東京都道236号青ヶ島循環線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
東京都道236号標識

東京都道236号青ヶ島循環線(とうきょうとどう236ごう あおがしまじゅんかんせん)は、東京都青ヶ島村三宝港を起点とし、青ヶ島を一周して再び同地にいたる循環線の形態を持つ東京都の都道である。 三宝港から島の西側を通って集落へ向かう都道は、2001年の群発地震による崩落のため通行不能になっている。同都道を使い東回りで池之沢方面に行くには、1981年に大崩壊した村道8号[1]の残所越があり、それを回避するために1985年に青宝トンネルが開通しバイパスしている。峠はオタセ越(西部)、残所越、流し坂(東部)がある。

通過する自治体[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『季刊防災vol.79』所収「青ケ島トンネル」より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]