山本武利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 武利(やまもと たけとし、1940年[1]7月29日 - )は、日本歴史学者一橋大学名誉教授、早稲田大学名誉教授。専門は近代日本メディア史・インテリジェンス史・プロパガンダ。愛媛県出身。

人物[編集]

1959年愛媛県立八幡浜高等学校卒業、1964年一橋大学商学部卒業、1969年一橋大学大学院社会学研究科博士課程満期退学。指導教官は南博[2]。1996年「占領期メディア分析」で博士(社会学)。

1985年、日本出版学会賞日本広告学会賞を受賞した。

2001年より20世紀メディア研究所を主宰する。2002年、『Intelligence』(紀伊國屋書店刊)を創刊する。

2005年、占領期雑誌記事情報データベースを完成、無料公開。

2012年、NPO法人インテリジェンス研究所を設立。理事長。

指導学生に黄昇民中国伝媒大学広告学院長・教授[3]など。

経歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『現代中国の消費革命―改革開放下中国市民の消費・広告意識』 (日経広告研究所、1989年) 
  • 『日韓新時代―韓国人の日本観』 (同文舘出版、1994年)
  • 『日本の近・現代史と歴史教育』 (築地書館、1996年) 
  • 『現代広告学を学ぶ人のために』 (世界思想社、1998年)
  • 『百貨店の文化史―日本の消費革命』 (世界思想社、1999年) 西沢保との共編
  • 『米軍による日本兵捕虜写真集』 (青史出版、2001年)
  • 『新聞・雑誌・出版』(ミネルヴァ書房、2005年)
  • 『延安リポート―アメリカ戦時情報局の対日軍事工作』 (岩波書店、2006年)
  • 『岩波講座「帝国」日本の学知第4巻 メディアのなかの「帝国」』 (岩波書店、2006年)
  • 『占領期文化をひらく―雑誌の諸相』 (早稲田大学出版部、2006年)
  • 『占領期雑誌資料体系 大衆文化編』(全5巻) (岩波書店、2008年-2009年)
  • 『占領期雑誌資料体系 文学編』(全5巻) (岩波書店、2009年-2010年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公式ホームページのプロフィール
  2. ^ 「昭和43年度学位授与・単位修得論文」一橋研究
  3. ^ [1]
  4. ^ 今週の本棚・本と人『日本のインテリジェンス工作』 著者・山本武利さん毎日新聞

外部リンク[編集]