福釜松平家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福釜松平家(ふかままつだいらけ)は、松平長親の次男・親盛を祖とする松平氏の庶流。

三河国碧海郡福釜(現在の愛知県安城市福釜町)を領したことから福釜松平家と称する。3代・松平親俊から徳川家康に仕え、4代・松平康親のとき、家康の関東転封に従い大番頭となり、下総武蔵の両国に領地を与えられ、禄高は1千石余りとなる。関ヶ原の戦い大坂の陣に加わり、康親は伏見城番を務めるが、大名には取り立てられず旗本どまりで、松平一族のなかでは優遇されなかった。本家は元禄年間、松平康永が嗣子無く没したため絶家となったが、庶流はその後も存続している。

系図[編集]

凡例
1) 実線は実子、点線は養子
2) 数字は家督継承順。
松平長親
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信忠
松平宗家
親盛1 信定
桜井松平家
義春
東条松平家
利長
藤井松平家
 
 
 
 
親次2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
親俊3 元秀 盛次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久恒[1] 康親4 頼重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
康盛5 盛重 康勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
康次 康俊6 康兼 康済 康末 康行 原田種之
 
 
 
 
 
 
康兆7 康兆
 
 
 
 
康永8

脚注[編集]

  1. ^ 酒井忠次四男