松平信孝 (小島藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信孝
時代 江戸時代前期
生誕 明暦元年(1655年
死没 元禄3年10月17日1690年11月17日
改名 助十郎(幼名)→信孝
戒名 源松院殿尊誉一法大居士
墓所 東京都台東区下谷の英信寺
官位 従五位下、但馬守、安房
幕府 江戸幕府若年寄
駿河小島藩
氏族 形原松平家滝脇松平家
父母 父:松平典信、養父:松平重信
兄弟 信孝信利信庸
正室:松平乗政の娘
養子:信治養女竹中重栄室)

松平 信孝(まつだいら のぶなり)は、駿河小島藩の初代藩主。小島藩滝脇松平家初代。石高は初め6000石、後に1万石。江戸幕府小姓組番頭・御側衆・書院番頭若年寄を務める。

生涯[編集]

明暦元年(1655年)、丹波篠山藩の第2代藩主・松平典信庶長子として生まれる。

寛文11年(1671年)、駿府城代であった大叔父松平重信養子となり、延宝元年(1673年)の養父の死去により、家督を継いだ。

その後、小姓組番頭・御側衆・書院番頭・若年寄と栄進する。天和3年(1683年)の武鑑では「松平但馬守」が小姓組7番組番頭として記載されているのが見える。部下にあたる小頭は仙石久尚(仙石丹波守)(1000石)。屋敷は飯田町の上。

加増も受けて元禄2年(1689年)には合計1万石の大名となって諸侯に列したことから、小島藩主となった。しかし翌元禄3年(1690年)10月17日に死去した。享年36。跡を甥で養子の信治が継いだ。

人物[編集]

有能な人物であり、史書においても「領内に善政を布き、領民を思いやる、そして文武両道の名君であった。しかし若くして病死したことが惜しまれる」と評されている。

参考文献[編集]

  • 橋本博『大武鑑・中巻』名著刊行会、1965年5月10日発行他