松平乗政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平乗政
時代 江戸時代前期
生誕 寛永14年(1637年
死没 貞享元年10月16日1684年11月22日
改名 助十郎(幼名)、乗政
別名 石川乗政
戒名 瑞祥院感巌道応大居士[1]
墓所 東京都台東区上野の東叡山春性院
官位 従五位下、美作守、能登
幕府 江戸幕府 若年寄奏者番
常陸国小張藩主→信濃国小諸藩
氏族 大給松平氏
父母 父:松平乗寿、母:赤城氏
兄弟 乗久乗政
正室:岩城重隆の娘、継室:松浦鎮信の娘
乗紀、娘(松平信孝正室)

松平 乗政(まつだいら のりまさ)は、常陸小張藩主、後に信濃小諸藩の初代藩主。岩村藩大給松平家初代。祖母が石川康通の娘であったことから石川 乗政(いしかわ のりまさ)とも言われる。

生涯[編集]

寛永14年(1637年)、美濃岩村藩の第2代藩主(のちに遠江浜松藩主、上野館林藩初代藩主)松平乗寿の次男として生まれる。嗣子に兄の乗久がいたため、寛永21年(1644年)4月22日、第3代将軍徳川家光に拝謁し、家光に近侍した。家光に四男の綱吉が生まれると、綱吉に近侍する。正保4年(1647年)8月16日に従五位下・美作守に叙位・任官する。

家光没後は第4代将軍徳川家綱に仕え、慶安5年(1652年)6月4日に御小姓に任じられ、承応元年(1652年)11月7日に1000俵取りの知行を与えられる。承応3年(1654年)に父が死去すると、その遺領から5000石を分与されて旗本となる。寛文2年(1662年)には小姓組番頭に任じられ、同時に奥勤めも命じられた。延宝7年(1679年)には若年寄に任じられ[1]、同時に常陸河内郡・真壁郡などに5000石を加増され、1万石の大名として常陸小張藩主となった。

延宝9年(1681年)7月22日、下総結城郡5000石を加増されて1万5000石となる。天和2年(1682年)3月22日に奏者番に任じられ[1]、同時に5000石の加増を受けて信濃小諸へ加増移封された[1]。小諸では同年7月に17か条の領内法度を制定し、五人組キリシタン宗門、街道伝馬の整備、田畑耕作、理不尽の儀など領民の統制を細分化した[1]。また翌年には新田開発も行なった[1]

貞享元年(1684年)10月16日に領地である小諸城内で死去した[1]。享年48[1]。跡を長男の乗紀が継いだ。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 塩川『シリーズ藩物語 小諸藩』、P129

参考文献[編集]