東京都指定文化財一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京都指定文化財一覧(とうきょうとしていぶんかざいいちらん)は東京都指定の文化財や史跡等を一覧形式でまとめたものであるが、全てを掲載しているわけではない。

有形文化財[編集]

建造物[編集]

建造物名 所在地 竣工年 設計者 備考
/ 旧島津公爵家袖ヶ崎本邸洋館
(清泉女子大学本館)
品川区 1914年(大正3年) ジョサイア・コンドル
/日比谷公園事務所 千代田区 1910年(明治43年) 福田重義
/日本水準原点標庫 千代田区 1891年(明治24年) 佐立七次郎
/旧李王家東京邸 千代田区 1930年(昭和5年年)
/増上寺経蔵 港区 1605年(慶長10年)
/氷川神社社殿 港区 1730年(享保15年)
/半床庵 文京区 江戸時代中期 武者小路千家東京出張所内
/湯島天満宮鳥居 文京区 1667年〜68年頃(寛文7~8年)
/求道会館 文京区 1910年(明治43年) 武田五一
/旧細川侯爵邸(和敬塾本館) 文京区 1910年(明治43年) 大森茂臼井弥枝
/浅草寺六角堂 台東区 1618年(元和4年)
/天祐庵 台東区 1781年〜89年(天明年間) 浅草寺伝法院庭園
/一円庵 台東区 ※個人所有
/土浦家住宅 品川区 1935年(昭和10年) 土浦亀城 ※個人所有
/瀧泉寺前不動堂 目黒区 江戸時代中期
/目黒雅叙園百段階段 目黒区 1935年(昭和10年)
/旧崇源院霊屋 目黒区 1628年(寛永5年)
/武家屋敷門(蓮光院山門) 大田区 江戸時代末期
/武家屋敷門(西澄寺山門) 世田谷区 江戸時代末期 旧蜂須賀家中屋敷門
/旧三宅雪嶺邸三宅文庫 渋谷区 1930年(昭和5年)
/妙法寺
祖師堂・書院(御成間)・仁王門
杉並区 1812年(文化9年、祖師堂)
1787年(天明7年、仁王門)
/旧マッケーレブ邸
(雑司が谷旧宣教師館)
豊島区 1907年(明治40年)
/普賢寺宝篋印塔3基 葛飾区 鎌倉時代後期(中央塔)
南北朝時代前期(北塔)
室町時代前期(南塔)
/高尾山薬王院有喜寺
飯繩権現堂・不動堂・二王門・大師堂
八王子市 1729年(享保14年、飯繩権現堂本殿)
1753年(宝暦3年、飯繩権現堂拝殿・幣殿)
1624年-1644年(寛永年間、不動堂)
江戸時代前期(二王門)
江戸時代中期(大師堂)
/西蓮寺薬師堂 八王子市 室町時代末期
/広園寺総門山門仏殿鐘楼 八王子市 1830年(天保元年、総門)
1811年頃 (文化8年頃、山門)
1811年 (文化8年、仏殿)
1842年 (天保13年、鐘楼)
/浄福寺観音堂内厨子 八王子市 1525年(大永5年)
/御嶽神社旧本殿 青梅市 1606年(慶長11年)
/金剛寺表門 青梅市 江戸時代初期
/安楽寺本堂 青梅市 1693年(元禄6年)
/旧吉野家住宅 青梅市 1855年(安政2年)
/成木熊野神社本殿 青梅市 1640年(寛永17年)
/馬場家御師住宅武蔵御嶽神社 青梅市 1866年(慶応2年) 滝島河内 ※個人所有
/春日神社本殿 青梅市 1648年(慶安元年)
/虎柏神社本殿 青梅市 1734年(享保19年)
/福島家住宅 青梅市 18世紀中頃 ※個人所有
/鹿島玉川神社本殿 青梅市 江戸時代初期
旧ほていや玩具店店舗 青梅市 1927年(昭和2年) ※個人所有(宿泊施設)
/大国魂神社本殿 府中市 1667年(寛文7年)
/旧府中町役場庁舎 府中市 1921年(大正10年) 府中市郷土の森博物館
/旧三岡家長屋門 府中市 1829年(文政12年) 府中市郷土の森博物館内
/妙福寺祖師堂 町田市 1672年(寛文12年)
/旧荻野家住宅 町田市 江戸時代末期 町田市立薬師池公園
/旧自証院霊屋 小金井市 1652年(慶安5年) 江戸東京たてもの園
/旧前川家住宅主屋 小金井市 1942年(昭和17年) 江戸東京たてもの園
/金剛寺旧五部権現社殿 日野市 1671年(寛文11年)
/熊川神社本殿 福生市 1597年(慶長2年)
/豊鹿島神社本殿 東大和市 1466年(文正元年)
/阿蘇神社本殿 羽村市 1676年(延宝4年)
/真照寺薬師堂 あきる野市 室町時代(推定)
/大悲願寺本堂 あきる野市 1695年(元禄8年)
/小机家住宅 あきる野市 1875年頃(明治8年、推定) ※個人所有
/田無神社本殿・拝殿 西東京市 1858年(安政5年、本殿)
1875年(明治8年、拝殿)
鈴木内匠(大工、本殿)
嶋村俊表(彫工、本殿)
/高倉(六脚倉) 八丈町 江戸時代末期(推定) 八丈島歴史民俗資料館敷地内

絵画[編集]

絵画・典籍[編集]

彫刻[編集]

基本的に鎌倉・室町期の作品が多く、平安時代まで遡りうる作は少ない。

工芸品[編集]

考古資料[編集]

彫刻・考古資料[編集]

工芸品・考古資料[編集]

  • 七鈴世田谷区
  • 銅鏡〔新島村〕※十三社神社に所在。松竹双鶴鏡と菊水双雀鏡の二面。
  • 銅鏡〔新島村〕※十三社神社に所在。松枝散双鳥鏡・蓬らい双鶴鏡・菊水双雀鏡・菊花散双雀鏡・松竹双鳥鏡・松樹双雀鏡・三盛菊亀甲文双鶴鏡と菊亀甲つなぎ双雀鏡などの九面。
  • 銅鏡〔新島村〕※個人が所有。

典籍[編集]

典籍・絵画[編集]

典籍・工芸品[編集]

古文書[編集]

歴史資料[編集]

無形文化財[編集]

工芸技術[編集]

  • 手描紋章上絵〔台東区〕 ※保持団体:東京都手描紋章上絵保存会
  • 村山大島(板締絹絣織)〔武蔵村山市〕※保持団体:村山織物協同組合
  • 軍道紙〔あきる野市〕 ※保持者:高野源悟。保持団体:軍道紙製造技術保有会
  • 黄八丈八丈町〕 ※保持者:山下八百子
  • 日本刀制作技術〔葛飾区〕 ※保持者:吉原義人(雅号 義人)、吉原荘二(雅号 国家)
  • 日本刀研磨技術〔大田区〕 ※保持者:本阿彌道弘(雅号 光洲)

芸能[編集]

有形民俗文化財[編集]

無形民俗文化財[編集]

風俗慣習[編集]

民俗芸能[編集]

史跡[編集]

旧跡[編集]

名勝[編集]

天然記念物[編集]

指定解除[編集]

  • 瀬田の玉川神社の赤松〔世田谷区〕:昭和41年9月、台風によって折損、のち枯死。昭和44年3月27日指定解除[1]
  • 三河島稲荷神社のケヤキ〔荒川区〕:交通量の急増によって衰退し、枯死。昭和44年3月27日指定解除[1]
  • 八丈島東山の大シイ〔八丈町〕:昭和53年枯死。昭和55年指定解除[2]
  • 川口のキハダ〔八王子市〕:枯死、昭和62年指定解除[3]
  • 多摩結城(紋織御召):製作技術者死亡のため昭和63年指定解除[4]
  • 開光院のナツツバキ五日市町〕:枯死、平成2年指定解除[5]
  • 吉祥寺八幡神社のキハダ武蔵野市〕:枯死、平成4年指定解除[6]
  • 虎狛神社のクロマツ〔調布市〕:枯死、平成11年指定解除[7]
  • 説経浄瑠璃:保持者死亡のため平成11年指定解除[8]
  • 多摩ニュータウンNo.471-B遺跡出土品(13点):旧石器捏造事件の発覚によって指定根拠維持が困難となり、平成13年11月1日指定解除[9]
  • 出雲神社のツバキ〔あきるの市〕:枯死、平成19年指定解除[10]
  • 大鳥神社のオオアカガシ〔目黒区〕:枯死、平成24年指定解除[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『文化財の保護 第2号』、23-24頁。
  2. ^ 『東京の文化財 第1号-第50号合冊』、17-20頁。
  3. ^ 『東京の文化財 第1号-第50号合冊』、151-152頁。
  4. ^ 『東京の文化財 第1号-第50号合冊』、167-170頁。
  5. ^ 『東京の文化財 第1号-第50号合冊』、203-206頁。
  6. ^ 『文化財の保護』第25号、93-94頁。
  7. ^ 『東京の文化財 第78号』東京都教育庁生涯学習部文化課、1999年。
  8. ^ 『東京の文化財 第80号』東京都教育庁生涯学習部文化課、1999年。
  9. ^ 『東京の文化財 第86号』東京都教育庁生涯学習部文化課、2002年。
  10. ^ 東京都教育庁生涯学習部文化課『東京の文化財第101号』東京都教育庁生涯学習部文化課、2007年、3頁。
  11. ^ 東京都教育庁生涯学習部文化課『東京の文化財第113号』東京都教育庁生涯学習部文化課、2012年、3頁。

参考文献[編集]

  • 東京都教育委員会『文化財の保護 第2号』1970年。
  • 東京都教育庁生涯学習部文化課『東京の文化財 第1号-第50号合冊』(昭和54年6月-平成3年9月) 1992年。
  • 東京都教育庁生涯学習部文化課『東京の文化財 第66号-第116号合冊』(平成7年9月-平成25年9月) 1992年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]