新富 (東京都中央区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 中央区 > 新富
新富
—  町丁  —
新富の位置(東京23区内)
新富
新富
新富の位置
座標: 北緯35度40分19.71秒 東経139度46分28.06秒 / 北緯35.6721417度 東経139.7744611度 / 35.6721417; 139.7744611
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Chuo, Tokyo.svg 中央区
地域 京橋地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 2,065人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 104-0041[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川

新富(しんとみ)は、東京都中央区地名で、旧京橋区にあたる京橋地域内である。現行行政地名は新富一丁目及び新富二丁目。郵便番号は104-0041[2]

概要[編集]

中央区役所に隣接する土地柄、行政機関やオフィスビルが多数立ち並ぶである。住居表示以前は「新富町」であり、現在も地下鉄駅名の影響から通称として「新富町」と呼ばれる。 西に銀座、北に八丁堀、東に入船、南に築地が位置し、入船・築地・明石町同様、域内のビル・マンション名に「銀座」を含むものが多い。

地理[編集]

京橋地域のほぼ中央に位置する。

新島原夜桜之図、歌川芳虎、明治初期
明治15年ごろの新富座(現在は京橋税務署が建つ)

歴史[編集]

当地域は江戸時代には武家地であった。1868年明治元年)、築地の外国人居留者を目当てにした新島原遊郭が置かれた。新吉原遊郭の中万字屋弥兵衛、中屋宗四郎の2人が願い出て、新たに借地を賜ったものである。碁盤の目に整地された新島原には、松が枝町、初音町、呉竹町、梅が枝町、千歳町、桜木町、八重咲町、青柳町の町名が付けられ、新吉原、京都の島原、大阪の新町と並ぶ大規模な遊郭となった。

しかし、翌年の大暴風雨で妓楼の中万字屋が吹き倒されたのをはじめ[4]、思い通りの集客が得られず、1871年(明治4年)6月取り払いを命じられ、遊郭は新吉原に移転し、新富町が成立した。隣接の大富町の一部も編入され[5]、町家の続く新富町1丁目から7丁目へと改変された[6]。翌年の明治5年に新富座が開場され、周囲に芝居茶屋も建ち並んで賑わったが、のちに新富座は関東大震災により焼失し、そのまま再建されることなく廃座となった。震災直前の1922年(大正11年)の記録では、新富町は料理屋約10軒、待合約40軒、置屋約80軒を抱える三業地(花街)であり[7]、劇場があることから新富芸者は櫓下芸妓として広く知られた[5]。1930年ごろには、料亭は6軒、待合と置屋は60軒以上、芸妓は180名を数えたが[5]、戦後廃れていった。

1971年昭和46年)、住居表示の実施にともなう町名変更で「町」の字がなくなり、「新富」の地名となる。現在は主にオフィスビルと中小の商店、住宅が混在する地域となっている。

地名の由来については、旧来からの大富町に対して付けられたという説と、新島原と大富町からそれぞれ一字をとったという説がある。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
新富一丁目 759世帯 1,128人
新富二丁目 611世帯 937人
1,370世帯 2,065人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

丁目 番地 小学校 中学校
新富一丁目 全域 中央区立京橋築地小学校 中央区立銀座中学校
新富二丁目 全域

施設[編集]

施設
  • 新富区民館
機関
企業

観光[編集]

名所史跡
  • 新富座跡 - 現:京橋税務署に所在していた

交通[編集]

鉄道
バス
道路
首都高速道路・出入口
陸橋
  • 新金橋 - 首都高速都心環状線上
  • 新富橋 - 首都高速都心環状線上
  • 三吉橋 - 首都高速都心環状線上

脚注[編集]

  1. ^ a b 町丁目別世帯数男女別人口”. 中央区 (2017年12月5日). 2017年12月31日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月31日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月31日閲覧。
  4. ^ 朱絃舎浜子長谷川時雨、1938(昭和13)年、青空文庫
  5. ^ a b c 『三都花街めぐり』松川二郎、誠文堂、1932年、p68
  6. ^ 新島原遊郭『足の向く儘: 史蹟巡礼』三田村鳶魚、雄山閣, 1924、p153-157
  7. ^ 『料理待合芸妓屋三業名鑑 : 附・貸座敷、公周旋. 大正12年度』日本実業社、1922年、p55
  8. ^ 区立学校一覧”. 中央区 (2017年8月17日). 2017年12月31日閲覧。
  9. ^ 警視庁高速道路交通警察隊 Archived 2013年6月22日, at the Wayback Machine. 隊本部。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]