浮間公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浮間公園
Ukima-ga-ike.jpg
春の浮間ヶ池
浮間公園の位置(東京都区部内)
浮間公園
分類 都市公園(総合公園)
所在地
座標 北緯35度47分41.5秒 東経139度41分34.3秒 / 北緯35.794861度 東経139.692861度 / 35.794861; 139.692861座標: 北緯35度47分41.5秒 東経139度41分34.3秒 / 北緯35.794861度 東経139.692861度 / 35.794861; 139.692861
面積 117,330m2
開園 1967年(昭和42年)7月26日
運営者 東京都公園協会
2011~2015年度指定管理者
駐車場 あり(有料・55台)
事務所所在地 東京都板橋区舟渡二丁目15番1号
公式サイト 浮間公園
浮間公園に咲く桜
冬の浮間ヶ池

浮間公園(うきまこうえん)は、東京都北区浮間2丁目と板橋区舟渡2丁目の境にある浮間ヶ池を中心にした都立都市公園(総合公園)。

元は荒川が流れていたところだが、大正から昭和にかけての河川改修で一部が池になった。1967年に浮間公園が設けられた。池の中には浮島という小さな島がある。約4万m2(0.04km2)。

歴史[編集]

江戸時代から明治時代にかけて、浮間で荒川は大きく南に蛇行していた。1928年(昭和3年)ころに荒川が直線化された際、川の名残として浮間ヶ池が残った。それまで荒川の左岸側(埼玉県側)だった浮間は、このとき右岸側(東京府側)になった。浮間ヶ池はU字蛇行部の西の一部にあたり、池の東にある現在の浮間地区が、荒川改修で移った部分にほぼ相当する[1]

1967年(昭和42年)に東京都は浮間ヶ池を含めた周辺を都立浮間公園とした。1985年(昭和60年)に埼京線浮間舟渡駅が開業すると、浮間公園の入り口は駅前広場と道路一つを隔てて相対するようになった。

公園概要[編集]

釣りができる浮間ヶ池のそばに、風車が一基ある。他の施設として野球場テニスコート遊びができるじゃぶじゃぶ池、のためのバードサンクチュアリ、ゲートボール場、子供用の遊具を設けた広場がある。 にはが咲き花見客が多く訪れ、舟渡桜祭りが開かれる。また公園内にある浮間ヶ原桜草圃場は、かつて浮間ヶ原に自生していて、河川改修や護岸工事などで絶滅した桜草を残そうと、当時の園芸組合員が持ち寄ったのが始まりで、年に一回一般にも公開されている。

脚注[編集]

  1. ^ 流路変遷にまつわる荒川七ふしぎ (PDF)”. 国土交通省 関東地方整備局 (2008年11月12日). 2013年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 浮間公園 - 公益財団法人 東京都公園協会(公園へ行こう!)
  • 浮間公園 - ツアーオンライン株式会社(TOKYOおでかけガイド)