神奈川県道44号伊勢原藤沢線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
神奈川県道44号標識
神奈川県道44号伊勢原藤沢線
地図
神奈川県道44号伊勢原藤沢線の位置(神奈川県内)
伊勢原
伊勢原
田村

西久保
西

藤沢本町
藤沢本町
主な経由地
路線延長 17.2 km(実延長)
制定年 未調査
開通年 未調査
起点 神奈川県伊勢原市田中
主な
経由都市
平塚市
高座郡寒川町
茅ヶ崎市
終点 神奈川県藤沢市本町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0246.svg国道246号
Japanese National Route Sign 0129.svg国道129号
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
神奈川県道44号標識(高座郡寒川町一之宮、2006年撮影。なお現在この場所は経路変更により指定区間から外れている)

神奈川県道44号伊勢原藤沢線(かながわけんどう44ごう いせはらふじさわせん)は、神奈川県伊勢原市藤沢市を結ぶ主要地方道江の島から田村(平塚市)を経由し、大山へ向かう田村通り大山道が元になっている道路である。

概要[編集]

伊勢原市から主要地方道丸子中山茅ヶ崎線が分岐する茅ヶ崎市までは、大型車同士のすれ違いも問題のない2車線道路が続く。高座郡寒川町や茅ヶ崎市内の区間においては、湘南銀河大橋の開通および首都圏中央連絡自動車道(圏央道)茅ヶ崎ジャンクションの建築と合わせて進められる都市計画道路藤沢大磯線の整備により道路状況の改善が進み、一部区間は新湘南バイパスの高架下道路が県道に指定されている。茅ヶ崎市から藤沢市の終点にかけては、江戸時代大山街道から未改良の狭隘区間が続く。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 2010年平成22年)12月22日 - 都市計画道路藤沢大磯線(田端二本松交差点 - 茅ヶ崎インター交差点間)が暫定二車線で開通[2]
  • 2014年(平成26年)3月24日 - 都市計画道路藤沢大磯線(田端二本松交差点 - 茅ヶ崎インター交差点間)が四車線で供用開始[3]

路線状況[編集]

通称[編集]

都市計画道路名[編集]

  • 平塚都市計画道路3・3・6号湘南新道(東真土2丁目交差点 - 田端二本松交差点間)
  • 都市計画道路藤沢大磯線(田端二本松交差点 - 茅ヶ崎インター交差点間)

重複区間[編集]

大山街道入口交差点

道路施設[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路・鉄道路線・河川[編集]

旧道[編集]

田村十字路から神奈川県道47号藤沢平塚線に重複して一之宮小学校入口交差点まで至る経路が元々指定されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 路線認定上の起点は伊勢原市東大竹。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]