湊 (東京都中央区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鐵砲洲稲荷神社 本殿
鐵砲洲稲荷神社 本殿
湊の位置(東京23区内)
湊
湊の位置
北緯35度40分21.57秒 東経139度46分46.8秒 / 北緯35.6726583度 東経139.779667度 / 35.6726583; 139.779667
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Chuo, Tokyo.svg 中央区
地域 京橋地域
人口
(2019年(平成31年)4月1日現在)[1]
 • 合計 6,267人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
104-0043[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川

(みなと)は、東京都中央区地名で、旧京橋区に当たる京橋地域内である。現行行政地名は湊一丁目から湊三丁目。郵便番号は104-0043[2]

概要[編集]

江戸時代には、町域の西側には松平阿波守屋敷、松平遠江守屋敷が所在した。また、東側は本湊町、船松町という町名で、江戸に物資を運び込む舟運の要所である「江戸湊」として栄えた[4]

古今を通じて、鐵砲洲稲荷神社門前町として賑わいを見せている町である。

明治時代初めには、築地外国人居留地の一部(日本人の建てた建築物を外国人に貸すことができる地区)となった[5]

湊二丁目一帯の住宅地はバブル期地上げ屋の攻勢を受け、2000年代初めには、老朽化した住居と駐車場用地が入り組んだ虫食い状態の街並みとなった[6]。その後、2008年(平成20年)に湊二丁目東地区市街地再開発事業が都市計画決定、施行され[7]、2017年(平成29年)11月に建築工事が完了した。隣接する区画では、湊二丁目東土地区画整理事業も同時施行され、新しい街並みが広がっている。

地理[編集]

京橋地域の東部に位置する。かつては鉄砲洲川が流れていた。

河川

歴史[編集]

町名由来

江戸時代商船の荷揚場やに積み替える港があったことから湊町と呼ばれたと見られている。

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)4月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[8]

丁目 世帯数 人口
湊一丁目 668世帯 1,098人
湊二丁目 1,105世帯 2,111人
湊三丁目 1,753世帯 3,058人
3,526世帯 6,267人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9]

丁目 番地 小学校 中学校
湊一丁目 全域 中央区立中央小学校 中央区立銀座中学校
湊二丁目 全域
湊三丁目 全域 中央区立明石小学校

施設[編集]

中央区立中央小学校と鉄砲洲児童公園
教育
  • 中央区立中央小学校
  • 中央区立中央幼稚園
公園
  • 鉄砲洲児童公園 - 区内初の児童公園
  • 桜川屋上公園
施設
  • 東京都下水道局桜橋第二ポンプ所
  • 中央区立女性センター ブーケ21
  • 社民党本部

観光[編集]

名所史跡

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 町丁目別世帯数男女別人口”. 中央区 (2019年7月8日). 2019年7月8日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月31日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月31日閲覧。
  4. ^ a.makoto. “湊の地名の由来-江戸湊と江戸の発展”. edo→tokyo. 2019年7月7日閲覧。
  5. ^ 湊二丁目(第5次)遺跡見学会-鉄砲洲に営まれた武家屋敷と町人地-について 6月28日 中央区ホームページ”. www.city.chuo.lg.jp. 2019年7月7日閲覧。
  6. ^ 八丁堀・新富町(3)湊二丁目の地上げ廃墟地帯<前編> - 東京DEEP案内,2013-10-25閲覧。
  7. ^ 湊二丁目東地区第一種市街地再開発事業(中央区決定) | 東京都都市整備局”. www.toshiseibi.metro.tokyo.jp. 2019年7月7日閲覧。
  8. ^ 平成31年 中央区ホームページ”. www.city.chuo.lg.jp. 2019年7月8日閲覧。
  9. ^ 区立学校一覧”. 中央区 (2017年8月17日). 2017年12月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]