ウマシマジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウマシマジ命(-のみこと)は、物部氏穂積氏采女氏らの祖とされる人物。『日本書紀』では「可美真手命(うましまでのみこと)」と『古事記』では「宇摩志麻遅命」、『先代旧事本紀』では「味間見命(うましまみのみこと)」と表記する。饒速日命長髄彦の妹である三炊屋媛(みかしきやひめ)[1]を娶って生んだ子で、天香山命(尾張氏の祖)が異母兄であるとする伝えがある(『旧事本紀』)。彦湯支命の父。

『古事記』によれば、始め長髄彦に従っていたが、神武天皇東征に際して長髄彦を殺し天皇に帰服し、以後自らの部族である物部(もののべ)を率いて皇城守護の任に当たったという[2]。また『旧事本紀』によれば、神武天皇即位の後、饒速日命の遺した10種の天璽瑞宝(あまつしるしのみづたから)を献上し、それを使って天皇と皇后の魂を鎮める呪術を行ったとされ、これを後世の鎮魂祭の初めとしている。

物部神社の社伝によれば、美濃国・越国を平定した後に石見国で没し、現在の社殿の裏に埋葬されたという。越国の平定は、異母兄の天香山命の事績として知られる(彌彦神社を参照)。これら物部神社彌彦神社では、宮中でも行われる鎮魂祭が行われていることでも知られる(石上神宮も同様)。

鈴木眞年の『史略名称訓義』では、ウマシマジは大和国十市郡に居て天皇天瑞宝を献じ、この正統は同郡穂積里に居て穂積の姓を負いそれより物部氏などが分かれたとし、ウマシマジの正統は穂積氏としている。

祭神とする主な神社[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 長髄媛(ながすねびめ)、鳥見屋媛(とみやびめ)ともいい、登美夜毘売(『古事記』)・御炊屋姫(『旧事本紀』)とも表記される。
  2. ^ 以上の業績は、『日本紀』においては饒速日命のそれと伝えられている(神武天皇即位前紀戊午年12月丙申(4日)条)。

参考文献[ソースを編集]