宮城道雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮城道雄
Michio Miyagi.jpg
宮城道雄
基本情報
出生名 菅道雄
別名 中菅道雄[1]、宮城検校
生誕 1894年4月7日
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
死没 1956年6月25日(満62歳没)
ジャンル 箏曲
職業 作曲家箏曲家
担当楽器
活動期間 1908年 - 1956年
公式サイト http://www.miyagikai.gr.jp/
テンプレートを表示

宮城 道雄(みやぎ みちお、1894年明治27年)4月7日 - 1956年昭和31年)6月25日)は、兵庫県神戸市生まれの作曲家箏曲家である。旧姓は菅(すが)[1]十七絃の発明者としても知られる。大検校であったため、広く「宮城検校」と呼ばれた。

『雨の念仏』(1935年)などの随筆により文筆家としての評価も高い。作家の内田百とは親友同士であり、交友も深く、双方の随筆でたびたび言及していた。

略歴[編集]

1894年(明治27年)に菅国治郎とアサの長男として兵庫県神戸市三宮の居留地内で生まれる[1][2]。父親は広島県沼隈郡鞆町(現在の福山市)の出身で分部氏の次男[3]、母親も同県安佐郡祇園町(現在の広島市安佐南区)出身である。生後200日頃から眼病を患い、また、4歳の頃に母と離別して祖母ミネのもとで育てられた[2]。7歳の頃に失明し、8歳で生田流箏曲の二代菊仲検校に師事するも、その後兄弟子菊西繁樹の紹介により二代中島検校に師事した。2年後に師匠が病没したため、以降は三代中島検校のもとに師事し11歳で免許皆伝となる[1]。師匠から「中島」の「中」の字をもらい受け、中菅道雄と名乗った[2]。13歳の夏、一家の収入を支えるため父の滞在する朝鮮仁川へ渡り、昼間は、夜間には尺八を教えて家計を助けた[1][2]。道雄は既習の曲の演奏だけでは満足せず新規の作曲も目指し、1909年(明治42年)には14歳で第一作の箏曲「水の変態」を書き上げ、伊藤博文に評価された[1][2]。伊藤は道雄を上京させて支援することを約したが、同年に伊藤が暗殺されたため、これは叶うことは無かった[2]

1910年(明治43年)に京城(今のソウル)へ渡って頭角を現し、1913年(大正2年)、入り婿として喜多仲子と結婚したのち、妻の生家の宮城に改姓してからは芸名を廃止し、本名の宮城姓を名乗った[1][2][3]1914年大正3年)に同地で尺八家の吉田晴風と知り合い、2人は生涯の親友となった[1][4]。道雄は朝鮮滞在中も神戸の旧師である中島や、熊本地歌名手として知られる長谷幸輝のもとを訪ねて更なる研鑽に励み、1916年(大正5年)に最高位である大検校の称号を受けた[1][2][註 1]1917年(大正6年)4月、晴風の招きにより上京するが上京後程なくして妻が病死し、また、道雄は貧窮した[1][2]

1918年(大正7年)に吉村貞子と再婚し、貞子の姪である牧瀬喜代子(後の宮城喜代子)、数江(後の宮城数江)姉妹がのちに道雄の元へ入門した[2]。道雄は葛原しげる高野辰之、山田源一郎、田辺尚雄らの洋楽作曲家や評論家、学者などに注目され、また、彼らの支援や助言により、1919年(大正8年)、本郷春木町の中央会堂で念願の第1回作品発表会を開催して作曲家としての本格的なデビューを果たした[1][2]。翌1920年(大正9年)5月、葛原の紹介により、箏の経験を持つ内田百間が道雄に入門する。箏では弟子である百間は文学面では逆に道雄の師となった[5]。同年11月には東京の有楽座本居長世とともに合同作品発表会を開き、この場で尺八演奏を担当した晴風が「新日本音楽大演奏会」と命名した。これはのちに「新日本音楽」という邦楽と洋楽の結集による新しい日本音楽を創造することを目的とした活動になり、道雄、長世、晴風がその中心的な役割を果たし、開始されたばかりのラジオ放送や、レコード録音、初世中尾都山との演奏旅行などによって全国的に広められ、日本音楽の潮流に数多の影響を及ぼした[1][6]

『春の海』
箏:宮城道雄、尺八:吉田晴風

1925年(大正14年)、JOAKのラジオ試験放送初日に出演する。以後、道雄は毎年の正月放送を筆頭に海外との交歓放送や国際放送、初となる放送による箏曲の講習などを実施した。これらの放送文化に対する多くの功績が認められて1950年(昭和25年)に第1回NHK放送文化賞を受賞している[2]1929年(昭和4年)に道雄が発表した箏と尺八の二重奏曲「春の海」は、来日したフランス人女流ヴァイオリニスト、ルネ・シュメーイタリア語版が尺八部分をバイオリンに編曲し道雄との合奏がなされ、世界的な評価を得ることになった。その合奏は1932年(昭和7年)にレコードに吹き込まれ日、米、仏で発売された[1][2][7]。春の海は翌年の歌会始の勅題「海辺巌」にちなんで制作されたもので、かつて道雄が瀬戸内海を船で巡った時の印象を基に、それに波の音や鳥の声、漁師の舟唄などを加えて作られた[7]

1930年(昭和5年)、道雄は東京音楽学校講師に赴任、1937年(昭和12年)に同校の教授となり、翌年には東京盲学校の講師も務めた[3]。道雄の教育は箏曲に五線譜や絃名譜を能動的に取り入れるなどの斬新なものであった。また、初心者向けの箏や三味線用教則本を執筆した。また、門人の指導をし後進の育成に努めた[1][2]。1938年には百間原作の東宝映画『頬白先生』で、百間の娘役を演じることとなった高峰秀子に対して箏の手ほどきも行っている[5]。戦災の悪化に伴い1944年(昭和19年)12月1日、神奈川県葉山町の別荘へ疎開し、翌1945年(昭和20年)3月29日には栃木県の現高根沢町へと再疎開した[8]。同年5月25日の山の手空襲により道雄の新宿中町の住居は焼失した[3] 。9月6日、疎開地より引き上げる。

箏を奏でる宮城道雄

1948年(昭和23年)5月に中町の住居を再建し、8月には父の故郷である鞆の浦で初の演奏会を開催した[3] 。同月、日本芸術院会員を拝命した[1][3]1951年(昭和26年)3月には国内外の道雄の門人による「宮城会」が創設された[9]。同年4月には、箏制作者であり、また、楽器の収集家としても著名な水野佐平が開設した「丹水会館」においてこけら落としとなる演奏も行っている[10]1953年(昭和28年)夏、フランスビアリッツスペインパンプロナで開催された国際民族音楽舞踊祭に、日本代表として参加した道雄は賛美され最優等賞を獲得した[1][2][3]。また、英国放送協会より「ロンドンの夜の雨」を放送初演した[2]

1956年(昭和31年)6月25日未明、大阪の公演へ向かうため、下りの夜行寝台急行列車銀河」に付き添いの内弟子牧瀬喜代子と共に乗っていたが、愛知県刈谷市刈谷駅手前で、午前3時ごろ客車のドアから車外に転落した。午前3時半ごろ現場を通りかかった貨物列車の乗務員から、三河線ガードのあたりで線路際に人のようなものを見た、という通報を受け現場に向かった刈谷駅の職員に助けられ豊田病院へと搬送されたが、午前7時15分に病院で死亡した[1][2][11][12]。救助時点ではまだ意識があり、自らの名前を漢字の説明まで入れて辛うじて名乗ったと伝えられる[11]

道雄の死については寝ぼけてトイレのドアと乗降口を間違えた[註 2]などの推測や一方では自殺が噂されたが、どれも推測や憶測にとどまり事故の真相は不明である。周囲の人物からは、百間が常々、道雄を「カンの悪い盲人」と記しており、高峰秀子もまたこの訃報を新聞で知った時に、ただちに「宮城先生は誤ってデッキから落ちられたのだ。」と思ったという[5][註 3]。墓所は東京都台東区谷中霊園にある[2]。命日の6月25日は遺作の歌曲にちなみ、「浜木綿忌」と呼ばれている。一周忌に際して水野佐平は邦楽再興に奉じた道雄の死を無意味にしてはいけないと考え、所蔵していた名作筝などを自宅の「和楽荘」及び邸内の「丹水会館」に展示した[13]。また前述の事故現場近く[註 4]に、1957年に宮城会・日本盲人会・刈谷市により供養塔が立てられた。

宮城道雄記念館

宮城道雄の功績として、箏曲の伝統に根を下ろしながら洋楽を組み込んで新しい日本の音楽を創造した点が挙げられる。道雄は生涯に大構成の合奏曲から童曲に亘る幅広い作品を300曲以上作成した[1]。また、自作や古典曲の演奏を行う一方、古典楽器の改良や新楽器の開発を行い、十七絃、八十絃、短琴(たんごと…家庭用の琴)、大胡弓(だいこきゅう…大型の胡弓)などを発明した[2]。他方では、1935年(昭和10年)に百間の薦めで随筆集『雨の念仏』を執筆してからは、随筆にも才能を発揮し、これらの随筆は川端康成佐藤春夫らから高評価を得ている[14]

神戸の旧居留地58番地(現:56番の三井住友銀行神戸本部ビル敷地内)に生誕地の碑が建ち、1978年(昭和53年)には道雄が晩年まで住んでいた東京都新宿区中町に日本で最初の音楽家の記念館「宮城道雄記念館」が設立された[1][15]。その曲風に、西洋音楽の息吹を感じられるのは、幼少の頃、神戸のレコード屋の前で熱心に立ち聞きして覚えた旋律にあると言われる。

受賞等[編集]

  • 1932年 「春の海」が日米仏でレコード発売
  • 1937年 東京音楽学校(現東京藝術大学)教授就任
  • 1948年 日本芸術院会員
  • 1950年 東京藝術大学専任講師就任[3]
  • 1950年 第1回放送文化賞受賞
  • 1951年 宮城会結成
  • 1978年 宮城道雄記念館開館

代表作[編集]

宮城道雄像(福山市鞆町の鞆城跡)
谷中霊園内の宮城道雄の墓

宮城道雄の作品はクラシック音楽の影響を受け、構成感(形式感)と拍節感の明晰さや、主旋律と伴奏の対比を特徴としている。例えば「さくら変奏曲」にワルツが出てくるのもこのような発想からすれば不思議なことではない。また、変奏曲というクラシック音楽のジャンルや、デュエットとかアンサンブルといった西洋的な発想を創作に取り入れているのも注目される。「ロンドンの夜の雨」は、フランス印象主義音楽の影響さえ認めることが可能であり、新しいものを貪欲に取り入れたこの作曲家の学習意欲を証明している。

著書[編集]

没後、1957年から翌年にかけて『宮城道雄全集』(全3巻、三笠書房)が、ついで1972年に『定本 宮城道雄全集』(上下巻、東京美術)が出版されている。

  • 雨の念仏(三笠書房)
  • 騒音(三笠書房)
  • 垣隣り(小山書店)
  • 春秋帖(小山書店) - 『雨の念仏』『騒音』を1冊にまとめたもの。
  • 夢の姿(那珂書店)
  • 軒の雨(養徳社)
  • 古巣乃海(雄鶏社)
  • 水の変態(宝文館)
  • 春の海(ダヴィッド社)
  • あすの別れ(三笠書房)

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ ただし、道雄自身にとって宮城検校と呼ばれることは喜ばしいことではなかった[5]
  2. ^ 当時の客車のドアは手動だった(通勤電車等では自動ドア化は進んでいたが、客車は後年まで手動ドアだった)。
  3. ^ 高峰秀子は宮城に箏を教わった10日ほどの間に、彼が階段から足を踏み外して階下に転落する様子をたびたび目撃していた[5]
  4. ^ 刈谷市神田町3丁目、北緯34度59分18.6秒 東経137度00分53.05秒 / 北緯34.988500度 東経137.0147361度 / 34.988500; 137.0147361

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 平山けい子 (1995), “宮城道雄”, 日本大百科全書, 22 ませ−もぬ, 小学館, http://archive.is/SiSLK 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 生涯と業績”. 宮城道雄の世界. MIYAGI KOTO ASSOCIATION. 2016年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 宮城道雄”. 誠之館と交流した人々. 福山誠之館同窓会. 2016年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月19日閲覧。
  4. ^ “吉田晴風”, 日本大百科全書, 23 もね−りこ, 小学館, (1995), http://archive.is/mtP3X 
  5. ^ a b c d e 山口理沙「宮城道雄にみる師弟関係:わざの教え学びとして (PDF) 」 、『教育研究:青山学院大学教育学会紀要』第55巻、青山学院大学教育学会、2011年3月、 19-25頁、 ISSN 045474112016年2月19日閲覧。
  6. ^ 千葉潤之介 (1995), “新日本音楽”, 日本大百科全書, 12 しようす−すく, 小学館, http://archive.is/B638E 
  7. ^ a b 茂手木潔子 (1995), “春の海”, 日本大百科全書, 19 はに−ひん, 小学館, http://archive.is/5htq7 
  8. ^ 満員御礼! 2015.4.27”. 高根沢町ぶろぐ課 2015(平成27年度)4月. 高根沢町 (2015年4月). 2015年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月17日閲覧。
  9. ^ 宮城会”. 宮城道雄の世界. MIYAGI KOTO ASSOCIATION. 2015年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月17日閲覧。
  10. ^ 守重信郎「楽器収集と展示の先駆者:水野佐平の研究 (PDF) 」 、『日本大学大学院総合社会情報研究科紀要』第10号、日本大学大学院総合社会情報研究科、2010年2月、 245頁、 ISSN 134616562016年2月17日閲覧。
  11. ^ a b 高瀬忠三「悲しき記録」、『宮城会会報』、箏曲宮城会、1956年全国書誌番号:000747962016年5月6日閲覧。
  12. ^ 内田百閒「東海道刈谷駅」第4章。百閒はこの章を岡崎市の高瀬忠三の調査記録(「宮城会会報別冊追悼号」に掲載)に拠って執筆した。
  13. ^ 守重信郎「楽器収集と展示の先駆者:水野佐平の研究 (PDF) 」 、『日本大学大学院総合社会情報研究科紀要』第10号、日本大学大学院総合社会情報研究科、2010年2月、 249頁、 ISSN 134616562016年2月17日閲覧。
  14. ^ 生涯と業績”. 宮城道雄の世界. MIYAGI KOTO ASSOCIATION. 2016年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月17日閲覧。
  15. ^ 財団法人 宮城道雄記念館”. 宮城道雄の世界. MIYAGI KOTO ASSOCIATION. 2016年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]