古屋哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古屋 哲夫(ふるや てつお、1931年3月21日 - 2006年12月2日)は、日本の歴史学者。専攻は日本近代史京都大学名誉教授東京都出身。

経歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『日中戦争史研究』(吉川弘文館、1984年)
  • 『満州国人事法令年表 大同元年(1932)~康徳二年(1935)』(京都大学人文科学研究所、1992年)
  • 『近代日本のアジア認識』(京都大学人文科学研究所、1994年/新版、緑蔭書房、1996年)

共著[編集]

  • 『シンポジウム日本の歴史(21)ファシズムと戦争』(学生社、1973年)

共編著[編集]

外部リンク[編集]