中央区コミュニティバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
江戸バス専用車(中央区役所付近にて)

中央区コミュニティバス(ちゅうおうくコミュニティバス)は、東京都中央区2009年平成21年)12月1日から日立自動車交通に委託して運行しているコミュニティバスである。愛称名は江戸バスで、通常は江戸バスと案内される。

沿革[編集]

  • 2009年12月1日 - 運行開始。
  • 2011年1月8日 - ダイヤ改正実施。北循環一部ルート変更。毎日停車するバス停2箇所、土日祝のみ停車するバス停1箇所新設。「北循環(27) 新川二丁目」と「南循環(9) マイホーム新川」が無料で乗り継ぎできるようになる。
  • 2012年7月14日 - ダイヤ改正実施。南循環一部ルート変更。毎日停車していたバス停2箇所廃止。平日のみ停車するバス停3箇所、土日祝のみ停車するバス停6箇所新設。「北循環(2)・南循環(30) 新富二丁目」が無料で乗り継ぎできるようになる。

運行までの道程[編集]

  • 2008年
    • 7月30日、第1回コミュニティバス導入検討会が築地社会教育会館で行われた。
    • 10月30日に、第2回コミュニティバス導入検討会が築地社会教育会館で行われた。
    • コミュニティバス導入基本計画について、12月1日から翌年1月7日まで窓口、メール、ファクス等を通してパブリックコメントが実施された。
  • 2009年
    • 2月26日に、第3回コミュニティバス導入検討会が中央区役所・大会議室で行われた。
    • 7月31日に、第4回コミュニティバス導入検討会が銀座ブロッサム(中央会館)7階・マーガレットで行われた。
    • 11月29・30日に運行開始記念式が中央区役所前で行われ、お試し乗車や幼児の落書き車両などのイベントが行われた。

当初は2010年度からの運行予定であったが変更され、2009年12月10日からとなった。

運行概況[編集]

  • 運賃は大人・小児共100円均一(未就学児童は無料)。運賃の支払いは下記の方法で利用できる。
  • 現金(紙幣は1000円札のみ対応)
  • 専用回数券 - 11枚綴りで1,000円。車内で購入可。
  • 専用一日乗車券 - 300円。車内で購入可。
  • 1ヶ月定期券 - 両方の路線が使えて1ヶ月3,000円。持参人式。
  • 1ヶ年定期券(「協賛定期券」) - 両方の路線が使えて1ヶ年30,000円。個人協賛を兼ねた定期券。プレミアム仕様のため、プラスチックカードが用いられている。持参人式。日立自動車交通でのみ販売。
  • ICカード乗車券 - PASMOSuicaのみ利用できる。履歴には『日立自交』と表示される。バス利用特典サービスも対象になっている。なお、車内で無記名PASMOを販売している。
  • 東京都シルバーパスは使用できない。また、障害者割引は適用されない。
  • 毎年10月下旬または11月上旬の「中央区まるごとミュージアム」開催日は無料開放される[1]

江戸バス乗車券販売所(回数券・1日券・1か月定期券)[編集]

(最寄りバス停北/南〔循環〕バス停名)

  • 有限会社 川名薬局(北15 馬喰横山駅)
  • 有限会社 伊東眼鏡店(南2 祝橋)         
  • 聖路加国際病院地下売店(南5 聖路加国際病院)
  • 宮本たばこ店(南12 月島スポーツプラザ)
  • 株式会社 ロイヤルパークホテル(北21A 蛎殻町二丁目 土日祝のみ停車 平日は北22 蛎殻町一丁目水天宮前駅)

※但し1か年定期券(協賛定期券)は、日立自動車交通でのみ販売。

路線[編集]

北循環南循環の2路線がある。各停留所には中央区役所から順に停留所番号が振り分けられている。以下のルート解説では主要な停留所のみ記載。詳細は外部リンクのサイトを参照の事。いずれの2ルート共循環路線である。なお、他の循環又は別方向に無料で乗り継ぐ際は、乗車時に乗務員に乗り換える主旨を説明して、乗り継ぎ券をもらう。乗り継ぎについては以下の停留所で可能である。

  • 北循環(1)・南循環(1) 中央区役所(北循環→南循環もしくは南循環→北循環)
  • 北循環(4) 八重洲通り東(水天宮前駅方面→東京駅八重洲北口方面のみ可能、それ以外の方向へは不可。)
  • 南循環(5) 聖路加国際病院(勝どき駅方面→月島方面のみ可能、それ以外の方向へは不可。)
  • 北循環(28) 新川二丁目・南(9) マイホーム新川(北循環→南循環もしくは南循環→北循環)(両バス停は約500m離れている。)
  • 北循環(2)・南循環(30) 新富二丁目(北循環→南循環もしくは南循環→北循環)

北循環[編集]

(1)中央区役所→(3)八丁堀駅→(4)八重洲通り東→(6)東京駅八重洲北口→(12)日本橋保健センター→(15)馬喰横山駅→(17)浜町駅明治座前)→(22)蛎殻町一丁目水天宮前駅→(28)新川二丁目→(4)八重洲通り東→(30)新富区民館→(1)中央区役所

  • なお、八重洲通り東には中央区役所方面へ向かうバスと東京駅方面へ向かうバスが同じバス停に停車する。既存の都営バスの路線にできるだけ重複をしないルートとなっている。

南循環[編集]

(1)中央区役所→(3)築地本願寺→(5)聖路加国際病院→(9)マイホーム新川→(12)月島スポーツプラザ→(16)晴海区民館→(18)勝どき駅→(21)豊海町→(22)勝どき五丁目→(25)勝どき駅前→(5)聖路加国際病院→(1)中央区役所

  • なお、聖路加国際病院には中央区役所方面へ向かうバスと月島スポーツプラザ方面へ向かうバスが同じバス停に停車する。また、既存の都営バスの路線と同じルートの部分もある。

始発・終発・所要時間・運行間隔[編集]

北循環[編集]

始発[編集]

(中央区役所発) 平日・土曜 6:58 日曜・祝日 7:58

終発[編集]

(中央区役所発) 平日・土曜・日曜・祝日 18:38

所要時間[編集]

(1周) 平日 1時間08分 土曜・日曜・祝日 1時間10分

運行間隔[編集]

20分間隔

南循環[編集]

始発[編集]

(中央区役所発) 平日・土曜 7:00 日曜・祝日 8:00

終発[編集]

(中央区役所発) 平日・土曜・日曜・祝日 18:40

所要時間[編集]

(1周) 平日・土曜・日曜・祝日 1時間05分

運行間隔[編集]

20分間隔

車両[編集]

日野自動車製のポンチョが9両導入された。車体には猫などのイラストが描かれ、小判には「百円」が描かれている。そのうちの1両は運行開始記念式の際に幼児用の塗り絵落書き用車両になり[2]、開業からしばらくの間は塗り絵や落書きを纏った姿で運用されていた。中央区は品川ナンバー区域内だが、車両の車庫が足立区綾瀬なので足立ナンバーである。

その他[編集]

携帯電話やパソコンから無料で運行状況が確認できるサービスがある。

  • PC:[1]
  • 携帯電話:[2]
    携帯サイトからのみのサービスだが、指定のバス停にバスが接近した情報をメールで知らせる「接近メール」というサービスもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]