掛川バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道1号標識
掛川バイパス
路線延長 9.4 km
開通年 1981年
起点 静岡県掛川市
主な
経由都市
掛川市
終点 静岡県掛川市
接続する
主な道路
記法
日坂バイパス
袋井バイパス
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

掛川バイパス(かけがわバイパス)は、静岡県掛川市内を通り、掛川市中心部を迂回する国道1号バイパスである。有料道路(2005年に無料化)であったため、旧道は国道1号の指定が残っていたが、旧道が静岡県道415号日坂沢田線に指定変更されたため、当バイパスが国道1号の本線となった。

概要[編集]

掛川バイパス、静岡県掛川市宮脇にて

信号が全くないバイパスであるが、無料開放後交通量が増加し続け、飽和状態になり、当バイパス内でも所々で交通の流れが停滞しやすくなっている。特に大池IC付近 - 西郷IC付近の区間では、上下線ともに上り勾配があるため、速度低下が起こりやすく、朝夕の通勤ラッシュの時間帯以外でも不定時に渋滞が発生する。2010年代以降、近隣の磐田・袋井バイパスまたは静清バイパスの拡幅や新東名高速道路の開通に伴う沿線開発で、東名や新東名を避ける中長距離ドライバーや大型車両の利用が増加し、この傾向により拍車をかけている。さらに、全線に亘り片側1車線で中央分離帯が設置されていないため、対向車との衝突事故も増加傾向にある。

自動車専用道路ではないので、50cc以下の原付も通行可能。

  • 起点 : 静岡県掛川市八坂
  • 終点 : 静岡県掛川市領家
  • 全長 : 9.4 km
  • 車線数 : 暫定2車線

沿革[編集]

接続するバイパスの位置関係[編集]

(東京方面)日坂バイパス - 掛川バイパス - 袋井バイパス(大阪方面)

インターチェンジなど[編集]

施設名 接続路線名 備考 所在地
国道1号日坂バイパス静岡沼津方面
八坂IC 静岡県道415号日坂沢田線 浜松・静岡方面出入口 掛川市
千羽IC 静岡県道270号方の橋薗ケ谷線
宮脇IC
料金所 - 2005年3月30日閉鎖
西郷IC 静岡県道39号掛川川根線 浜松・静岡方面出入口
大池IC 静岡県道40号掛川天竜線
沢田IC 静岡県道415号日坂沢田線
国道1号(袋井バイパス浜松豊橋方面

主なトンネルと橋[編集]

橋一覧
  • 寺ヶ谷高架橋(八坂IC - 千羽IC)
  • 宮脇橋(宮脇IC)
  • 水垂橋(宮脇IC - 西郷IC)
  • 初馬川橋(宮脇IC - 西郷IC)
  • 西郷橋(西郷IC)
  • 倉真川橋(西郷IC - 大池IC)【倉真川
  • 上屋敷高架橋(西郷IC - 大池IC)
  • 大池新橋(大池IC)
  • 第一垂木川橋(大池IC - 沢田IC)【垂木川】
  • 二俣跨線橋(大池IC - 沢田IC)【天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線
  • 第二垂木川橋(大池IC - 沢田IC)【垂木川】
  • 沢田橋(沢田IC)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広報かけがわ 2015年3月号 (PDF)”. 掛川市. p. 20 (2015年3月1日). 2015年3月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]