湘南銀河大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
湘南銀河大橋
Shonangingaohasi.jpg
湘南銀河大橋、2010年4月
基本情報
日本の旗 日本
所在地 神奈川県平塚市高座郡寒川町
交差物件 相模川
座標 北緯35度21分12.8秒 東経139度22分11.7秒 / 北緯35.353556度 東経139.369917度 / 35.353556; 139.369917
構造諸元
形式 3径間連続鋼斜張橋
全長 520m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

湘南銀河大橋(しょうなんぎんがおおはし)は、相模川にかかる道路橋である。神奈川県高座郡寒川町平塚市を結び、神奈川県道44号伊勢原藤沢線(湘南新道)を通す。

概要[編集]

本橋開通前は、国道1号馬入橋とその上流の神川橋の間は約2.8km開いており、どちらも片側1車線であるため慢性的な渋滞が生じていた[1]。両橋のほぼ中間の位置に3径間連続鋼斜張橋構造で建設され[2]1998年に片側1車線で暫定開通[1]

橋の名称は公募され、2371通の応募の中から「天にそびえる2本の塔に支えられ相模川をまたぐ壮大さと360度の広がりで見渡せる湘南の雄大な展望に、無限に広がる宇宙の夢、希望」(選考理由より)をイメージした「湘南銀河大橋」に決定した[3]2007年7月までに片側2車線で本供用し、国道129号とも接続した。

本橋の開通により、馬入橋や神川橋の渋滞に改善が見られた[4]。本橋を含む湘南新道は平塚市の外郭環状道路と位置づけられ、さがみ縦貫道路寒川南IC新湘南バイパス茅ヶ崎中央ICへのアクセス道としても利用される[5]。本橋は1998年に、全日本建設技術協会主催による全建賞を受賞している[6]

近隣の橋[編集]

(上流)- 神川橋 - 湘南銀河大橋 - 馬入橋 - 馬入川橋梁 - 湘南大橋 -【河口】

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 隘路解消となるか?増設進む相模川の橋(神奈川県高等学校教科研究会社会科部会地理分科会)
  2. ^ 製品情報-斜張橋JFEエンジニアリング
  3. ^ 「「湘南銀河大橋」に決まる」『毎日新聞』1998年7月29日付朝刊神奈川地方面
  4. ^ 平成23年度主要事業 - 神奈川県Microsoft Word
  5. ^ “湘南新道 延伸へ”. タウンニュース平塚版. (2010年4月15日). http://www.townnews.co.jp/0605/2010/04/15/44614.html 2014年6月29日閲覧。 
  6. ^ 平成10年度全建賞