坂千秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
坂千秋

坂 千秋(さか ちあき、1895年8月28日 - 1959年5月29日)は、日本の内務官僚政治家内務次官県知事北海道庁長官、貴族院議員

経歴[編集]

山口県出身。呉服業・坂幾一の二男として生まれる。豊津中学校第一高等学校を経て、1919年7月、東京帝国大学法学部法律学科(独法)を卒業。1918年10月、高等試験行政科試験に合格し、1919年7月、内務省に入り内務属となり地方局事務官室兼府県課勤務となる。その後、佐賀県視学官石川県理事官、内務省地方局地方債課長、専任内務書記官、地方局財務課長、同局行政課長などを歴任。

1935年5月、岐阜県知事に就任。1937年2月、内務省地方局長となる。1939年4月、兵庫県知事に発令され、さらに北海道庁長官を務めた。

1945年10月、内務次官に就任。同年12月、貴族院勅選議員に任じられ、1946年5月14日[1]まで在任。同年に公職追放となり、1951年8月に解除され、帝都高速度交通営団管理委員に就任した。

1959年5月29日死去。享年63。

著作[編集]

  • 『行政法総論』日本大学、1925年。
  • 『選挙法の理論と運用』良書普及会、1926年。
  • 『行政法各論』日本大学出版部、1927年。
  • 『比選と婦選』帝国地方行政学会、1928年。
  • 『比例代表の概念とその技術』良書普及会、1932年。
  • 『地方行政 上』常磐書房、1935年。
  • 三宅正太郎との共著『普通選挙法要綱』改造社、1925年。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5799号、昭和21年5月17日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 『日本の歴代知事 第1巻』歴代知事編纂会、1980年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。


公職
先代:
古井喜実
日本の旗 内務次官
第52代:1945年 - 1946年
次代:
大村清一