浜離宮恩賜庭園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜離宮恩賜庭園
Hama-rikyu Gardens
2018 Hama-rikyū Garden 02.jpg
潮入の池と中島の御茶屋
分類 都立庭園特別名勝特別史跡
所在地
座標 北緯35度39分36秒 東経139度45分49秒 / 北緯35.66000度 東経139.76361度 / 35.66000; 139.76361座標: 北緯35度39分36秒 東経139度45分49秒 / 北緯35.66000度 東経139.76361度 / 35.66000; 139.76361
面積 250,215.72m2(約25ヘクタール
開園 1946年4月1日
運営者 東京都公園協会
2016 - 2025年度指定管理者[1]
年来園者数 738,003人(2015年)[2]
設備・遊具 集会場(芳梅亭)・中島の御茶屋など
駐車場 観光バスと障害者の車両のみ可
公式サイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

浜離宮恩賜庭園(はまりきゅう おんし ていえん)は、東京都中央区浜離宮庭園にある都立庭園である。旧浜離宮庭園として特別史跡特別名勝に指定されている。

概要[編集]

東京湾から海水を取り入れ、潮の干満で景色の変化を楽しむ、潮入りの回遊式築山泉水庭[注 1]

園内には鴨場、潮入の池、茶屋、お花畑やボタン園などがある。2000年代前半に西側の旧汐留貨物ターミナルが再開発されて汐留高層ビル群が林立し、庭園とコントラストを成している[3]

江戸時代甲府藩下屋敷庭園として造成され、徳川将軍家の別邸浜御殿や、宮内省管理の離宮を経て、東京都に下賜され都立公園として開放された。近年、かつて園内にあった複数の建築物の再建が進められており、4棟のお茶屋などが復元されている。

歴史[編集]

寛永年間(1624年-1644年)までは、などが茂った湿原で、将軍家鷹場であった[3]1654年承応3年)に甲府藩主の徳川綱重がこの地を拝領し、海を埋め立てて別邸を建てた。その後は甲府藩の下屋敷として使用された。このため甲府浜屋敷海手屋敷と呼ばれるようになった。綱重の子である徳川綱豊が6代将軍(家宣)になったため甲府徳川家は絶家となり[注 2]、将軍家の別邸とされて浜御殿と改称した。

浜御殿では、江戸時代を通じて改修が続けられた。8代将軍吉宗は、殖産の試験場と位置づけ、薬園、製糖所、鍛冶小屋、火術所、大砲場等を設置。200種を超える薬草の栽培や、琉球から取り寄せたサトウキビの栽培・砂糖の試作、オランダから輸入した洋種馬の飼育等が行われた。1729年享保14年)5月には、雄の広南従四位白象)がベトナムから運ばれ、浜御殿の小屋で12年を過ごしている[4]。その後、11代将軍家斉の時代に現在の庭園が概ね整い、将軍の鷹狩の場として利用されることが多くなった[5][6]

明治維新後の1870年(明治3年)、浜御殿は宮内省の管轄となり、名前も離宮と改められた。明治天皇も度々訪れるようになる。

また、幕末1866年慶応2年)には、浜御殿内に幕府海軍海軍所施設として石造建物が建設された。この建物は1869年明治2年)にイギリスのエジンバラ公アルフレートの訪日に際して改修され外国人接待所「延遼館」となった。延遼館は、明治維新後も迎賓施設として使用され、1879年(明治12年)には、当時のドイツ皇太子フリードリヒが訪れた。また、同年には、日本を訪問した前アメリカ大統領のユリシーズ・S・グラントが延遼館に1か月滞在し、浜離宮内の中島茶屋で明治天皇との謁見が行われた[7][8]。しかし、鹿鳴館の完成により役割を終え[7]1889年(明治22年)に取り壊された[9]

その後、浜離宮は、1923年(大正12年)の関東大震災1945年(昭和20年)の東京大空襲で、大手門や複数の御茶屋や樹木が焼失し、庭園自体も大きく損傷する被害を受けた。

1945年(昭和20年)11月3日には、GHQの要求により東京都に下賜され、1946年(昭和21年)4月1日に都立庭園として開園した。1972年(昭和47年)には他の都立公園とともに無料化された[10]が、十分な管理ができなかったため1979年(昭和54年)4月に再有料化されている[11]。また、1948年(昭和23年)12月に国の名勝及び史跡に、1952年(昭和27年)11月には特別名勝及び特別史跡に指定されている[6]

近年、園内の施設の復元が進められており、1983年(昭和58年)に復元された「中島の御茶屋」に加えて、2010年(平成22年)12月に「松の御茶屋」、2015年(平成27年)5月に「燕の御茶屋」[12][13]2018年(平成30年)4月に「鷹の御茶屋」の復元が完了[14][15]。「汐見の御茶屋」(海手御茶屋)の復元も検討されている[2]。一方、一時は東京オリンピックに合わせて復元が予定された「延遼館」は、舛添要一都知事の辞任により復元が見合わされ[16]、長期的に整備される計画となっている[2]

主な見所[編集]

  • 潮入の池 - 海水を引き入れ、潮の干満(水位の上下に従って水門を開閉)による眺めの変化を楽しむことができるようになっている。都内にある江戸時代からの庭園で唯一の海水の池で、東京湾からボラセイゴハゼウナギなどの魚が入り込んで生育している。江戸時代には釣りが行われていたが、現在は禁止されている。池の岩や石にはベンケイガニフジツボがなどが見られる[17]
    • 中島 - 潮入の池の中央に位置する小さい島[17]
    • お伝い橋 - 潮入の池の岸と中島を結ぶ木造橋。1983年(昭和58年)に復元[17]
  • 中島の御茶屋 - 中島にある茶屋。1983年(昭和58年)に復元[17]。休憩所として公開。
  • 松の御茶屋 - 潮入りの池の北東側にある茶屋。2010年(平成22年)に復元[17]。ガイドツアーのみ内部公開。
  • 燕の御茶屋 - 潮入りの池の北側にある茶屋。2015年(平成27年)に復元[17]。ガイドツアーのみ内部公開。
  • 鷹の御茶屋 - 潮入りの池の北側にある茶屋。2018年(平成30年)4月に復元[17]。内部公開[18]
  • 三百年の松 - 江戸時代、徳川家宣が改修したときに植えられたと伝わる。東京都内最大の黒松[17]。園内には他にもケヤキなど様々な樹木の大木が多く残されている。
  • お花畑 - 春はナノハナ、夏からに秋にかけてはコスモスが咲きほこる[17]
  • ボタン園 - 60種800株が植えられている。
  • 鴨場 - 猟のため作られた。庚申堂鴨場と新銭座鴨場の2つがある。築造は、前者が1778年、後者が1791年。鴨場は池と林を3mほどの土手で囲い、土手には常緑樹や竹笹を植え、鴨が安心して休息できるように外部と遮断されている。鴨場ではかつて猟が行われていた。その方法は、池に幾筋かの引堀(細い堀)を設け、小のぞきから鴨の様子をうかがいながら、などのエサとおとりのアヒルで引掘におびきよせ、機をみて土手の陰から網ですくいとるというものであった[17]
  • 芳梅亭 - 離宮時代の官舎を修復した集会場[19]
  • 可美真手命像英語版 - 可美真手命の像[注 3]。明治天皇の大婚25周年を記念して献納されたもので、公募により佐野昭の作品が選ばれた[20]。芳梅亭の近くにある。

交通[編集]

大手門口
中の御門口
水上バス

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 庭園東側の水路は築地川、西側の水路は汐留川の下流部にあたり、水路東側の築地川水門と水路南橋の汐留川水門で隅田川に通じていて潮の干満の影響を受ける。
  2. ^ 甲府藩には、5代将軍綱吉御側御用人柳沢吉保が入った。
  3. ^ 三島由紀夫の短編小説『離宮の松』では古代の天皇像とされている。

出典[編集]

  1. ^ 指定管理者の指定について(平成27年度)”. 東京都建設局公園緑地部管理課. 2020年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月21日閲覧。
  2. ^ a b c 東京都における文化財庭園の保存活用計画(旧浜離宮庭園) (Report). 東京都建設局公園緑地部. (2017-03). オリジナルの2021-07-20時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210720134430/https://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/jigyo/park/kouen0019.html. 
  3. ^ a b “都会の喧騒の中にありながら自然に触れることができる公園や、心落ち着く庭園など、身近にありながら心を癒せる場所となっている都立公園・庭園。その花の見所を、2020年の撮り下ろし映像で東京都が公開。” (プレスリリース), 東京都建設局公園緑地部, (2020年12月15日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000069613.html 
  4. ^ 松島駿二郎 (2008年7月25日). “長崎から江戸まで、象が歩いた”. 日経ビジネスオンライン. 2018年5月31日閲覧。
  5. ^ 工藤航平「公儀の庭・浜御殿の変遷と意義」『東京都公文書館調査研究年報』第3巻、東京都公文書館、2017年3月17日。
  6. ^ a b この公園について 浜離宮恩賜庭園”. 公園へ行こう!. 公益財団法人東京都公園協会. 2021年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月24日閲覧。
  7. ^ a b 延遼館の時代 明治ニッポンおもてなし事始め (PDF)”. 東京都公文書館. 2021年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月20日閲覧。
  8. ^ 小杉雄三『浜離宮庭園』東京公園文庫 12, 1981, p.93.
  9. ^ “明治の迎賓施設「延遼館」を都が復元 20年の五輪までに”. 日本経済新聞. (2015年1月6日). オリジナルの2015年7月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150724001838/http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06HCE_W5A100C1CC1000/ 
  10. ^ 「都立公園 無料化が裏目に」『朝日新聞』昭和47年(1972年)6月19日朝刊、24面
  11. ^ 浜離宮恩賜庭園マネジメントプラン 浜離宮恩賜庭園の管理運営、整備等の取組方針”. 東京都建設局 (2019年5月). 2021年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月24日閲覧。
  12. ^ “「燕の御茶屋」の復元が終了しましたので、公開を始めます!”. 浜離宮恩賜庭園(公園へ行こう!). (2015年5月27日). http://www.tokyo-park.or.jp/announcement/028/detail/22160.html 2015年5月31日閲覧。 
  13. ^ “燕の御茶屋 よみがえる 浜離宮庭園 30、31日に公開記念イベント”. 東京新聞. (2015年5月30日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20150530/CK2015053002000114.html 2015年5月31日閲覧。 
  14. ^ “鷹の御茶屋 浜離宮に 十一代将軍が創建 休憩所を復元 きょうから公開/東京”. 毎日新聞. (2018年4月20日). オリジナルの2018年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180426213549/https://mainichi.jp/articles/20180420/ddl/k13/040/005000c 
  15. ^ “浜離宮恩賜庭園「鷹の御茶屋」を公開” (プレスリリース), 東京都, (2018年4月10日), オリジナルの2020年4月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200405143712/https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/04/10/12.html 
  16. ^ “東京五輪で復元予定だった明治時代の幻の迎賓館「延遼館」をご存知ですか”. アーバン ライフ メトロ. (2020年7月23日). オリジナルの2020年9月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200909033941/https://urbanlife.tokyo/post/39874/ 
  17. ^ a b c d e f g h i j 見どころ 浜離宮恩賜庭園”. 公園へ行こう !. 公益財団法人東京都公園協会. 2018年5月24日閲覧。
  18. ^ 「鷹の御茶屋」を内部公開しています! 浜離宮恩賜庭園”. 公園へ行こう!. 公益財団法人東京都公園協会 (2018年8月3日). 2021年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月21日閲覧。
  19. ^ 浜離宮恩賜庭園 都立文化財庭園の集会施設ご利用について”. 公園へ行こう!. 公益財団法人東京都公園協会. 2021年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月21日閲覧。
  20. ^ 財団法人芸術研究振興財団/東京芸術大学百年史刊行委員会編『東京芸術大学百年史 東京美術学校篇 第一巻 第四章 発展期 明治27年〜同31年 第四節 明治30年東京美術学校第九年報 関連事項4 日本絵画協会第二回、第三回共進会』ぎょうせい、1987年。

参考文献[編集]

  • 小杉雄三『浜離宮庭園』東京公園文庫 12, 郷学舎, 1981.
  • 水谷三公『将軍の庭 ― 浜離宮と幕末政治の風景』中公叢書, 2002.
  • 横浜開港資料館編『F. ベアト写真集 1 ― 幕末日本の風景と人びと』明石書店, 2006. - 英語版に写真あり

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 浜離宮恩賜庭園(東京都公園協会|公園へ行こう!)
  • "浜離宮恩賜庭園". TripAdvisor. 2020年4月22日閲覧