長谷川時雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長谷川 時雨
(はせがわ しぐれ)
Shigure Hasegawa.jpg
(1928年 - 1929年)
『女人芸術』発刊の頃
誕生 1879年10月1日
東京府日本橋区(現東京都中央区
死没 1941年8月22日
東京府東京市四谷区(現東京都新宿区
墓地 總持寺
職業 作家、婦人運動推進者
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1901年 - 1941年
ジャンル 戯曲・小説
代表作 『江島生島』(戯曲)、
『旧聞日本橋』(小説)、
『評釋一葉小説全集』(評論)
デビュー作 『うづみ火』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

長谷川 時雨(はせがわ しぐれ、1879年明治12年)10月1日 - 1941年昭和16年)8月22日)は、劇作家・小説家。雑誌や新聞を発行して、女性の地位向上の運動を率いた。本名、長谷川ヤス。画家・随筆家の長谷川春子は末妹。

生涯[編集]

東京府日本橋区通油町1丁目(現在の東京都中央区日本橋大伝馬町3丁目)に、深造・多喜の長女として生まれた。深造は日本初の免許代言人(弁護士)の一人で、東京市会の有力者でもあった。多喜は御家人の娘であった。

5歳から12歳まで、秋山源泉小学校で寺子屋式の代用小学校で教育を受け、かたわら、長唄、踊り、お花、お茶、当時流行の二弦琴などの女子の躾けを受け、祖母には芝居へ連れられた。女に学問は不要という母に隠れて本を読み、14歳から行儀見習いに奉公した池田侯爵家でも、夜分は読書に耽った。17歳のとき肋膜炎を病んで家に戻り、佐佐木信綱の竹柏園に通って古典を学んだ。

1897年(明治30年)18歳の時に、父の命で鉄問屋の成金の息子と結婚させられたが、遊び人で釜石鉱山に追われ、それに嫌々従った3年間、勉強し習作し、1901年、短編『うづみ火』を投稿して『女学世界』誌の特賞に選ばれた。そのときは『水橋康子』を筆名とした。のち、『しぐれ女』、『長谷川康子』、『奈々子』なども使った。

1904年(25歳)、帰京し、引責辞職していた深造と佃島の屋敷に住んだ(離婚は3年後)。多喜は箱根で旅館を営んでいた。築地の女子語学校(現、雙葉学園)の初等科に2年通った。岡田八千代と知り合った。

1905年(明治38年)、読売新聞の懸賞に応募した戯曲『海潮音』が、坪内逍遙に認められて入選し、逍遙に師事した。そして次々と新作を発表して上演され、人気作者になった。釜石時代から文通した中谷徳太郎との仲が深くなり、1912年の第1次『シバヰ』誌にともに寄稿し、さらに翌年の第2次『シバヰ』5冊を中谷と発行したが[1]、喧嘩別れした。1912年には六代目尾上菊五郎らと『舞踊協会』を作って8回公演し、次いで翌年、『狂言座』を菊五郎と結成したが、公演2回で挫折した。たまたま、甥の育児・事業に躓いた母の面倒見・父の看病・鶴見への引っ越しなどに多用で、劇評は続けたものの、演劇界からは退いた。菊五郎とは生涯の親友であった。文学の面では、1911年『日本美人伝』、翌年『臙脂伝』を刊行。

1916年(大正5年)、無名だった三上於菟吉を知り、押し掛けられるように1919年から内縁関係の世帯を持ち、以降は12歳年上の姉さん女房として、三上を世に出すことに努めた。1921年頃から三上は売り出して放蕩し、時雨を悩ませた。父没後の母らの世話に忙しい時期でもあった。

1923年(大正12年)、岡田八千代との同人雑誌、『女人芸術』を出したが、関東大震災のため、2号で終わった。

1928年(昭和3年)、女性作家の発掘・育成と女性の地位向上のため、商業雑誌『女人芸術』を創刊した。時雨に大人気作家へ押し上げられて女遊びを続ける三上が、費用を負担した。世相のなかで左傾し、たびたび発禁処分を受け、資金に詰まり、1932年の48号目までで廃刊した。『旧聞日本橋』は、同誌に連載された。

1933年、『女人芸術』の仲間に励まされ、『輝ク会』を結成して、機関紙『輝ク』を発刊した。今度は、タブロイド判二つ折り4ページの、月刊の小型新聞で、発行・編集人は時雨、発行所は赤坂桧町の自宅、会員の会費で足らぬ分は時雨が自腹でまかなった。『女人芸術』の執筆者、新顔、男性陣を含む大勢が狭い紙面を充実させた。年齢順で、長谷川時雨、岡田八千代、田村俊子柳原白蓮平塚らいてう長谷川かな女深尾須磨子岡本かの子鷹野つぎ高群逸枝八木あき坂西志保板垣直子中村汀女大谷藤子森茉莉林芙美子窪川稲子平林たい子円地文子田中千代、大石千代子 /三上於菟吉直木三十五獅子文六葉山嘉樹大佛次郎など。会員からの投稿も多かった。『女人芸術』誌の後期の左傾を精算したような、編集だった。会員仲間でピクニックや観劇もした。

1936年(昭和11年)、三上於菟吉が脳血栓で倒れ、看病し、彼の新聞連載を代筆した。そして翌年、関東軍支那事変を始め、『輝ク』は『戦争応援』の方向へ旋回し、1937年10月の『輝ク』は『皇軍慰問号』であった。旋回に会員間の摩擦により、1938年には2度の休刊する。1939年(60歳)、女性の銃後運動を統率する『輝ク部隊』を結成し、慰問袋を募って送り、戦死者の遺族や戦傷者を見舞い、占領地や戦地に慰問団を派遣した。

1940年、陸海軍の資金により、文芸誌『輝ク部隊』および『海の銃後』を編んで、紀元二千六百年の前線へのお年玉とし、1941年1月にも『海の勇士慰問文集』を送った。『女人芸術』誌以来の本格的な雑誌であった。その1月から、『輝ク部隊』の『南支方面慰問団』の団長として、台湾広東海南島などを約1ヶ月強行軍した。その後も忙しくして、発病し、白血球顆粒細胞減少症のため8月22日早暁、慶應病院で没した。24日芝青松寺で営まれた『輝ク部隊葬』には600人が焼香、鶴見總持寺の長谷川家代々の墓地に葬られた。また『輝ク』は追悼号を出してのち、11月の103号で終刊した。

作品[編集]

主な劇作[編集]

本項および次項で、例えばz1 とあるのは、全集の第1巻に載っている、の意である。

  • 1905年:『海潮音』(1幕)、読売新聞の懸賞に入選し、同誌に掲載。/ 1908年、新富座で、喜多村緑郎伊井蓉峰らが初演。喜多村が当たり役とした。
  • 1906年:『覇王丸』(史劇)、日本海事協会の募集に当選し、演劇画報に掲載。/『花王丸』z5と改題し歌舞伎座で、六代目尾上菊五郎初代中村吉右衛門らが初演。菊五郎が認められた。
  • 1911年:『操』、演劇画報掲載。『さくら吹雪』z5と改題し歌舞伎座で、菊五郎、七代目坂東三津五郎らが初演。菊五郎が当たり役とした。
  • 1912年:『竹取物語』z5、シバヰ誌掲載。歌舞伎座で、五代目中村歌右衞門らが初演。
  • 1913年、『玉ははき』、歌舞伎座で初演。
  • 1913年:『空華』z5、歌舞伎座で初演
  • 1913年:『足利尊氏』、『湊川皐月の一夜』と改題し歌舞伎座で初演。
  • 1913年:『丁字みだれ』z5市村座で初演。
  • 1913年:『江島生島』歌舞伎座で初演。現在まで上演度々。
  • 1915年:『お国山三歌舞伎草紙』、市村座で初演した。現在まで上演度々。

『旧聞日本橋』[編集]

家族から「アンポンタン」と呼ばれていた幼少時の、生家周辺の様子や、そこに住む人々、血縁の人々についての、素朴ながら丹念な観察眼による回想録。1929年4月から1932年5月にかけて「日本橋」と題されて連載された。1935年2月に岡倉書房から『旧聞日本橋』に題を改めて、三上於菟吉の序文を付して1000部限定で単行本化された。1971年に青蛙房から、『季刊日本橋』1935年7月号掲載の「大門通り界隈」、『改造』1935年5月号「鉄くそぶとり」、『東陽』1936年8-9月号「鬼眼鏡と鉄屑ぶとり」、『新女苑』1941年11月-1942年1月号「渡りきらぬ橋」が追加されて復刊された。1983年に岩波文庫刊(「渡りきらぬ橋」を除く)。江戸から文明開化の時代へ移り変わる中で、苦闘する市井の人々の心情が、つぶさに描かれている。大伝馬町にあった大丸呉服店の店員の不自由さや、芸妓たちへの視線は、女性解放雑誌の主宰者らしさも現れている。

主な著作[編集]

重版改版は、最新と思われる版のみ / 印の後に記す。

単行本
  • 『日本美人伝』、聚精堂 新婦人叢書1(1911年)(125人)
  • 『臙脂伝』、聚精堂 新婦人叢書6(1912年)(25人)
  • 『美人伝』、東京社(1918年)/不二出版『青鞜』の女たち9(1986年)
  • 『名婦伝』、実業之日本社(1919年)(千日女、伊賀の局、慧春尼、津田勝子、芳春夫人松子、瓜生岩子、奥村五百子など)z3
  • 『情熱の女』、玄文社(1919年)(美人伝)/ゆまに書房 近代女性作家精選集28(2000年)
  • 『処女時代』、平凡社(1929年)/ゆまに書房 近代女性作家精選集13(1999年)ISBN 9784897148540
  • 三上於莵吉と共著:『春の鳥』、平凡社 令女文学全集13(1930年)(時雨4篇、於菟吉1篇)
  • 『旧聞日本橋』、岡倉書房(1935年)/岩波文庫(2000年)ISBN 9784003110317
  • 『草魚』、サイレン社(1935年)/ゆまに書房 女性のみた近代1-20(2000年)ISBN 9784843301098
  • 『近代美人伝』、サイレン社(1936年)(マダム貞奴、樋口一葉、鹿島恵津子、竹本綾之助、大橋須磨子、松井須磨子、九条武子など20人)z3 /クレス出版 日本人物誌選集6(2007)ISBN 9784877333812
  • 『春帯記 明治大正女性抄』、岡倉書房(1937年)(美人伝)z2
  • 樋口一葉著、長谷川時雨評釋:『評釋一葉小説全集』、冨山房百科文庫(1938年)
  • 『きもの』、実業之日本社(1939年)
  • 『桃』、中央公論社(1939年)
  • 『紅燈和蘭船』、春陽堂文庫(1941年?)
没後
  • 『働くをんな』、実業之日本社(1942年)
  • 『東京開港』、日本文林社(1947年)z1
  • 『廿八日、小説雲、落日、小説暗、かっぽれ、マダム貞奴』、筑摩書房 明治文学全集82(1965年)の中
  • 『操』脚本、筑摩書房 明治文学全集85(1966年)の中
  • 『ある日の午後』、筑摩書房 明治文学全集86(1969年)の中
  • 『江島生島』、東京創元社 名作歌舞伎全集24(1972年)の中
  • 杉本苑子編:『新編近代美人伝 上下』、岩波文庫(1985年)ISBN 9784003110324 & ISBN 9784003110331
作品集
  • 『時雨脚本集 1』(業火の洗禮、暗夜、つくしの空、犬、氷の雨、手児奈z5、西の空、北國薬研谷、ミイの生れた朝、月に住む人)、女人芸術社(1929年)/ゆまに書房 近代女性作家精選集14(1999年)ISBN 9784897148557
  • 『長谷川時雨全集』全5巻、日本文林社(1941 - 1942) /復刻版、不二出版(1993)

各巻の内容は、国会図書館のサイトを検索して見られる[2]

  • 尾形明子編:『長谷川時雨』、日本図書センター 作家の自伝26(1995年)ISBN 9784820593966(『薄ずみいろ』『おふうちゃん』『石のをんな』『東京開港(抄)』『渡り切らぬ橋』)
  • 日本近代文学館編:『文学者の日記8 長谷川時雨 & 深尾須磨子』、博文館新社 日本近代文学館資料叢書(1999年)ISBN 9784891779788
  • 尾形明子監修:『情熱の女』復刻、2000.11年ゆまに書房 近代女性作家精選集028(2000年)ISBN 9784843301906
  • 長谷川啓監修:『時代の娘』復刻、ゆまに書房 戦時下の女性文学7(2002年)ISBN 9784843305430
  • 尾形明子編:『長谷川時雨作品集』、藤原書店(2009)ISBN 9784894347175

父・長谷川渓石[編集]

長谷川渓石(1842年(天保13年) - 1918年(大正7年)7月30日、本名深造)は、呉服商の子に生まれた。幼名は虎太郎。家業を嫌って千葉周作の道場で剣術を学び、浮世絵師歌川国芳に絵の手ほどきを受けた。維新では開城された江戸城で官軍として守備に就いた。

明治になって代言人となり、吉原の改革に尽力した松本新造の使い込み事件での弁護や、娼妓自由廃業で楼主側の支援がある[3]。初期自由党にも参加した。また東京市会議員もつとめた。

嘉永頃から明治初めまでの24年に渡り、江戸市中の出来事や風俗を描いた150図があり、時雨がこのうち50図を一周忌に『実見画録』として刊行(2014年『江戸東京実見画録』として岩波文庫)、また『旧聞日本橋』単行本化に際して挿絵として使われた。また本名での著書『改正訴訟入費償却規則』(1876年)もある。

参考図書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 早稲田大学図書館編:『シバヰ』、雄松堂出版 マイクロフィッシュ版 精選近代文芸雑誌集103(2002年)
  2. ^ 国会図書館 資料の検索 NDL-OPAC(蔵書検索・申込み)
  3. ^ 『旧聞日本橋』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]