東京都道473号新富晴海線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特例都道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
東京都道473号標識
東京都道473号
新富晴海線
路線延長 2182m
起点 東京都中央区
終点 東京都中央区
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
佃大橋(2007年9月)

東京都道473号新富晴海線(とうきょうとどう473ごう しんとみはるみせん)は、東京都中央区新富と同区晴海を結ぶ特例都道である。延長2182m。

概要[編集]

当都道は隅田川佃大橋朝潮運河朝潮大橋で渡る。また佃大橋と朝潮大橋を新月陸橋でつなぐ。佃大橋通りともよばれる。

全区間、東京都中央区を経由する。

路線データ[編集]

  • 東京都中央区新富2丁目(新大橋通り交点、入船橋交差点)
  • 東京都中央区晴海1丁目(晴海通り交点、春海橋西交差点)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

接続する鉄道路線[編集]

東京メトロ有楽町線は本路線の全区間と並行している。

その他[編集]

東京都道473号新富晴海線周辺は高低差が激しい為、東京マラソンの難所と呼ばれている。

ただし東京マラソンでは東京都道473号新富晴海線は佃大橋通りと呼ばれる。

関連項目[編集]