谷中霊園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
谷中霊園
Yanaka cemetery.jpg
花見客で賑わう谷中霊園、左側の建物が駐在所
谷中霊園の位置(東京都区部内)
谷中霊園
詳細
開園 1874年(明治7年)9月1日
所在地 東京都台東区谷中
日本の旗 日本
座標 北緯35度43分26秒 東経139度46分16秒 / 北緯35.724度 東経139.771度 / 35.724; 139.771座標: 北緯35度43分26秒 東経139度46分16秒 / 北緯35.724度 東経139.771度 / 35.724; 139.771
運営者 東京都公園協会
総面積 約10万平方メートル
建墓数 7,000区画
ウェブサイト http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index073.html

谷中霊園(やなかれいえん)は、東京都台東区谷中7丁目にある都立霊園。旧称の谷中墓地(やなかぼち)と呼ばれることも多い。面積は約10万平方メートル、およそ7,000基の墓がある。徳川家15代目将軍慶喜や鳩山一郎横山大観渋沢栄一などが眠る。

「谷中墓地」と称される区域には、都立谷中霊園の他に天王寺墓地と寛永寺墓地も含まれており、徳川慶喜など徳川氏の墓は寛永寺墓地に属する。

概要[編集]

かつては、感応寺(現・天王寺)の寺域の一部であり、中央園路は感応寺の参道であった。江戸期には、この感応寺で富くじが行われ、「江戸の三富」として大いに客を呼んだ。この客を当て込んで茶屋が参道入り口に立ち並び、現在でもその名残から墓地関係者は中央園路にある花屋のことを「お茶屋」と呼んでいる。中央園路の半ばには、幸田露伴の小説『五重塔』のモデルとなった五重塔跡がある。これは、1908年に天王寺より寄贈されたものであった。この五重塔は、1957年谷中五重塔放火心中事件で焼失するが、東京都が史跡に指定した。五重塔跡は児童公園(天王寺公園)内にあり、公園に付随する形で駐在所がある。 なお、「谷中墓地」と称される区域には、都立谷中霊園の他に天王寺墓地と寛永寺墓地も含まれており、徳川慶喜など徳川氏の墓は寛永寺墓地に属する。 また、谷中霊園はの名所としても親しまれている。中央園路は通称「さくら通り」ともよばれ園路を覆う桜の枝に花が咲くと、まるで桜のトンネルのようになる。現在、公園型霊園として再整備するため、敷地の確保を目的として、使用料の払われていない箇所の無縁仏への改葬や大木など木々の伐採が進められている。

開発上の問題点[編集]

一部、特定の宗教団体が広範囲で借り上げている地区があり、この団体が自ら区分けして多数の信者らに又貸ししている。そのため、無縁仏化してもすぐに次の信者に貸すということが繰り返され、将来的に公園スペースとして利用するために更地化することは不可能に近く、この地区を公園化するにはかなりの歳月を要すると見られている。なお、又貸しは利用規約に抵触している。

ただ、明治維新前からの寺院地を接収した経緯から現在の東京都も(戦前期は祭祀権は特別に保護された)配慮せざるを得ないため、多磨霊園以降の完全な都立(旧東京市立)霊園とは異なる取り扱いが当然になされている。

歴史[編集]

明治維新の後、政府は神仏分離政策を進め、神式による葬儀も増えた。しかし、墓地の多くは寺院の所有であったため埋葬場所の確保が難しく、公共の墓地を整備する必要にせまられていた。1874年明治政府は、天王寺の寺域の一部を没収し、東京府管轄の公共墓地として谷中墓地を開設した。1935年に谷中霊園と改称された。


交通[編集]

JR日暮里駅から徒歩6分。

谷中霊園に埋葬されている著名人[編集]

広津和郎墓碑
牧野富太郎墓碑

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

イメージギャラリー[編集]


関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 浦辺登『霊園から見た近代日本』弦書房、2011年、ISBN978-4-86329-056-3

外部リンク[編集]