日本橋富沢町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 中央区 > 日本橋富沢町
日本橋富沢町
—  町丁  —
日本橋富沢町の位置(東京23区内)
日本橋富沢町
日本橋富沢町
日本橋富沢町の位置
座標: 北緯35度41分20.58秒 東経139度46分57.18秒 / 北緯35.6890500度 東経139.7825500度 / 35.6890500; 139.7825500
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Chuo, Tokyo.svg 中央区
地域 日本橋地域
面積[1]
 - 計 0.059km2 (0mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[2]
 - 計 1,217人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 103-0006[3]
市外局番 03[4]
ナンバープレート 品川

日本橋富沢町(にほんばしとみざわちょう)は、東京都中央区町名。「丁目」の設定のない単独町名である。郵便番号103-0006[3]

地理[編集]

日本橋区にあたる日本橋地域に属する。 周囲は東で日本橋久松町、南東で日本橋浜町、南で日本橋人形町、西で日本橋堀留町、北西で日本橋大伝馬町、北東で東日本橋と隣接する。 当町含む周辺一帯は日本橋久松町に所在する久松警察署、および日本橋兜町に所在する日本橋消防署の管轄にあたる。 町内は後述#歴史により特に繊維関係のビルが林立し[5]、今日ではオフィスビル等が連なる町並みで賑わいを見せている。

地価[編集]

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、富沢町7-15の地点で1,030,000円/m2となっている[6]

歴史[編集]

江戸時代にこの一帯に住んでいた古着屋の元締めである鳶沢甚内(とびさわじんない)という人物がいたことから、 「鳶沢町」と呼ばれるようになり、後にそれが訛って、または字を改めて「富沢町」と呼ばれるようになったとされている[5]。 日本橋浪花町を吸収合併し、現在の日本橋富沢町の形になった[7]

旧町名[編集]

  • 日本橋富沢町(旧)
  • 日本橋浪花町[* 1]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
日本橋富沢町 742世帯 1,217人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

番地 小学校 中学校
全域 中央区立日本橋小学校 中央区立日本橋中学校

交通[編集]

道路[編集]

  • 金座通り

鉄道[編集]

また、北東に都営新宿線:馬喰横山駅A2・A3出口、北西に東京メトロ日比谷線:小伝馬町駅1番出口がそれぞれ最寄りにある。

施設[編集]

公園
  • 久松児童公園[* 2]
商業
団体
社寺
  • 富沢稲荷神社

脚註[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ この旧町名は慶長年間に大阪方面からの廻船が多く着いたためで、難波(なにわ)に由来する[7]
  2. ^ ブランコなどの遊具、砂場、夏季に水遊びができる "じゃぶじゃぶ池" などが設置されている[9]
出典
  1. ^ 2010年平成22年)国勢調査平成22年国勢調査”. 総務省統計局. 2015年9月閲覧。
  2. ^ a b 町丁目別世帯数男女別人口”. 中央区 (2017年12月5日). 2017年12月31日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月31日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月31日閲覧。
  5. ^ a b 富沢町[人形町・浜町エリア]”. 中央区観光協会. 2015年9月閲覧。
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査”. 土地・建設産業局. 2015年9月閲覧。
  7. ^ a b 日本橋小舟町地区 町名の由来”. 中央区役所. 2015年9月閲覧。
  8. ^ 区立学校一覧”. 中央区 (2017年8月17日). 2017年12月31日閲覧。
  9. ^ じゃぶじゃぶ池の案内と利用方法”. 中央区役所. 2015年9月閲覧。

外部リンク[編集]