松平信忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
松平信忠
時代 戦国時代
生誕 延徳2年(1490年[1]
死没 享禄4年7月27日1531年9月8日
改名 竹千代(幼名)→信忠→太雲、祐泉[2](法号)
別名 次郎三郎、三郎(通称)、左京亮
戒名 安栖院殿泰考祐泉
墓所 愛知県岡崎市鴨田町大樹寺
官位 従五位下、越前守、左近蔵人
氏族 松平氏
父母 父:松平長親、母:月空浄雲大姉(松平氏?)[3] 
兄弟 信忠親盛信定義春利長
正室:岩倉殿正珊光仲大河内満成の娘)
清康信孝康孝、久(鈴木重直室)、
東姫(大浜道場室)、矢作殿(島田某室)、
娘(吉良持広室)

松平 信忠(まつだいら のぶただ)は、戦国時代武将。安城松平家2代目にして、松平氏宗家第6代当主。 家督継承後に松平党内をまとめることができず、早期に隠退させられて嫡男の清康に家督を譲ったが、その背景には諸説がある。

生涯[ソースを編集]

文亀3年(1503年)8月頃、父・長親の隠居により家督を継いだと推定されるが、実権は長親が握っていたという。家督継承から程無い永正3年(1506年)7月には今川氏親の三河侵攻が始まり、永正5年には西三河の松平領も攻撃を受けた。岩津松平家岩津城伊勢盛時の率いる今川の大軍に包囲されていたが、父道閲の主導の下に安城松平軍は岩津近郊の井田野(現岡崎市井田町周辺)で決死の戦いを挑み、辛くも今川軍を撃退した(永正三河の乱)。

しかし、この今川軍との戦いにも信忠の確かな戦功や軍事的采配の記録は見えず、大久保忠教の『三河物語』では信忠を不器用者(統率者としての器量の無い者)としている。『三河物語』は宗家の「家憲」として当主の具備すべき「武勇・情愛・慈悲」のいずれも信忠には備わっていなかったと指摘し、暗愚・強情な人物とされた。このため、家中衆も民・百姓も怖れおののき、松平一門衆や小侍までもが信忠を慕わず、城に出仕しない者まで多く現れた。また謀反の動きも有ったとされ、これは信忠自身が事前に察知して首謀者を手討ちにしたが、この情況を挽回するには至らなかった。

結局、大永3年(1523年)には一門等が協議の上で信忠の隠居と嫡男清康への家督譲渡の方針が決まり、家老酒井忠尚(将監)が代表して信忠にその意を伝えると、信忠はこれを受け容れ清康に家督を譲って、三河国幡豆郡大浜郷称名寺(愛知県碧南市大浜地区築山町)に34歳にして隠居・出家した[4]。その後は長命した父道閲とともに、まだ若い清康を弼けたとも言われている。

なお、信忠の代から、岩津等の寺院にも寄進状等を出していることから、今川氏らの攻勢で岩津松平家が滅び、代わりに安祥松平家が惣領となったものと伺える[5]

享禄4年7月に隠居先の大浜郷で父に先立ち死去した。

信忠早期隠退の背景[ソースを編集]

愛知県岡崎市鴨田町の大樹寺内にある松平八代墓の松平信忠の墓

信忠が早期に隠退させられた背景には、『三河物語』によれば、長男である信忠に家督を譲り、戦巧者の優れた家臣を付け、能力不足の主君を支えよとの道閲の意志を尊重すべきだという一門衆・家中衆の意見がある一方、一門衆・家中衆の中には不器量の信忠よりも、家憲の3条件を兼ね備えた次男の信定を跡継ぎにすべきという意見もあって、松平党が二派に分裂して紛糾していたとされ、今川氏再侵攻の脅威の中で一門・家中の決定的な衝突を回避する必要があったからだという。

またさらに、現代の研究者達の考察において、実は道閲は次男の信定を偏愛し、不器量の長男・信忠には父子間で対立があったのではという柴田顕正[6]の見方があり、井田野合戦後に壊滅的打撃を蒙った岩津松平家領を安城松平家の直領にしたことが戦功への恩賞をめぐる不満につながったと推定する新行紀一[7]の見解や、恩賞への不満よりもむしろ、井田野合戦後に岩津松平家に代わり安城松平家が惣領家の位置に台頭することで松平党内に軋轢が生じたからではないかという平野明夫[8]の見方もある。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 生年および没年月日は「朝野旧聞裒藁」所載「関野済安聞書」に基づく(参考文献に掲げた松平氏研究者・平野明夫の『三河松平氏一族』(200頁)の指摘による)。
  2. ^ 法号は生前に入道名で太雲や祐泉で署名した文書があり、またそれらに前後して俗名信忠でも署名しているため、出家と還俗を繰り返したという見方もある。『三河物語』は法名太香を挙げるが、残存文書の使用実例は知られていない。
  3. ^ 一説に長沢松平家松平近宗の娘(『朝野旧聞裒藁』)
  4. ^ 清康への家督継承の時期について、平野明夫は松平清康発給文書の初見とされる、「大永3年(1523年)8月12日付書下(稲河文書)」の存在によって証明されるとしている。→参考文献の4、『三河松平一族』 204頁。
  5. ^ 第1章 岡崎市の歴史的風致形成の背景(PDF:11MB)岡崎市歴史的風致維持向上計画
  6. ^ 柴田顕正は初代岡崎市立図書館長。『岡崎市史』全8巻および『岡崎市史別巻 徳川家康と其周囲』全3巻の主たる編纂者。
  7. ^ 愛知教育大学名誉教授・日本史(中世史)研究家。
  8. ^ 千葉県文書館職員・國學院大学兼任講師、中世松平氏の研究家。

参考文献[ソースを編集]

  1. 平野明夫『三河松平一族』、新人物往来社 2002年、ISBN 4-404-02961-6 C0021
  2. 菊池弥門(原著) 『柳営秘鑑』/写本;松山文庫の印記(一橋大学附属図書館所蔵「幸田文庫」)
  3. 『新訂増補 国史大系38』/成島司直 編 「徳川実記」・第一篇、吉川弘文館、2007年
  4. 大久保忠教(原著)・坪井九馬三(校訂) 『三河物語』(文科大学史誌叢書)、富山房刊 1898年、国立国会図書館
  5. 大久保忠教(原著)・小林賢章(訳) 『三河物語(上)』(教育社新書/原本現代訳11)、1987年、ISBN 4-315-40092-0 C1221