小夜の中山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小夜の中山
小夜の中山の夜泣き石
小夜の中山の夜泣き石
所在地 静岡県掛川市
座 標 北緯34度48分58秒 東経138度5分51秒 / 北緯34.81611度 東経138.09750度 / 34.81611; 138.09750座標: 北緯34度48分58秒 東経138度5分51秒 / 北緯34.81611度 東経138.09750度 / 34.81611; 138.09750
標 高 252 m
通過路 Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号小夜の中山トンネル
Japanese National Route Sign 0001.svg島田金谷バイパス
Japanese National Route Sign 0001.svg日坂バイパス
静岡県道381号島田岡部線
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

小夜の中山(さよのなかやま)または佐夜の中山(読みは同じ)は、静岡県掛川市佐夜鹿(さよしか)に位置する。最高点の標高は252m。古くは遠江国の東部に属し、宿場では金谷宿日坂宿の間に当たる。頂上には真言宗の久延寺、西側の麓の日坂宿の入口には事任八幡宮があり、多くの人々が旅の安全を願って立ち寄ったと伝わるほか、遠州七不思議の一つで、赤ん坊の泣き声を発したとの伝説を持つ夜泣き石がある。

歴史[編集]

古くから、箱根峠鈴鹿峠と列んで、東海道の三大難所として知られる。また歌枕として古今集などで歌われ、鎌倉時代初期に西行法師が詠み新古今和歌集に入れられた「年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり小夜の中山」の歌碑などが存在する。

建武2年(1335年)の中先代の乱では、北条時行足利尊氏双方の軍が衝突し、同年8月12日(1335年9月7日)に小夜中山合戦を行ない、今川頼国により名越邦時が討ち取られた。頼国の手による邦時の墓、とされる鎧塚が今も残る。戦国時代にもしばしば合戦場となっている。

1880年(明治13年)には、小夜の中山を越えるルートではなく、現在の北側の沢伝いを開削した峠を越える中山新道(現在の国道1号および静岡県道381号島田岡部線の旧金谷宿までの区間)が建設された。当初は有料道路だったが、東海道本線菊川伝いに下って迂回する経路で建設された)の開通により利用者が減少したことなどから、1902年(明治35年)に静岡県に買い取られて無料化、1905年(明治38年)に国道となり[1]1932年(昭和7年)に小夜の中山トンネルが建設された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中山新道開通と御林開拓『杉本権蔵』”. お茶街道. カワサキ機工. 2012年5月14日閲覧。

関連項目[編集]