蘆花恒春園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
蘆花恒春園
蘆花恒春園
蘆花恒春園
分類 都立公園
所在地
座標 北緯35度39分44秒 東経139度36分41秒 / 北緯35.66222度 東経139.61139度 / 35.66222; 139.61139座標: 北緯35度39分44秒 東経139度36分41秒 / 北緯35.66222度 東経139.61139度 / 35.66222; 139.61139
面積 68,658.28m2
運営者 東京都公園協会
2011~2015年度指定管理者
設備・遊具 蘆花記念館、集会場、竹林
告示 1938年2月27日

蘆花恒春園(ろかこうしゅんえん)は、東京都世田谷区にある都立公園である。一般的には、周りにある広場なども含めて芦花公園とも呼ばれている。

明治期から大正にかけて活躍した文豪、徳冨蘆花の旧宅が、没後、東京市(現:東京都)に寄贈され、武蔵野の面影を多分に残した公園として一般に公開された。公園内には広場の他、徳冨蘆花の旧宅などを現在でも見ることができ、晴耕雨読を旨とした晩年の蘆花の生活ぶりを垣間見ることができる。

歴史[編集]

主な施設[編集]

徳冨蘆花 旧宅
蘆花恒春園周辺の空中写真。画像中央の緑地が蘆花恒春園。東側を南北に走る道路は環八通り。1989年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
  • 蘆花記念館(遺品を展示している)
  • 母屋
  • 秋水書院(書斎と寝室。幸徳秋水にちなんで命名)
  • 梅花書屋
  • 蘆花自身の手植えの竹林
  • 徳冨蘆花夫妻の墓(銘は徳富蘇峰の手による)
以上、徳冨蘆花の旧宅の部分。厳密には、上記エリアが恒春園。
  • 児童公園
尚、近隣に世田谷文学館がある(こちらは有料)。

アクセスなど[編集]

外部リンク[編集]