徳川綱重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
徳川綱重
時代 江戸時代前期
生誕 正保元年5月24日1644年6月28日
死没 延宝6年9月14日1678年10月29日
改名 長松(幼名)、綱重
別名 甲府宰相、松平左馬頭、松平綱重
戒名 清揚院殿圓誉天安永和大居士
墓所 東京都港区増上寺
官位 従四位下左近衛権中将兼左馬頭
正三位参議
贈正一位太政大臣征夷大将軍
幕府 江戸幕府
甲斐甲府藩
氏族 徳川氏甲府徳川家
父母 父:徳川家光、母:夏(順性院)
兄弟 千代姫家綱亀松綱重綱吉鶴松
正室:二条光平の娘・隆崇院
継室:綾小路俊景の娘・紅玉院
側室:保良(長昌院)ほか
家宣松平清武、牛丸?[注釈 1]

徳川 綱重(とくがわ つなしげ)は、甲斐甲府藩主。江戸幕府第3代将軍・徳川家光の三男[1]。母は側室の夏(順性院)、養母は天樹院(千姫)乳母松坂局

概略[編集]

母・夏が綱重を懐妊した際、父の家光は厄年にあたっており、災厄を避けるために姉の天樹院(千姫)を養母とした。

1651年慶安4年)、甲斐甲府藩15万石に封じられ、城地として甲府城を与えられ独立した大名となる。所領は甲斐、武蔵信濃駿河近江に散在した。ただし、将軍家の一員として江戸の屋敷で生活していた。その後参議に補任がなされ、その唐名から甲府宰相の異名で呼ばれる。

1654年承応3年)、甲府浜屋敷(後の浜離宮)が建築される。

1678年(延宝6年)、兄の第4代将軍・家綱に先立って35歳の若さで死去した。

墓所は東京都港区増上寺1959年に移転改築された際、6月から9月に遺体の調査が行われたが、四肢骨から推定した身長は160.1センチメートルであった。この調査については、鈴木尚の『骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと』、『増上寺徳川将軍墓とその遺品・遺体』を参照。

弟の綱吉が後に第5代将軍となったが、子がなかったため、綱重の長男・綱豊が綱吉の養子となり、家宣と改名して第6代将軍となった。

政治は、関孝和を抱えるなど学問に理解があり、甲府湯島聖堂と同様の聖堂を作ろうとした。綱重自身が甲斐へ赴いたことはないが、綱重期には在国の家臣団が主導し、釜無川の治水における徳島堰の開削などが行われた。

『武家勧懲記』によれば「綱重卿ハ自然ト権威備リ、剛勇有テ物毎好悪ノ意地ナク、行跡悠然トシテ、聡明叡智ノ御器量タリ」と評されており、その人望はきわめて高かったとされる。死因は酒害というが、不明である。

経歴[編集]

※日付は旧暦

  • 1651年慶安4年)4月3日、甲斐府中15万石に封ぜられる。
  • 1653年承応2年)8月12日、元服し、将軍徳川家綱の諱を一字賜わり、綱重と名乗る。同日、従四位下に叙位。左近衛権中将に任官。左馬頭兼任。弟・綱吉は、同日、従四位下右近衛権中将右馬頭に叙任。
    • 8月17日、正三位に昇叙。左近衛権中将兼左馬頭如元。弟・綱吉も同日、正三位昇叙。
  • 1661年寛文元年)閏8月9日、10万石加封。
    • 12月28日、参議に補任。(以後、甲府宰相の称が生じる)弟・綱吉も同日参議に補任。
  • 1678年延宝6年)9月14日、薨去。伝通院(東京都文京区小石川)に埋葬。法名:清揚院殿圓譽天安永和大居士
  • 1705年宝永2年)9月21日、贈権中納言
    • 10月5日、増上寺(東京都港区芝公園)に改葬。
  • 1710年(宝永7年)8月23日、贈正一位太政大臣征夷大将軍。薨去後に征夷大将軍が贈られた一例である。

※参考資料=系図纂要、大日本史料総合データベース

徳川綱重 贈征夷大将軍の辞令(宣旨) 章弘宿禰記

故權中納言源朝臣綱重
權右少辨藤原朝臣永資傳宣
權中納言藤原朝臣共方宣
奉 勅宜被贈征夷大將軍者
寳永七年八月廿三日
修理東大寺大佛長官主殿頭兼左大史小槻宿禰章弘 奉

(訓読文)

故権中納言源朝臣綱重
権右少弁藤原朝臣永資(日野永資、正五位下)伝へ宣(の)る
権中納言藤原朝臣共方(梅小路共方、従二位)宣(の)る
勅(みことのり)を奉(うけたまは)るに、宜しく征夷大将軍を贈らるるべし者(てへり)
宝永7年(1710年)8月23日
修理東大寺大仏長官主殿頭兼左大史小槻宿禰章弘(壬生章弘、正五位上)奉(うけたまは)る

徳川綱重が登場する作品[編集]

映画
テレビドラマ
小説

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 母は継室・紅玉院とされる。1673年 - 1673年。実在すれば、家宣と清武の異母弟となる。

出典[編集]

  1. ^ ただし『徳川幕府系譜』では二男とされている亀松が、『徳川実記』や『江戸幕府日記』等では、その生年を正保2年2月29日(1645年3月26日)としている。これに従うのならば綱重は二男、亀松は三男となる。