松平忠景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠景
時代 室町時代中期 - 戦国時代
生誕 不詳
死没 文明17年7月14日1485年8月24日
別名 弥三郎、大炊助(通称)、元芳
墓所 愛知県蒲郡市五井町岡海道の長泉寺
氏族 五井松平家
父母 父:松平信光
兄弟 守家昌龍親忠与副光重光英忠景光親家勝親正親則
元心忠定、娘(宮重十左衛門妻)

松平 忠景(まつだいら ただかげ)は、室町時代中期から戦国時代の武士。松平信光の七男で、五井松平家の祖。

三河国宝飯郡五井(現在の愛知県蒲郡市五井町)に移り住み、五井松平家を称した。文明17年(1485年)死去。