木津川大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木津川大橋
南東側より撮影した木津川大橋の画像(2012年1月8日撮影。橋脚の上流側に拡幅の跡が見て取れる。)
基本情報
日本
所在地 八幡市久御山町
交差物件 木津川
建設 1966年3月
構造諸元
全長 398.40m
22.70m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

木津川大橋(きづがわおおはし)は、京都府八幡市と京都府久世郡久御山町の間の木津川に架かる国道1号に指定され、京阪国道として重要な役割を果たしている。

概要[編集]

1966年昭和41年)3月に、現在の京都府道・大阪府道13号京都守口線バイパスとなる枚方バイパスとして開通した。21世紀に入り、さらにそのバイパスである第二京阪道路の供用が開始されたため、バイパス道路としての役割を譲りつつあるが、依然として交通量は多い。

中央分離帯歩道(両側2.5m)・街路灯付きの四車線で、制限速度は60km/hとなっている。

沿革[編集]

  • 1966年3月 - 開通
  • 1979年度 - 拡幅工事(歩道・中央分離帯設置工事)着工
  • 1984年度 - 拡幅工事(歩道・中央分離帯設置工事)竣工

参考文献[編集]

  • 建設省近畿地方建設局 京都国道工事事務所「京都国道事務所 40年のあゆみ」127頁,2000年3月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]