松平忠誨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠誨
時代 江戸時代後期
生誕 享和3年7月14日1803年8月30日
死没 文政12年8月27日1829年9月24日
改名 田鶴千代・与一(幼名)、忠誨
戒名 保誉道俊尚徳院
官位 従五位下、遠江
幕府 江戸幕府
摂津国尼崎藩
氏族 松平氏桜井松平家
父母 父:松平忠宝、母:土屋篤直の娘・八百子
正室:青山忠裕の娘
実子:なし、養子:忠栄

松平 忠誨(まつだいら ただのり)は、摂津尼崎藩の第5代藩主。尼崎藩桜井松平家8代。

享和3年(1803年)7月14日、第4代藩主・松平忠宝の次男として生まれる。兄の早世で世子に指名され、文化10年(1813年)4月14日の父の隠居により家督を継いだ。

文政12年(1829年)4月に死去した父の後を追うように、8月27日に死去した。享年27。子が無かったため、叔父の忠栄養子となって跡を継いだ。

関連項目[編集]