信光明寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
信光明寺
Shinkomyoji.jpg
観音堂
所在地 愛知県岡崎市岩津町東山47
位置 北緯35度0分10.61秒
東経137度10分30.34秒
座標: 北緯35度0分10.61秒 東経137度10分30.34秒
山号 弥勒山
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 1451年宝徳3年)
開山 釈誉存冏
文化財 観音堂(重要文化財
地図
信光明寺の位置(愛知県内)
信光明寺
法人番号 3180305000154
テンプレートを表示

信光明寺(しんこうみょうじ)は、愛知県岡崎市岩津町東山にある浄土宗寺院。山号は弥勒山。本尊阿弥陀如来

概要[編集]

1451年宝徳3年)、松平信光が、増上寺開山聖聡の弟子で、下総国飯沼弘経寺茨城県常総市)から三河に布教に来ていた千葉氏出身の釋誉存冏(そんげい)を開山として創建した。

1478年文明10年)、法堂(現・観音堂、重要文化財)を建立。観音堂は初めは比叡山から迎えた釈迦像が安置されていたが、現在は観音像が祀られている。翌文明11年2月13日後土御門天皇勅願所とされた。

1481年(文明13年)松平信光の孫存牛(のちに浄土宗総本山知恩院25世)が当寺開山存冏のもとで出家し、1511年永正8年)には信光明寺3世となった。

1570年元亀元年)から1572年(元亀3年)にかけて、武田信玄三河国侵入の際、戦闘で法堂の外は焼失したが、のち徳川家康の命で再建された。1602年慶長7年)、朱印地120.82石を寄進された。

近世は徳川家光先祖菩提所として幕府によって修復が施され、1663年寛文3年)には常紫衣綸旨を受けた。

境内には酒井広親石宝塔や松平親氏松平泰親・松平信光3代の墓がある。また、岩津保育園(1951年創立)という私立保育園が隣接している[1]

文化財[編集]

以下の物件が文化財に指定されている[2]

重要文化財

指定名称 種別 指定年月日 所在地
信光明寺観音堂(附棟札) 建造物 1904年(明治37年)2月18日 信光明寺

市指定文化財

指定名称 種別 指定年月日 所在地
酒井広親石宝塔 建造物 1967年(昭和42年)09月14日 信光明寺
絹本著色山越阿弥陀如来像 絵画 1960年(昭和35年)06月10日 岡崎市美術博物館
絹本著色雲中来迎阿弥陀如来像 絵画 1960年(昭和35年)06月10日 岡崎市美術博物館
絹本著色釈迦如来像(附軸金具) 絵画 1960年(昭和35年)06月10日 岡崎市美術博物館
絹本著色超誉上人像 絵画 2007年(平成19年)12月18日 岡崎市美術博物館
雲版 工芸品 1960年(昭和35年)06月10日 岡崎市美術博物館
双盤 工芸品 1960年(昭和35年)06月10日 岡崎市美術博物館
孔雀文磬 工芸品 2006年(平成18年)12月21日 信光明寺
紙本墨書後柏原天皇綸旨 書跡 1960年(昭和35年)06月10日 岡崎市美術博物館
紙本墨書後土御門天皇綸旨 書跡 1960年(昭和35年)06月10日 岡崎市美術博物館

交通手段[編集]

  • 名鉄バス奥殿陣屋行き 岩津天神口下車 東300メートル

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『新編 岡崎市史 総集編 20』 新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、200-201頁。
  • 『岡崎 史跡と文化財めぐり』 岡崎市役所2003年1月1日、217-219頁。