青山幸利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
青山幸利
時代 江戸時代前期
生誕 元和2年(1616年
死没 貞享元年8月2日1684年9月11日
改名 石之助(幼名)→幸利
戒名 成覺院殿廓譽一法道山大居士
墓所 兵庫県神戸市中央区楠町大悲山安養寺浄土宗
東京都港区青山長青山寶樹寺梅窓院浄土宗
官位 従五位下大膳亮
幕府 江戸幕府 奏者番
主君 徳川家光家綱綱吉
摂津尼崎藩
氏族 青山氏
父母 父:青山幸成、母:小出氏[1]
養母:小笠原信之
兄弟 幸利幸通幸正幸高堀親昌継室、水谷勝宗正室、松平信久正室(後山口重直室)
正室:加藤明成
幸実松平信興正室
後継者:幸督(青山幸実長男)

青山 幸利(あおやま よしとし)は、江戸時代前期の大名摂津国尼崎藩2代藩主。

生涯[編集]

元和2年(1616年)、初代藩主・青山幸成の長男として生まれる。寛永20年(1643年)に父が死去したため、家督を継いだ。このとき、父の遺言で弟達に合わせて6000石を分与したため、尼崎藩は4万8000石となった。

万治2年(1659年)2月21日に奏者番に任じられる。延宝5年(1677年)、播磨国における天領の検地を務めた。藩政では名のある浪人を登用して家臣団の刷新を行い、治水事業を行っている。

貞享元年(1684年)、死去。享年69。長男・幸実は病弱だったために廃嫡し、幸実の長男・幸督が跡を継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 異説として福永氏。

関連項目[編集]