玉乃世履

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
玉乃世履
Seiri Tamano.jpg
生年月日 (1825-09-03) 1825年9月3日
出生地 周防国玖珂郡
没年月日 (1886-08-08) 1886年8月8日(60歳没)
死没地 日本における郵船商船規則の旗 日本東京府
称号 従三位勲二等

在任期間 1878年9月13日 - 1879年10月25日
元首 明治天皇
在任期間 1881年7月27日 - 1886年8月8日
元首 明治天皇

在任期間 1879年11月17日 - 1881年7月27日
テンプレートを表示

玉乃 世履(たまの よふみ、文政8年7月21日1825年9月3日) - 1886年明治19年)8月8日)は、日本の裁判官剛毅果断・清廉潔白な精神の持ち主で、その公正な裁きにより[要出典]、「明治の大岡」と賞賛された[1]

生涯[編集]

  • 1825年(文政8年) - 岩国領主吉川氏家臣桂脩助の子として生まれる。
  • 1851年(嘉永4年) - 藩校養老館学頭であった玉乃九華の養子となる。
  • 1866年(慶応2年)3月 - 農民からなる「北門団」を組織し、洋式操練を施す。北門団は四境役に出征している。
  • 1867年(慶応3年) - 日新隊を組織し、12月9日上洛。翌年1月3日から始まった鳥羽・伏見の戦いの後、同月末に岩国に帰る。
  • 1868年(慶応4年)7月 - 岩国藩公儀人を命ぜられる。
  • 1869年(明治2年)2月 - 会計官判事試補となる。
  • 1869年(明治2年)5月 - 民部官判事試補、次いで民部官の聴訟司知事となる。
  • 1869年(明治2年)7月 - 聴訟権正、次いで民部少丞となる。
  • 1871年(明治4年)7月 - 廃藩置県により、判事として司法省に入る。
  • 1871年(明治4年)11月 - 司法権大判事となる。
  • 1875年(明治8年)4月 - ギュスターヴ・エミール・ボアソナードが拷問現場を目撃して狼狽しているところに偶然通りかかり、名村泰蔵とともに三人で司法卿大木喬任に談判する。
  • 1875年(明治8年)5月4日 - 同年4月14日の大審院の設置に伴い、三等判事に任じられる。
  • 1875年(明治8年)5月12日 - 二等判事として大審院長代理となる(院長は欠員)。
  • 1878年(明治11年)9月13日 - 正式に初代大審院長となる。紀尾井坂の変に伴い臨時裁判所が開設、司法卿より任命され判決案を作成。
  • 1879年(明治12年) - 大審院を離れて司法大輔となり、元老院議官も兼ねる。
  • 1879年(明治12年)12月 - 治罪法草案審査委員を命ぜられる。
  • 1881年(明治14年)7月27日 - 再び大審院長(第3代)となる。
  • 1885年(明治18年)春 - 大審院を休職し熱海で転地療養。
  • 1886年(明治19年)8月8日 - 大審院長在職中に自殺(享年62)。谷中霊園に葬られる。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山口大学附属図書館庶民資料展
  2. ^ 『官報』第678号「賞勲叙任」1885年10月2日。
  3. ^ 『官報』第933号「叙任」1886年8月10日。

参考文献[編集]

  • 吉岡達生『初代大審院長 玉乃世履』(2002年)

外部リンク[編集]