小杉泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小杉 泰(こすぎ やすし、1953年12月10日[1] - )は、日本イスラム研究者。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授。紫綬褒章受章。

人物・経歴[編集]

北海道夕張市生まれ。1983年エジプトアズハル大学卒業。

1984年国際大学大学院国際関係学研究科助手、1985年国際大学中東研究所主任研究員・主幹助教授、1989年国際大学大学院国際関係学研究科助教授、1997年国際大学大学院国際関係学研究科教授、1998年京都大学東南アジア研究センター教授、1998年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授、1999年京都大学法学博士

『現代中東とイスラーム政治』で、1994年サントリー学芸賞(思想・歴史部門)を受賞。

2005年大同生命地域研究奨励賞を受賞。2012年紫綬褒章受章。

2008年2010年朝日新聞日曜紙面にて書評委員を担当。

社会的活動[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『エジプト・文明への旅――伝統と現代』(日本放送出版協会[NHKブックス]1989年)
  • 『現代中東とイスラーム政治』(昭和堂 1994年)
  • 『イスラームとは何か――その宗教・社会・文化』(講談社現代新書 1994年)
  • 『イスラーム世界』(筑摩書房 1998年)
  • 『ムハンマド――イスラームの源流をたずねて』(山川出版社 2002年)
  • 『イスラーム世界を読む』(日本放送出版協会[NHK人間講座 2002年)
  • 『現代イスラーム世界論』(名古屋大学出版会 2006年)
  • 『興亡の世界史(6)イスラーム帝国のジハード』(講談社 2006年/講談社学術文庫 2016年)
  • 『クルアーン 語りかけるイスラーム』(岩波書店 2009年)
  • 『イスラーム文明と国家の形成』(京都大学学術出版会 2011年)
  • 『9・11以後のイスラーム政治』(岩波現代全書 2014年)

編著[編集]

  • 『イスラームに何がおきているか――現代世界とイスラーム復興』(平凡社, 1996年/増補版, 2001年)
  • 宗教の世界史 イスラームの歴史. 2. イスラームの拡大と変容 山川出版社 2010.10.

共編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]