松平長親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
松平長親
時代 戦国時代
生誕 文明5年(1473年[1]
死没 天文13年8月22日1544年9月9日
改名 竹千代(幼名)→長親→道閲[2](入道名)
別名 次郎三郎(通称)、長忠、忠次[3]、左京亮
戒名 悼舟院殿一閑道閲
墓所 愛知県岡崎市鴨田町大樹寺
官位 従五位下、蔵人丞、出雲
氏族 松平氏
父母 父:松平親忠、母:閑照院殿(鈴木重勝の娘)
兄弟 親長乗元長親親房
張忠存牛親光長家乗清
正室:月空浄雲大姉松平近宗の娘)
信忠親盛信定義春利長

松平 長親(まつだいら ながちか)は、戦国時代武将松平氏の第5代当主。松平親忠の三男。徳川家康の高祖父。

概要[編集]

明応5年(1496年)、父の隠居で家督を継いで安祥城主・安祥松平家第二代となる[4]。 しかしこの頃、隣国駿河国今川氏親からの攻撃を受けるようになり、長親は苦戦を強いられていた。氏親の家臣であった伊勢盛時(北条早雲)と戦ったこともある。しかし長親は優れた武将で、今川軍の攻撃をよくしのいだ。また、連歌などの教養にも秀でていたと言う。長親は三河国国人領主であった松平氏戦国大名として飛躍させるための基礎を築いた人物であると考えられている。

今川の大軍を退ける[編集]

柳営秘鑑』にある、文亀元年(1501年)9月の項に記されている。

「其後信光公の御孫徳川次郎三郎長親公の御時 文亀元辛酉年九月 今川家大将 伊勢新九郎長氏入道早雲と岩付の城下に於て御合戦御勝利なり。此時の先陣ハ 酒井左衛門尉氏忠入道浄賢 舎弟与四郎親重 并本多 大久保 柳原所なり」

徳川実紀』では、永正3年(1506年)8月20日のこととする[5]

三河物語』等の記述によると、大軍で東三河を制した今川氏親は西三河に進攻、長親は籠城策を採らず野戦を選択。みずから手勢を率いて安祥を出陣。駿・遠と東三河の勢を合わせて1万余という大軍に対し長親は、井田野(現岡崎市井田町周辺)において500余の手勢で迎撃を試みた[6][7]

松平勢の決死の戦いぶりに今川方は戦意の低い東三河勢がまず破られた。その後も長親は新手を撃ち破り、最後は今川軍の大将の伊勢盛時の旗本勢まで打ち崩した。日没後も松平勢はよく持ちこたえ、その夜は矢作川を前に宿陣した。今川軍は思わぬ苦戦の結果、渥美半島田原城から戸田氏にその背後を衝かれることを恐れて、翌朝には東三河の今橋城を経て本国へ撤退した。この勝利で長親の武名は大いに上がり松平党における求心力を増した(なおこの戦いは永正5年(1508年)説もある)[8]。一方、岩津松平家は滅び、長親の安祥松平家が代わって惣領になったものと考えられる[9]

同年、長男の信忠に家督を譲って隠居した。この時点での隠居は早すぎると思われるが真相は不明確。信忠が暗愚だったのを知らなかったためとも、長親自身が1501年の時点ですでに入道していたためともいう。もっとも、その後も信忠・嫡孫清康の後見人として今川軍と戦っている。

晩年の後継者問題[編集]

愛知県岡崎市鴨田町大樹寺内にある松平八代墓の松平長親の墓

隠退後、入道し道閲と号した長親は、なおも信忠を後見・補佐したが、信忠は力量乏しい上に一門衆・家臣団からの信望が薄く松平党が解体の危機に瀕した。そのため、家老・酒井忠尚(将監)の嘆願により道閲・信忠父子は、信忠の隠居と信忠の嫡子清康への家督継承を受け入れた。

晩年は福釜桜井東条藤井と新たに分家を輩出させた息子たちの中で、とりわけ桜井家の信定を偏愛する余り、清康の死後に若くして後を継いだ広忠(長親の曾孫)が信定によって岡崎城から追われた際にも何ら手を打たなかった。このために家臣団の失望を招いたという。

後には広忠と和解、生まれてきた広忠の嫡男(長親から見れば玄孫にあたる)に自分や清康と同じ竹千代と命名するように命じている。後の徳川家康である。しかし、長親の溺愛した信定は広忠の代まで家督に固執して松平氏一族とその家臣団に内紛を引き起こし、結果的には少年時代の家康の苦難の遠因となった。

死去[編集]

天文13年(1544年)8月22日、死去。享年72。

脚注[編集]

  1. ^ 弟の超誉存牛の生年が文明元年(1469年)なので、実際の生年は康正元年(1455年)が有力視されている。
  2. ^ 通称・入道名については『朝野旧聞裒藁』による。
  3. ^ 実名についての考察は下記参考文献の1(pp163 - 164)の「五、第五代 松平長忠」で平野明夫が詳細に解説している。平野は現存文書から「長親」・「忠次」よりも「長忠」を用いた可能性を示唆している。
  4. ^ 下記参考文献の1(pp142-143)、家督継承は父親忠の隠居に伴うものとされ、「岡崎満性寺所蔵・明応五年七月十五日付け親忠文書」および「大樹寺所蔵明応六年七月廿五日付け西忠文書」をめぐり、親忠の隠居時期についての考察がある。
  5. ^ 下記参考文献の3、「東照宮御実記」・巻壱、「…其所属北條新九郎入道早雲を將とし、一萬余の兵を率して永正三年八月廿日庶兄太郎親長が籠りたる岩津の城を攻め囲む…」とある。
  6. ^ 下記参考文献の4
  7. ^ 「松平八代」三河武士のやかた家康館
  8. ^ 下記参考文献の1(pp166 - 181):「永正三河の乱」〜「永正三河の乱の背景」による。
  9. ^ 第1章 岡崎市の歴史的風致形成の背景(PDF:11MB)岡崎市歴史的風致維持向上計画

参考文献[編集]

  1. 平野明夫『三河松平一族』、新人物往来社 2002年、ISBN 4-404-02961-6 C0021
  2. 菊池弥門(原著) 『柳営秘鑑』/写本;松山文庫の印記(一橋大学附属図書館所蔵「幸田文庫」)
  3. 『新訂増補 国史大系38』/成島司直 編 「徳川実記」・第一篇、吉川弘文館、2007年
  4. 大久保忠教(原著)・坪井九馬三(校訂) 『三河物語』(文科大学史誌叢書)、富山房刊 1898年、国立国会図書館
  5. 大久保忠教(原著)・小林賢章(訳) 『三河物語(上)』(教育社新書/原本現代訳11)、1987年、ISBN 4-315-40092-0 C1221