藤井省三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤井 省三(ふじい しょうぞう、1952年11月15日 - )は、日本の中国文学研究者。東京大学名誉教授、日本学術会議会員。東京都出身。

略歴[編集]

活動[編集]

魯迅を中核としつつ、現代中国文学、台湾文学、中国映画などに目配りし、著書も多い。村上春樹の中国への影響について纏めた。

著書[編集]

  • 『ロシアの影 夏目漱石と魯迅』平凡社選書 1985年
  • 『魯迅 「故郷」の風景』平凡社選書 1986年
  • エロシェンコの都市物語 1920年代 東京・上海・北京』みすず書房 1989年
  • 『中国文学この百年』新潮選書 1991年
  • 『東京外語支那語部 交流と侵略のはざまで』朝日選書 1992年
  • 『現代中国の輪郭』自由国民社 1993年
  • 『中国映画を読む本』朝日新聞社 1996年
  • 『魯迅「故郷」の読書史 近代中国の文学空間』創文社 1997年
  • 『台湾文学この百年』東方書店 1998年
  • 『現代中国文化探検 四つの都市の物語』岩波新書 1999年
  • 『百年の中国人』朝日新聞社 2000年
  • 『魯迅事典』三省堂 2002年
  • 『中国映画 百年を描く、百年を読む』岩波書店 2002年
  • 『新・魯迅のすすめ』日本放送出版協会(NHK人間講座)2003年
  • 『中国見聞一五〇年』日本放送出版協会(生活人新書) 2003年
  • 『村上春樹のなかの中国』朝日選書 2007年
  • 『魯迅 東アジアを生きる文学』岩波新書、2011年
  • 『中国語圏文学史』東京大学出版会、2011年
  • 『魯迅と日本文学 漱石・鴎外から清張・春樹まで』東京大学出版会、2015年

翻訳[編集]

  • 羅信耀『北京風俗大全 城壁と胡同の市民生活誌』宮尾正樹佐藤豊坂井洋史共訳、平凡社、1988年
  • 鄭義『古井戸』JICC出版局 1990年
  • 莫言『中国の村から』長堀祐造共訳 JICC出版局、1991年
  • 『笑いの共和国 中国ユーモア文学傑作選』白水Uブックス、1992年
  • 莫言『花束を抱く女』JICC出版局、1992年
  • 李昂『夫殺し』宝島社、1993年
  • 莫言『酒国 特捜検事丁鈎児の冒険』岩波書店、1996年
  • 『現代中国短編集』平凡社ライブラリー、1998年
  • 鄭義『神樹』朝日新聞社、1999年
  • 施叔青『ヴィクトリア倶楽部』国書刊行会、2002年
  • 李昂『自伝の小説』国書刊行会、2004年
  • 魯迅『故郷阿Q正伝光文社古典新訳文庫 2009年
  • 魯迅『酒楼にて/奔月』光文社古典新訳文庫 2010年
  • 董啓章『地図集』中島京子共訳 河出書房新社 2012年
  • 『透明な人参 莫言珠玉集』朝日出版社 2013年
  • 『莫言の思想と文学 世界と語る講演集』林敏潔編 林敏潔共訳 東方書店 2015年
  • 張愛玲『傾城の恋/封鎖』光文社古典新訳文庫 2018年。全5篇

編著・共著[編集]

参考[編集]