金谷宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
歌川広重「東海道五十三次・金谷」
葛飾北斎「東海道金谷の不二」
歌川広重「五十三次名所図会 廿五 金谷」

金谷宿(かなやしゅく、かなやじゅく) は、東海道五十三次の24番目の宿場である。遠江国最東端の宿場町である。

現在の静岡県島田市金谷。大井川の右岸(京都側)にあり、牧之原台地が迫る狭隘な場所であるが、増水で大井川の川越が禁止されると、江戸へ下る旅客が足止めされ、島田宿と同様、さながら江戸のような賑わいをみせた。

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ[編集]

関連作品[編集]

隣の宿[編集]

東海道
島田宿 - 金谷宿 - 日坂宿

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 旧東海道金谷坂石畳島田市観光協会
  2. ^ 長唄集 : 新撰節入杵屋露友 撰 (春江堂, 1916)
  3. ^ 金谷丹前日本大百科全書

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、金谷宿に関するカテゴリがあります。

座標: 北緯34度49分22秒 東経138度07分43秒 / 北緯34.822700度 東経138.128741度 / 34.822700; 138.128741