Translated by Joshua A. Fogel ,Pennsylvania University Press .
  • The Philosophy and Possibilities of An Chunggun's Unfinished On Peace in the East,in Yi Tae-Jin; Eugene Y. Park and Kirk W. Larsen eds.Peace in the East:An Chunggun's Vision for Asia in the Age of Japanese Imperialism, Lexington Books,2017.
  • Form and Function of the Meiji State in Modern East Asia,Zinbun,No.34-1,2001
中国文
  • 「憲法九條:非戰思想的水脈與脆弱的和平」 八旗文化・台北
  • 「滿洲國的實相與幻象」 八旗文化・台北
  • 「近代日本的東北亜区域秩序構想」 中央研究院東北亜区域研究・台北
  • 「國民帝國日本的異法域統合與差別」『臺湾史研究』16巻2期、2009
  • 「“多而合一”的秩序原理与亜洲価値論」呉志攀・李玉編『東亜的価値』北京大学出版社、2010
  • 「対亜洲的思想史探索及其視角」『台湾東亜文明研究学刊』10巻2期、2013
ハングル
  • 「사상과제로서의 아시아,그이후(思想課題としてのアジア、その後)」 ソウル・J &C
  • 『사상과제로서의 아시아』 정선태, 윤대석訳、소명출판、2018.
  • 「憲法9条の思想水脈」(朴東誠訳)ソウル・東北亜歴史財団
  • 「日露戦争の世紀-連鎖視点から見る日本と世界」(鄭在貞訳)ソウル・小花
  • 「キメラ―満洲国の肖像」(尹大石訳)ソウル・スミョン出版
  • 「多にして一のアジア」(任城模訳)ソウル・チャンギ出版
  • 아시아의 시점에서 입헌주의를 생각한다  말과활  11号
  • 만다라(曼茶羅)로서의 중국  동북아재단 편『연동하는 동아시아 문화』  역사공간 
  • 한철호, 이규태, 심재욱訳『동아시아 근현대통사 : 화해와 협력을 위한 역사인식 / 와다 하루키 외 지음』(和田春樹・山室信一ほか著『東アジア近現代通史・上下』)ソウル:책과함께、2017
  • 역사학과 인문 · 사회과학의 현재, 그리고 기대의 지평으로=History and Present of Humanities and Social Science, and Toward Horizons of Expectation」『東方學志』178、2017
フランス語
  • La Première Guerre mondiale dans l’histoire de l’Asie orientale : un regard japonais  Ebisu No.53
  • L’empire du Japon et choc de la Premiére Guerre mondiale,Revue D’histoire ,No.249.2013  

ドイツ語

・ Der Erste Weltkrieg und das japanische Empire, Bochumer Jahrbuch Zur  Ostasienforshung,No34.2010

脚注[編集]

研究対象と方法についての自ら回顧したものとして、「史料に導かれてー連鎖視点への歩み」(『アジアの思想水脈ー空間思想学の試み』人文書院、2017年)がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]