松平忠淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠淳
時代 江戸時代後期(幕末
生誕 天保12年7月20日1841年9月5日
死没 万延元年6月2日1860年7月19日
別名 主馬(通称)
戒名 慈篤院殿大機源昌大居士神祇
墓所 愛知県額田郡幸田町深溝の本光寺
幕府 江戸幕府
肥前国島原藩
氏族 伊達氏深溝松平家
父母 父:伊達宗紀、養父:松平忠精
兄弟 徳千代、就、長、喜、貞、伊達宗徳、信、篤之助、正(松平忠精正室)、節(保科正益室)、忠淳、兼麿
実子:なし、養子:忠愛

松平 忠淳(まつだいら ただあつ)は、肥前島原藩の第6代藩主。島原藩深溝松平家12代。

天保12年(1841年)7月20日、伊予宇和島藩主・伊達宗紀の4男として生まれる。安政6年(1859年)に第10代主・松平忠精が死去したため、その養子となって家督を継いだ。12月28日に従五位下・主殿頭に叙位・任官する。

しかし万延元年(1860年)6月2日、脚気から衝心を引き起こしたのが原因で、江戸にて死去した。享年20。嗣子が無かったため、養子の忠愛が跡を継いだ。