神奈川県道・東京都道52号相模原町田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
神奈川県道52号標識
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
東京都道52号標識
神奈川県道52号相模原町田線
東京都道52号相模原町田線
路線延長 12.714 km
起点 神奈川県相模原市南区当麻
終点 東京都町田市中町
接続する
主な道路
記法
C4首都圏中央連絡自動車道
Japanese National Route Sign 0016.svg国道16号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

神奈川県道・東京都道52号相模原町田線(かながわけんどう・とうきょうとどう52ごう さがみはらまちだせん)は、神奈川県相模原市南区当麻と東京都町田市中町を結ぶ県道および都道主要地方道)である。

概要[編集]

全区間を通して交通量が非常に多く、特に北里大学病院 - 若松3丁目交差点の区間はいつも渋滞しており、この区間を通る路線バスは遅れる事が多い。この区間は、通称「北里通り」と呼ばれる。

町田街道も含め、旧相模原市市域の南北を縦断している幹線道路に全て接続(旧16号、国道16号、木もれ日通り(中央大通り)、村富線旧大山道旧129号国道129号)、東京都道・神奈川県道48号鍛冶谷相模原線)の全てに連絡する東西を結ぶ路線であるため、随所に混雑する。

神奈川県道・東京都道52号相模原町田線は右奥からきて、ここで終点となる。東京都道・神奈川県道3号世田谷町田線、東京都道18号府中町田線(重複区間)は、手前から左奥へ続く(東京都町田市)
神奈川県道・東京都道52号相模原町田線と八瀬川(神奈川県相模原市南区当麻)

路線データ[編集]

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 北里通り(鵜野森交差点以西)
    • フィッシングパーク通り(下原交差点先 - 相模原公園入口交差点)[2]
    • 北里けやき通り(相模原公園入口交差点 - 木もれびの森入口交差点)[2]
  • 鎌倉街道(町田市内、東京都道18号府中町田線とともに東京都通称道路名設定公告整理番号66)

重複区間[編集]

道路施設[編集]

橋梁[編集]

交通状況[編集]

平成22年(2010年)時点での相模原町田線の交通状況について、

  • 神奈川県相模原市南区内を通る本道路の交通については以下の通りになっている[3]
交通調査地点 昼間12時間自動車類交通量 24時間自動車類交通量 道路部幅員 車道部幅員 車道幅員 歩道幅員 車線数
小型車 大型車 合計 小型車 大型車 合計 上り 下り
相模原市南区当麻2311 8883台 2542台 11425台 12759台 3579台 16338台 14.70m 10.50m 7.60m 2.60m 1.60m 2
相模原市南区東大沼3-30-25 13606台 2658台 16264台 19631台 3789台 23420台 9.60m、13.80m 6.60m、9.00m 6.20m、6.20m 1.70m、2.40m 1.30m、2.40m 2
相模原市南区鵜野森1-38 10537台 1340台 11877台 14937台 2166台 17103台 13.80m 9.00m 6.20m 2.40m 2.40m 2

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

周辺施設[編集]

相模原市南区内

町田市内

路線バス[編集]

この相模原町田線内全てに神奈川中央交通グループの営業路線バスが通っているが、相模原市内の北里通りには神奈川中央交通東相模原営業所のバスが、町田市内の鎌倉街道から町田駅方面には神奈川中央交通町田営業所多摩営業所のバスがそれぞれ運行しているため運用区分が異なる。また起点側の県道508号との重複区間内の本道路には神奈川中央交通東の厚木営業所のバス(主に原当麻駅発着)も一部通過している。

脚注[編集]

  1. ^ 『東京都道路現況調書 平成28年度』東京都建設局道路管理課、2016年1月、82頁。
  2. ^ a b 道路の愛称相模原市
  3. ^ 道路交通センサス一般交通量調査箇所別基本表(PDF).神奈川県. 平成22年度. 25、26ページ参照。

関連項目[編集]