桜井忠胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桜井 忠胤(櫻井 忠胤、さくらい ただたね、明治14年(1881年7月19日 - 昭和6年(1931年8月28日)は、明治時代から昭和時代初期の従三位子爵[1]摂津尼崎藩の第7代(最後の)藩主松平忠興の三男。初名は善之助[2]。妻は子爵本多忠敬の娘の鷹子[1]

学習院中等科時代は嘉仁親王の御学友であった[3]。明治28年(1895年)、父の忠興が死去し、子爵を襲爵貴族院子爵議員などを務めた。昭和6年(1931年)薨去。享年50[4]。墓所は青山霊園。子の桜井忠養が子爵を襲爵した[5]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 桜井忠興ー旧尼崎藩主・桜井子爵家ー|近代名士家系大観
  2. ^ 桜井家(兵庫県):閨閥学
  3. ^ 人間味あふれる大正天皇-暫定龍吟録
  4. ^ 桜井忠胤 - 華族|死去ネット
  5. ^ 桜井松平家 - Reichsarchiv ~世界帝王事典~
  6. ^ 『官報』第2132号「叙任及辞令」1919年9月11日。

参考文献[編集]

  • 20世紀日本人名事典(日外アソシエーツ2004年刊)


日本の爵位
先代:
桜井忠興
子爵
尼崎桜井家第2代
1895年 - 1931年
次代:
桜井忠養