伊賀八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊賀八幡宮
Igahachimangu.jpg
随身門(国の重要文化財)
所在地 愛知県岡崎市伊賀町東郷中86
位置 北緯34度58分17.15秒
東経137度9分52.82秒
座標: 北緯34度58分17.15秒 東経137度9分52.82秒
主祭神 応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、東照大権現
社格 県社
創建 文明2年(1470年)
本殿の様式 権現造
例祭 10月第一土曜・日曜
テンプレートを表示

伊賀八幡宮(いがはちまんぐう)は、愛知県岡崎市伊賀町にある神社である。祭神は応神天皇仲哀天皇神功皇后東照大権現

歴史[編集]

文明2年(1470年松平氏4代親忠が松平氏の氏神として創建した。天下人となった徳川家康により社殿の改築が行われた。更に三代将軍家光が社殿を拡張し、祖父家康(東照大権現)を祭神に加えた。江戸時代を通じ、家康の命日である4月17日に将軍の名代として岡崎藩主が代参することが慣習となった。

境内[編集]

  • 本殿
    • 慶長年間に徳川家康によって造営された。国の重要文化財である。
  • 随身門
    • 神域を守る随神様を門の両側に祀っている。同じく国の重要文化財である。
  • 石橋
    • 同じく国の重要文化財だが、現在は渡ることはできない。

文化財[編集]

重要文化財
  • 本殿、幣殿、拝殿 附宮殿1基、棟札4枚
  • 透塀
  • 御供所
  • 随身門
  • 神橋
  • 鳥居
岡崎市指定文化財
  • 伊賀八幡宮末社上総社社殿、牟久津社社殿[1]
  • 木造随身像(附 像内納入銘札1枚)[1]

主な祭礼[編集]

  • 月次祭(毎月1・15日)
  • 武者的神事(大寒の日)
    • 檜の的板に矢を射放ち、的板の割れ具合によって一年の豊凶を占う。
  • 節分厄除祭(立春前日)
  • 祈年祭(2月17日)
  • 東照宮祭(4月17日)
  • 茅の輪神事(6月晦日)
  • 例大祭(10月第1土・日曜日)
  • 新嘗祭(勤労感謝の日)

ギャラリー[編集]

石鳥居 
拝殿 
御供所 
さざれ石 
家康行列の出陣式 
鳥居 

脚注[編集]

  1. ^ a b 岡崎市指定文化財目録”. 岡崎市. 2013年5月29日閲覧。

外部リンク[編集]