矢作橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
現在の矢作橋
国道1号標識

矢作橋(やはぎばし)は、愛知県岡崎市を流れる矢作川にかかるであり、橋上を通るのは東海道国道1号)である。この地は古くから交通の要衝であった。

地図

概要[編集]

橋の東の八帖町八丁味噌で知られ、橋の袂の味噌工場が味噌の香りを漂わせている。

矢作橋は慶長6年(1601年)に土橋として架けられ、その後何度も大水に流され改修を繰り返してきた。架橋がみだりにできなかった江戸時代には日本最長の大橋であった。現在の矢作橋は東海道に架かっていた橋よりも少し南側に位置し、さらにもう少し南へ下ると名鉄名古屋本線矢作橋駅岡崎公園前駅を結ぶ鉄橋(矢作川橋梁)が架かっている。

1913年(大正2年)10月5日、県の事業により工費約7万円で旧橋より95メートルほど上流に長さ150間、幅3.5間の橋が架設された。

1945年(昭和20年)1月13日、三河地震で橋が落ちる。1951年(昭和26年)8月13日、15代目の橋が竣工。

老朽化や耐震化などの観点から新橋への掛け替え工事を2006年(平成18年)10月に着手、2011年(平成23年)3月13日に16代目の橋が完成した。新しい橋の車道の幅員は、従来の3.25mから3.5mに広がり、歩道の幅員もそれまでの1.75mから3mに広がった。車線数は現行通りの片側二車線である。なお、現代の矢作橋の橋長は300mである。

出合之像[編集]

日吉丸(幼い頃の豊臣秀吉)は、八歳の時に奉公に出され、12歳の時に奉公先の陶器屋から逃げ出した。矢作橋の上で寝ていたところ、付近を荒らしていた野武士の一団が通りかかり、その頭が日吉丸の頭を蹴ったところ日吉丸はこれを咎め、侘びていけと頭を睨みつけた。この頭は海東郡蜂須賀村に住んでいた小六正勝であり、日吉丸の度胸の大きさを買って手下にしたという。しかし実際には、矢作橋が架けられた1601年には豊臣秀吉は幼少時代どころか既に亡くなっているため、この話は作り話であるとされている。

1988年(昭和63年)12月、市内の電気機器メーカーの経営者が「岡崎市の西の入口を飾るモニュメントとして建て、街づくりに役立ててほしい」と市に寄付を申し出て、約1年がかりで「出合之像」は製作された。岡崎産のみかげ石づくりで、矢作橋の西詰め北側に建立された[1]

掛け替え工事のため、2006年(平成18年)2月から一時的に「出合之像」は撤去されたが、架け替え及び旧橋撤去の工事終了後の2014年(平成26年)1月に元の場所に戻された。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東海愛知新聞』1990年2月25日、1面、「日吉丸と小六の伝説を〝再現〟 矢作橋西詰めに石像」。

参考文献[編集]

  • 『新編 岡崎市史 史料 近代下 10』新編岡崎市史編さん委員会、1987年9月30日、634-637頁。
  • 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、400頁、504頁。


座標: 北緯34度57分33.9秒 東経137度8分54.6秒 / 北緯34.959417度 東経137.148500度 / 34.959417; 137.148500