猿江恩賜公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北園、シンボルの時計台

猿江恩賜公園(さるえおんしこうえん)は、日本東京都江東区猿江にある都立公園である。1932年の開園と古く、昔から貴重な緑地として周辺住民に知られていた。

元々この地は、江戸時代から続く徳川幕府による貯木場であった。その後、明治政府御用達の貯木場になり、その後一般の人々に開かれた公園へと、用途が変更された。公園の北側の地区は、戦後しばらく貯木場として使用されていたが、これも江東区潮見に移転され、1981年に追加開園された。

歴史[編集]

北園、広場
南園、猿江材木蔵跡
南園、ティアラこうとう
  • 1733年 - 江戸幕府公認の貯木場として開かれる。
  • 1924年 - 皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)の成婚を記念して、猿江貯木場の一部を東京市に下賜(現在の南園部分)。
  • 1932年4月29日 - 南園部分が、猿江恩賜公園として開園。
  • 1945年 - 東京大空襲 焼死者の仮埋葬地となる。
  • 1972年 - 猿江貯木場廃止、東京都が跡地を買収(現在の北園部分)。
  • 1981年 - 北園、一部開園。
  • 1983年 - 北園完成に伴い、全面開園。

主な施設[編集]

面積:145088.43m2

アクセスなど[編集]

鉄道

その他

周辺[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度41分25.8秒 東経139度49分9秒