松平重和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 重和(まつだいら しげふさ、慶長12年(1607年) - 寛文4年1月15日1664年2月11日))は、江戸時代前期の旗本松平郷松平(太郎左衛門)家10代当主。松平尚栄の長男。母は成瀬重正養女。通称は太郎左衛門。妻は本多光久の娘、本多光政の娘。子に松平信和

生涯[編集]

寛永8年(1631年)、3代将軍家光に拝謁する。以後、隔年参府して将軍に御目見する慣例となった。慶安元年(1648年)、父の隠居により家督を相続した。松平郷の菩提寺・高月院の堂宇の修復を行った。寛文4年(1664年)死去、享年58。

参考文献[編集]

  • 『徳川・松平一族の事典』工藤寛正