コンテンツにスキップ

大樹寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大樹寺

三門
所在地 愛知県岡崎市鴨田町広元5-1
位置 北緯34度59分3.86秒 東経137度9分55.09秒 / 北緯34.9844056度 東経137.1653028度 / 34.9844056; 137.1653028 (大樹寺)座標: 北緯34度59分3.86秒 東経137度9分55.09秒 / 北緯34.9844056度 東経137.1653028度 / 34.9844056; 137.1653028 (大樹寺)
山号 成道山(じょうどうさん)
宗派 浄土宗
本尊 一光千体阿弥陀如来如意輪観世音菩薩
創建年 天文4年(1535年
開基 松平親忠
正式名 成道山 松安院 大樹寺
札所等 三河三十三観音3番
三河新四国八十八ヶ所霊場21番・22番(成道閣)
文化財 多宝塔、絹本墨画淡彩如意輪観音図、大方丈障壁画(重要文化財)
山門、木造阿弥陀如来坐像、絹本著色山越阿弥陀如来図ほか(愛知県指定文化財)
法人番号 5180305000350 ウィキデータを編集
大樹寺の位置(愛知県内)
大樹寺
大樹寺
大樹寺 (愛知県)
テンプレートを表示

大樹寺(だいじゅじ / だいじゅうじ[1])は、愛知県岡崎市鴨田町にある浄土宗寺院徳川氏松平氏)の菩提寺。正式には成道山松安院大樹寺(じょうどうさん しょうあんいん だいじゅじ)と称する。

歴史

[編集]

三河松平家菩提寺の創建

[編集]
松平親忠が築いた千人塚(岡崎市鴨田町字向山)

応仁元年(1467年)8月23日、尾張品野、三河伊保の軍兵が大挙して井田野に攻め寄せた。安城松平家当主の松平親忠は500余騎でこれを迎え撃ち、一夜と半日の戦いで破った。この第一次井田野合戦おける戦死者を弔うため、親忠は現在の岡崎市鴨田町字向山の地に千人塚を築いた[2][3][4][注 1]

その後、文明7年(1475年)になって、塚が振動し、近辺には悪病が流行するようになった。この亡霊を弔うために親忠は塚のほとりに念仏堂を建てた(現在の鴨田町字向山の西光寺)。そして、鴨田の旧館址に一寺を建立した。増上寺開山聖聡の孫弟子の勢誉愚底(せいよぐてい)を講じて七日七夜の間、別時念仏を修し、勢誉愚底を開山としてこの一寺を大樹寺と称した[2][3][6]。寺号の「大樹」は征夷大将軍唐名であり、寺伝では、松平氏から将軍が誕生することを祈願して勢誉愚底により命名されたと伝えられているが、釈迦入滅地の沙羅双樹にちなんだものとの説もある[7]

親忠により大樹寺は安城松平氏の菩提寺とされた。松平郷高月院にあった墓から分骨され、親忠は、先代3代である松平親氏松平泰親松平信光の墓をそれぞれ大樹寺に移設した[8]。なお、信光明寺には現在も親氏、泰親、信光の墓である3基の宝篋印塔が残っており、そのため、大樹寺にある3氏の墓は信光明寺から移転したものとも言われている[9]

天文4年(1535年)、岡崎松平家当主の松平清康により再興され、一層方形二層円形の多宝塔が建立された。

桶狭間の戦いと徳川家康

[編集]
桶狭間の戦い直後の大樹寺での戦いを描いた浮世絵(月岡芳年画)[10]

永禄3年(1560年)5月19日、織田信長今川軍の本陣を急襲。桶狭間の戦いで総大将の今川義元は戦死した。織田方の武将の水野信元は、甥の松平元康(徳川家康)のもとへ、浅井道忠を使者として遣わした。5月19日夕方、道忠は、元康が守っていた大高城に到着し、今川義元戦死の報を伝えた。織田勢が来襲する前に退却するようとの勧めに対し、元康はいったん物見を出して桶狭間敗戦を確認した。同日夜半に退城。岡崎城内には今川の残兵がいたため、これを避けて翌20日、大樹寺に入った。ほどなくして今川軍は岡崎城を退去。23日、元康は「捨城ならば拾はん」と言って岡崎城に入城し、自立への第一歩を踏み出した[11][12][13][14]

確実な記録は存在しないが、5月20日に松平元康が手勢18名とともに寺に入ったときのことで、以下の逸話が大樹寺で代々言い伝えられている。今川軍に寺を囲まれ、追撃に絶望した元康が先祖の松平家の墓前で自害を決意すると、第13代住職登誉天室は問答の末「厭離穢土 欣求浄土」の教えを説いて元康を諭し、切腹を思いとどまらせたと言われている[15][16][17][注 2]。登誉は約500人の僧侶を集めて武器を取らせ、「厭離穢土欣求浄土」と大書した旗を立てて敵に対処したとも言われている[15]

さらに伝承では「家康は以後、戦陣には必ず『厭離穢土欣求浄土』の旗指物を使った」とされているが、これについても確実な記録は存在しない[15][注 3]。また、桶狭間の戦いの直後、三河へ撤退する松平勢に対し、織田勢が追撃戦を行ったとの記録を有する資料も存在しない。近年では、岡崎城への帰還は織田勢の追撃戦に備えるために今川氏の許しを得たものであったとする説もある[19]

江戸期以降

[編集]
元和3年(1617年)に再興された松平八代墓(まつだいらはちだいのはか)[20][21]

慶長7年(1602年)、勅願寺となる。

慶長17年(1612年)1月7日、徳川家康は、三河吉良で狩りをするとして駿府城を発した。14日から数日、吉良で鷹狩に明け暮れたあと、20日に岡崎城に入った。26日、家康は大樹寺に参拝。法要のあと銀50枚を寄せ、さらに松應寺に詣でてて法要を営み、同様に銀50枚を布施した。27日には名古屋城に赴き石垣や堀の工事の指揮をして、29日に岡崎へ帰り、2月2日に岡崎を発ち、2月6日に駿府城に戻った[22]

元和元年(1615年)、家康は墓所の再興を命じた[21]

元和2年(1616年)4月17日、家康が死去。死に際しては、17代住職の了譽(りょうよ)が同席した。家康の死後は、遺言に従い、位牌が収められた。以降、歴代徳川将軍の等身大位牌が大樹寺に収められた[15]。現存する位牌は尾張藩徳川義直寛永5年(1628年)に調進したものと寺では伝えられている。

元和3年(1617年)、畔柳清左衛門寿学が奉行となって、家康の祖先八代を祀るための墓の修復再建と寮舎の修造が行われた。四代親忠の墓が魂場野から当寺に移転され、五代長親、六代信忠、七代清康、八代広忠の墓が再興された(松平八代墓)[20]

寛永13年(1636年)、将軍家光は本堂以下の堂舎の新築を命じた。普請は寛永15年(1638年)2月より始まり、寛永18年(1641年)11月に58棟すべてが完成した。この工事は「寛永の大造営」と一般に呼ばれる[23]

正保元年(1644年)10月18日、家光は、酒井忠勝阿部忠秋阿部重次を召して、大樹寺に東照宮を造営するよう命じた。11月初め、松平正綱と大工頭の木原義久が土地点検のため岡崎に派遣された。結局、東照宮は大樹寺内には造営されず、滝山寺に造営された[24]

安政2年の火災

[編集]
1855年の火災で焼け残った三門
1855年の火災で焼け残った鐘楼
1855年の火災で焼け残った裏門

安政2年(1855年)1月26日夜、勝手の七輪の下から出火。本堂、大方丈、小方丈、御霊殿、開山堂、庫裏、衆寮が焼失した。焼け残ったのは家康・秀忠・広忠の廟所と宝蔵、多宝塔、鐘楼、三門、裏門、塔頭などであった。翌27日、寺は使者を江戸へ出立させた。使者は2月3日夜に増上寺に到着。翌4日に増上寺と寺社奉行に報告書を提出した。このときの書面には「御供所の常香盤の火がこぼれたこと」が原因で出火した旨の記載がなされていた。江戸を発った大樹寺焼跡の見分役3名は2月晦日に岡崎宿に到着した。寺側は七輪の火の不始末が露見しないかと、早くから気を配っていたが、火元の件は問題にされなかったと伝えられている[25]

同年7月29日、洪水で矢作橋が流出。こちらにおいても再建願が幕府に出されたが、矢作橋架け替えは第13代将軍の徳川家定の日光参拝費捻出を理由に許可されなかった[26]

幕閣において大樹寺の再建が正式に決定されたのは安政3年(1856年)2月10日とされる。同年9月、工事が開始。安政4年(1857年)5月、工事完了の儀式である釿納が行われた[27][28]。本尊は、平安末期作の木造阿弥陀如来坐像が京都の泉涌寺からもたらされた。幕府の支出により再建工事は無事完成したが、総建坪は約2割削減され、大方丈の障壁画は描かれなかった。そのため大樹寺は寺費で冷泉為恭に依頼し、障壁画を同年9月に完成させた[7]

ペリー来航に始まる幕末の動乱は安政5年(1857年)9月の安政の大獄を第一の頂点として激化の一途をたどるが、火災がこの年以降に起こっていたら、おそらくは工事はできなかっただろうと言われている[29]

慶応元年(1865年)5月16日、第二次長州征討のため、第14代将軍の徳川家茂は江戸を出発。同月、岡崎城に入り、その翌日、伊賀八幡宮を経由して大樹寺に詣でた。現職の将軍の大樹寺参拝はこれが最初にして最後となった。八ツ半過ぎに大樹寺を発ち、松應寺に立ち寄ったあと、七ツ半過ぎに岡崎城に帰った。そして翌日、西に向かった[30]。無架橋の矢作川は、川舟150隻を使った臨時の船橋で将軍一行を渡河させた[26]

明治以後

[編集]

1873年明治6年)、境内に広元学校(現・岡崎市立大樹寺小学校)が開設される。最初は規模が小さかった同校は次第に規模を拡張していった[31]

1969年昭和44年)4月、岡崎市の家康公墓碑建設委員会(委員長:太田光二市長)によって、松平八代墓の隣に徳川家康の墓碑が建てられた[32][33][注 4]。同月16日、除幕式と開眼供養法要が行われ、その後本堂で徳川宗家本多家の子孫、徳川義宣(尾張徳川家)、日光東照宮宮司、募金協力者、寺院関係者ら500人が集い、三百五十四御神忌法要が営まれた[34]

1973年(昭和48年)から1975年(昭和50年)にかけて三門の修復が行われた。1975年(昭和50年)10月、収蔵庫が完成した[31]

2000年平成12年)8月5日、韓国の仏国寺と友好提携を結んだ。調印式は大樹寺で行われた[35]。仏国寺が日本の寺院と友好提携を結ぶのは、東大寺に次いで2番目[36]

2005年(平成17年)9月、名古屋市東区の高岳院の堀田岳成が大樹寺第63世貫主に就任した[37]

2016年(平成28年)9月23日、静岡市の實相寺の中村康雅が大樹寺第64世貫主に就任した[38][39]

2023年令和5年)1月8日にNHK大河ドラマどうする家康』の放映が開始されると、松平家・徳川家ゆかりの大樹寺も観光客が急増。混雑と事故防止のため、同年2月10日から入口にナンバープレート認識システムが導入され、駐車場が有料化された[40]

歴代将軍位牌

[編集]

大樹寺に安置されている江戸幕府歴代将軍の位牌は、それぞれ将軍の臨終時の身長と同じという説がある。なお、15代将軍慶喜の位牌は大樹寺に置かれていない。これは将軍職を引いた後も存命であったことと、臨終に際し自らを赦免し爵位まで与えた明治天皇に対する恩義から神式で葬られることを遺言したためである[要出典]

以下は各位牌の高さを示す。

  1. 家康:159.0cm
  2. 秀忠:160.0cm
  3. 家光:157.0cm
  4. 家綱:158.0cm
  5. 綱吉:124.0cm
  6. 家宣:156.0cm ※ 増上寺の遺骨改葬時調査による推定身長は160cm前後
  7. 家継:135.0cm ※ 満6歳薨去
  8. 吉宗:155.5cm ※ 身長は六尺(約180cm)あったとも伝えられる。
  9. 家重:151.4cm ※ 増上寺の遺骨改葬時調査による推定身長は156cm前後
  10. 家治:153.5cm
  11. 家斉:156.6cm
  12. 家慶:153.5cm ※ 増上寺の遺骨改葬時調査による推定身長は154cm前後
  13. 家定:149.9cm
  14. 家茂:151.6cm ※ 増上寺の遺骨改葬時調査による推定身長は157cm前後

当時の平均身長から大きく外れているのは綱吉と家継の位牌であるが、これを根拠に綱吉が低身長であった、家継が高身長であった、などの説が存在する。

文化財

[編集]

重要文化財

[編集]
大方丈障壁画(冷泉為恭作)
  • 多宝塔天文4年(1535年)建立、初層平面は方形、二層平面は円形。
  • 絹本墨画淡彩如意輪観音図
  • 大方丈障壁画:冷泉為恭(岡田為恭)筆 49面[注 5]
    • 紙本著色子日(ねのひ)図:23面(上段の間、襖貼付6 壁貼付17)
    • 紙本著色琴棋書画図:4面(上段の間、戸袋貼付)
    • 紙本著色茸狩図:22面(次の間、襖貼付16 壁貼付6)
  • 以下は附指定
    • 紙本著色鶴図:19面(襖貼付16 壁貼付3)
    • 紙本著色牡丹図:15面(襖貼付12 壁貼付3)
    • 紙本著色鉄線花図:16面(襖貼付)
    • 板絵著色杉戸絵:16面(布袋唐子図2、桧時鳥(ほととぎす)図2、鴛鴦(おしどり)図2、蘇鉄猫図2、岩に鷹図2、東遊図2、緑陰浴馬図2、花果籠図2)
    • 紙本墨画春秋山水図:16面(襖貼付)
    • 小方丈杉戸絵:6面(松に桜図2、陶淵明図2、紅葉滝図2)
    • 紙本著色蓮池図:8面(本堂所在、襖貼付)
    • 紙本墨書作画目録:為恭筆 1巻

愛知県指定有形文化財

[編集]
  • 大樹寺伽藍
  • *三門[45]
    • 旧裏一の門・裏二の門[46]
    • 鐘楼[47]
  • 絹本著色山越阿弥陀如来像[48]
  • 絹本著色当麻曼陀羅絵[49]
  • 絹本著色二十五菩薩来迎図[50]
  • 木造阿弥陀如来坐像[51]
  • 木造勢誉上人坐像[52]
  • 大樹寺文書[53]

岡崎市指定文化財

[編集]
  • 大樹寺本堂[54]
  • 大樹寺開山堂[54]
  • 絹本著色勢誉上人像[54]
  • 絹本著色登誉上人像[54]
  • 木造東照権現(徳川家康)坐像[54]
  • 梵鐘[54]
  • 木造雲珠型袖附位牌[54]
  • 木造札型平頭位牌[54]
  • 黒漆嵌装舎利厨子[54]
  • 松平八代墓(史跡)[54]
  • 大樹寺のしい(天然記念物)[54]

大樹寺から岡崎城への眺望景観

[編集]
総門(現在の岡崎市立大樹寺小学校南門)を通して見ることのできる岡崎城天守
ビスタラインの位置図

大樹寺三門前から総門(現在の岡崎市立大樹寺小学校の南門)を通して、岡崎城天守を眺めることができる。岡崎市では、両点を結ぶ約3キロメートルの直線を「ビスタライン」と呼んでいる[55]。大樹寺と岡崎城の地盤の標高差は約5メートルと小さく、その間は緩やかな凹地の地形をなし、約3キロメートル先の岡崎城天守を仰角0.2度で望む。

徳川家光寛永11年(1634年)から1年5か月かけて日光東照宮の大規模改築を行った。先祖の地である岡崎では、大樹寺、伊賀八幡宮六所神社松應寺などの大規模な造営工事を行い、自らは滝山東照宮を建立した。大樹寺においては寛永13年(1636年)年から工事を開始し[45]、「祖父生誕の地を望めるように」との想いから、本堂から三門、総門を通して、生誕城である岡崎城を望むことができるよう伽藍を配置、造営した[28]。以後、現在まで眺望が保たれている。

岡崎城は廃城令により1873年1874年明治6年~明治7年)に解体されたが、1959年昭和34年)に天守閣が再建されたことで[56]、眺望も復活した。以後、住民の協力で慣習的に高層建築は控えられ、ビスタライン下は大半が平屋か2階建ての住宅で、江戸時代と同じ眺望が保たれることとなった[57]

2009年平成21年)1月31日と2月1日のそれぞれ夜間に、ビスタラインがサーチライトの光で再現された。愛知県の「未来型まちづくり」推進事業の一つとして行われた。清水寺の秋の夜間特別拝観のライトアップ時に使用されたサーチライトを総門に設置し、岡崎城に向かって青白い光を照射した[58]

2012年(平成24年)2月、市は「岡崎市景観計画」を策定[59]。岡崎城を望む景観が「景観形成重点地区」に指定され、ビスタライン下に「基準面を超える建造物及び工作物を設置してはならない」という文言が記載された[60]。同計画を実効あるものとするため、3月27日、「岡崎市水と緑・歴史と文化のまちづくり条例」の改正案が市議会で可決された。周知期間を経て、同年7月1日に条例が施行。岡崎市景観計画の運用が開始された[61]

2018年(平成30年)7月1日、同計画が改正。「望景観保全地域(特別地域)」に指定され、ビスタラインの高さ規制が緩やかな規制(勧告)から強制力のある規制(命令)に移行した[60]。なお、大樹寺小学校は校舎とプールの間に渡り廊下を設置する必要があるが、ビスタライン上に位置するため、景観保護のため代わりに地下通路を設置している。

ギャラリー

[編集]

交通アクセス

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 現在、鴨田町字向山の西光寺の境内に「井田野古戦場」の看板が建っている[5]
  2. ^ 大樹寺が大正期~昭和初期に発行した絵葉書のうち、「徳川松平祖先三河八代廟所」のものには「永禄三年五月東照公大高城を逃れて尊父廣忠の墓前に生害を謀られ大樹寺登譽の諫めに依り死を止め給ふ古蹟なり」と記されている。
  3. ^ 19世紀前半に幕府が編纂した『徳川実紀』の「台徳院殿御實紀」には、「元和五年五月五日、大坂夏の陣で家康が京都二条城を出発するとき、岡崎時代からの例にならって、『厭離穢土欣求浄土』の旗を用いた」という趣旨の文言が記載されている[18]
  4. ^ 1969年4月に建てられた徳川家康の墓碑は、久能山東照宮の神廟にも日光東照宮の奥社宝塔にも形が似ているが、参考にしたのは日光東照宮の宝塔であった。文化財保護審議会委員の石田茂作らの意見を取り入れて制作された[32]
  5. ^ 重要文化財に指定された1954年3月20日時点の障壁画の員数は「47面」であった。その後、2008年7月10日付で「49面」に変更された(平成20年文部科学省告示第117号)。これは、上段の間の「子日図」の壁貼付の員数を「15面」から「17面」に変更したためである(追加指定ではなく、数え方の変更)。また、附指定物件のうち蓮池図8面は1959年6月27日付で追加指定されたものである。現在は「国指定文化財等データベース」も「文化遺産データベース」もともに「49面」と記載している[41][42]
  6. ^ かつては、同じ場所にあった名鉄挙母線大樹寺駅が最寄り駅であって、1962年昭和37年)まで東岡崎駅(東岡崎駅前駅)から、1973年(昭和48年)までは上挙母駅豊田市)から直通で到達可能であった。

出典

[編集]
  1. ^ 2014年度 文化財維持・修復事業助成 助成対象”. 公益財団法人住友財団. 2024年2月8日閲覧。
  2. ^ a b 大樹寺の歴史, p. 14.
  3. ^ a b 佐々木洋之「大樹寺の成立過程について -大樹寺と松平親忠-」『印度學佛教學研究』第18巻第1号、日本印度学仏教学会、1969年、331-333頁、doi:10.4259/ibk.18.331 
  4. ^ 『岡崎市歴史的風致維持向上計画』第1章 岡崎市の歴史的風致形成の背景”. 岡崎市ホームページ. p. 107 (2023年7月14日). 2024年1月17日閲覧。
  5. ^ 井田野古戦場”. 岡崎おでかけナビ. 岡崎市観光協会. 2022年6月8日閲覧。
  6. ^ 『岡崎市歴史的風致維持向上計画』第1章 岡崎市の歴史的風致形成の背景”. 岡崎市ホームページ. p. 79 (2023年7月14日). 2024年1月17日閲覧。
  7. ^ a b 『新編岡崎市史 総集編』, pp. 223–224.
  8. ^ 『岡崎市歴史的風致維持向上計画』第1章 岡崎市の歴史的風致形成の背景”. 岡崎市ホームページ. p. 106 (2023年7月14日). 2024年1月17日閲覧。
  9. ^ 『愛知県岡崎市周辺の歴史と石造文化財』岡崎教育委員会、1969年11月1日、45頁。 
  10. ^ 【刀剣ワールド】月岡芳年 作 「三河後風土記之内 大樹寺御難戦之図」(武者絵)”. 刀剣ワールド浮世絵. 2023年1月12日閲覧。
  11. ^ 『岡崎市史別巻 徳川家康と其周圍』上巻、1934年、p. 304-305”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2023年2月7日閲覧。
  12. ^ 『岡崎市史別巻 徳川家康と其周圍』上巻、1934年、p. 306-307”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2023年2月7日閲覧。
  13. ^ 『新編岡崎市史 中世 2』, p. 809.
  14. ^ 『三河物語』 1992, pp. 132–135.
  15. ^ a b c d 成田敏圀(大樹寺責任役員). “厭離穢土 欣求浄土~家康公の平和思想~” (PDF). 岡崎商工会議所. 2017年10月31日閲覧。
  16. ^ 日光東照宮と北極星 厭離穢土欣求浄土の心 神になった男 徳川家康顕彰四百年”. 青森県立図書館. 2022年12月26日閲覧。
  17. ^ 大樹寺の歴史, pp. 36–37.
  18. ^ 徳川実紀 第壱編”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2023年1月24日閲覧。
  19. ^ 丸島和洋「松平元康の岡崎城帰還」『戦国史研究』76号、2016年、P24-25.
  20. ^ a b 大樹寺の歴史, pp. 52–53.
  21. ^ a b c 市指定:史跡 松平八代墓”. 岡崎市ホームページ (2020年9月8日). 2021年7月19日閲覧。
  22. ^ 大樹寺の歴史, p. 49.
  23. ^ 大樹寺の歴史, pp. 54–58.
  24. ^ 大樹寺の歴史, pp. 59–60.
  25. ^ 大樹寺の歴史, pp. 74–77.
  26. ^ a b 『図説 岡崎・額田の歴史』下巻, p. 40.
  27. ^ 大樹寺の歴史, pp. 81–82.
  28. ^ a b 『岡崎市歴史的風致維持向上計画』第2章 01 家康公生誕の地にみる歴史的風致”. 岡崎市ホームページ. p. 119-134 (2023年7月14日). 2024年1月17日閲覧。
  29. ^ 大樹寺の歴史, p. 88.
  30. ^ 大樹寺の歴史, pp. 89–91.
  31. ^ a b 大樹寺の歴史, pp. 92–93.
  32. ^ a b c 「三五三年ぶり〝郷土の土〟に 家康公墓碑 きのう開眼供養法要」 『愛知新聞』1969年4月17日。
  33. ^ 松平家菩提寺、徳川将軍家菩提寺 大樹寺 牧達雄前貫主 墓石建立【東海愛知新聞】”. 稲垣石材店・石のいながき. 2022年6月11日閲覧。
  34. ^ 「小雨の中、開眼供養法要 大樹寺 家康公の墓碑を除幕」 『東海新聞』1969年4月17日。
  35. ^ 『朝日新聞』2000年8月6日付朝刊、愛知1、30面、「韓国の世界遺産・仏国寺、岡崎・大樹寺と友好提携調印 /愛知」。
  36. ^ 『朝日新聞』2000年7月27日付朝刊、2社会、32面、「草の根交流、お寺も 愛知・岡崎の大樹寺と韓国・仏国寺【名古屋】」。
  37. ^ 『中日新聞』2006年10月30日付朝刊、三河版、12面、「堀田新住職を迎えて晋山式 岡崎・大樹寺」。
  38. ^ "浄土宗大樹寺新貫主に中村康雅氏". 中外日報社. 2016年9月29日。
  39. ^ 『おかしん』2022年4月号” (PDF). 岡崎信用金庫. 2022年6月6日閲覧。
  40. ^ a b 大樹寺駐車場リニューアルオープン”. 大樹寺 (2023年2月8日). 2023年2月10日閲覧。
  41. ^ 大方丈障壁画〈岡田爲恭筆〉”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2022年6月8日閲覧。
  42. ^ 大方丈障壁画〈岡田爲恭筆〉”. 文化遺産データベース. 文化庁. 2022年6月8日閲覧。
  43. ^ 大樹寺大方丈”. 文化財ナビ愛知. 愛知県庁. 2013年5月23日閲覧。
  44. ^ 大樹寺総門”. 文化財ナビ愛知. 愛知県庁. 2013年5月23日閲覧。
  45. ^ a b 大樹寺三門”. 文化財ナビ愛知. 愛知県庁. 2013年5月23日閲覧。
  46. ^ 大樹寺旧裏一の門・裏二の門”. 文化財ナビ愛知. 愛知県庁. 2013年5月23日閲覧。
  47. ^ 大樹寺鐘楼”. 文化財ナビ愛知. 愛知県庁. 2013年5月23日閲覧。
  48. ^ 絹本著色山越阿弥陀如来像”. 文化財ナビ愛知. 愛知県庁. 2013年5月23日閲覧。
  49. ^ 絹本著色当麻曼陀羅絵”. 文化財ナビ愛知. 愛知県庁. 2013年5月23日閲覧。
  50. ^ 絹本著色二十五菩薩来迎図”. 文化財ナビ愛知. 愛知県庁. 2013年5月23日閲覧。
  51. ^ 木造阿弥陀如来坐像”. 文化財ナビ愛知. 愛知県庁. 2013年5月23日閲覧。
  52. ^ 木造勢誉上人坐像”. 文化財ナビ愛知. 愛知県庁. 2013年5月23日閲覧。
  53. ^ 大樹寺文書”. 文化財ナビ愛知. 愛知県庁. 2013年5月23日閲覧。
  54. ^ a b c d e f g h i j k 岡崎市指定文化財目録”. 岡崎市ホームページ (2023年7月12日). 2024年1月17日閲覧。
  55. ^ 大樹寺”. 岡崎おでかけナビ. 岡崎市観光協会. 2022年1月5日閲覧。
  56. ^ 『愛知新聞』1959年3月25日、1面、「勇姿、花をふんまえて きょう岡崎城が完成」。
  57. ^ “家康の眺め、遮らせぬ 菩提寺―岡崎城間の景観条例計画”. 朝日新聞. (2012年2月8日). http://www.asahi.com/eco/news/NGY201202070050.html 2021年1月20日閲覧。 
  58. ^ “1月31日と2月1日 ビスタライン 光で再現 県の未来型まちづくり推進事業 大樹寺―岡崎城”. 東海愛知新聞. (2008年12月18日). http://fm-egao.jp/tokai/2008tokai/081218.html 2022年7月19日閲覧。 
  59. ^ 岡崎市議会 平成24年3月 定例会 03月27日-07号”. 岡崎市会議録検索システム. 2022年6月3日閲覧。
  60. ^ a b 大樹寺から岡崎城天守への眺望景観(通称:ビスタライン)の保全に係る規制強化について” (PDF). 岡崎市役所 (2018年4月). 2021年1月28日閲覧。
  61. ^ 岡崎市議会 平成23年12月 定例会 12月05日-23号”. 岡崎市会議録検索システム. 2022年6月3日閲覧。

参考文献

[編集]
  • 『大樹寺文書 上』岡崎市〈岡崎市史料叢書〉、2014年3月。 
  • 『大樹寺文書 下』岡崎市〈岡崎市史料叢書〉、2015年3月。 
  • 新行紀一『大樹寺の歴史』大樹寺、1983年4月17日。 
  • 柴田顕正 編『岡崎市史別巻 徳川家康と其周圍』 上巻、名著出版、1972年10月5日。 
  • 『新編 岡崎市史 中世 2』新編岡崎市史編さん委員会、1989年3月31日。 
  • 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日。 
  • 大久保彦左衛門 著、百瀬明治 訳『三河物語徳間書店、1992年12月31日。 
  • 『図説 岡崎・額田の歴史』 下巻、郷土出版社、1996年4月20日。ISBN 978-4876700806 

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]